FC2ブログ
またまた金華山に登ったよ
2018 / 02 / 16 ( Fri )
今日も用事で岐阜まで。
ということで、

2018-02-16-1.jpg

今日も待ち時間は金華山へ。

昨日、あんなにしんどかったのに、
またまた登山。

しかも、

2018-02-16-2.jpg

昨日は初心者コースの「めい想の小径」を、ヒィーヒィー言いながら登ったのに、
今日は無謀にも上級者コースの「馬の背登山道」へ。

2018-02-16-3.jpg

老人・幼児には無理です。コースにチャレンジ。

老人でも、幼児でもないので、いけるはずです(*^^)b

2018-02-16-18.jpg

ふふっ、そんな、ゆ~ほどでもないと思います。
楽勝です。

と思ったら、



岩の壁やん。

2018-02-16-4.jpg

木の根っこだらけやん。



そんな、まったく道などない道?をひたすら登っていくらしいですよ@馬の背登山道。

2018-02-16-5.jpg

もうね、崖。
崖以外何物でもない。

そんな崖を、小学生くらいの子たちは、ヒョイヒョイとあがってくる。

きっと、昨日のご年配の方々は、こんな小さいころから登っているんだろう。
そりゃ、健康だわ。

そして、

2018-02-16-6.jpg

眉毛のおっちゃんは、まだまだ余裕。
というより、昨日より楽しそう。

2018-02-16-7.jpg

カラダだけじゃなく、頭も使って、

2018-02-16-8.jpg

楽しそう。

でも、



ここだけはどうしても登れず、
後ろからでっかいプリプリのお尻を持ち上げさせていただいた以外は、



ちゃんと考えて登っていく怪獣。

2018-02-16-9.jpg

このコースは山頂まであとどれくらい。とか案内がないから、
いまどこらへんなのかさっぱりわからない。

まだ続くのかな・・・。

2018-02-16-10.jpg

やっと空が見えてきて、
この階段を登ったら、

2018-02-16-11.jpg

ゴールだった。

約40分のコース、1時間10分かかりました。
昨日より上出来(^^*)

ちょっとだけ休憩&水分補給して、
時間がないので下山。

馬の背登山道をヴィクと一緒に降りるのは危険が危なすぎるので違うコースへ。

そんなに広くない山頂なのに、
七曲登山道の下り口がわからない。

ウロウロ・グルグルと、何度も同じところを行ったり来たりするも、どうしても見つからず、
おねえさん?方に教えていただき、

2018-02-16-12.jpg

下山開始。

が、あんなに探し回ったというのに、
コンクリートの階段・・・。

2018-02-16-13.jpg

岩も根っこも崖もデコボコもなく、
広くてキレイに整備されていて、
登山道というより、散策路みたいな感じで、

2018-02-16-14.jpg

民家が出てきて、あっという間に下りてきちゃった。
登れば1時間のコースを、スタスタと30分もかからず下山。

2018-02-16-16.jpg

途中から百曲登山道へ入りたかったけど、
結局わからず、そのまま下山。

完全にコースの選択ミスで、不完全燃焼・・・。

登山なんて絶対にせ~へんわっ!。って思ったけど、
これがなかなか楽しかった。

今度は運動不足のとおさんも連れてリベンジしたいね。

ちなみに、
めい想の小径は、2300m・約1時間の初・中級者向きコース。
馬の背登山道は、1100m・約40分の健脚向きコース。
七曲登山道は、距離は1900mあり、約1時間かかるらしいけど、初心者・家族連れ向きコースだった(ーー;)

そして、
富士山くらい登った気分になったけど、

2018-02-16-15.jpg

金華山の標高は329m。
めっちゃ登ったと思ったのに329mらしい(^^;)

やっぱり登山は無理だと思いました(^^;)

登山の前は・・・。
2018-02-16-17.jpg

らいちゅとおべ。ちゃんの病院に通っているとき、
いつも開店前から行列ができていたけど、
病院帰りにしか寄れなかった産直市場に、
今日は開店前から並んで、野菜をしこたま買い込んできました。

小ぶりとはいえ、キャベツが100円。
白菜が130円と、
この野菜がクソ高い時期にありがたいお値段。

近くだったら、毎日野菜買って、毎日金華山登るのにね。
また来よう。

↓ポチっとをお願いします。



【 2018-02-16 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
<<雪遊び@5回目 | ホーム | 金華山に登ったよ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif