みんなで病院へ
2016 / 09 / 17 ( Sat )
車の中でも抱っこで病院へ行った先月。
なかなかジッとしてなかったし、
この1ヶ月で体重も倍になったから、
かよわいかあさんでは、もう抱っこは無理(笑)

2016-09-17-1.jpg

セントレアからうちまで、バリケンの中で爆睡していたから、
おうちなら落ち着けるはずです。

ということで、3連休なのでお出掛け~。

2016-09-17-2.jpg

3連休なのに、
ヴィクはワクチンとフィラリアのお薬、
マカドンは去勢避妊手術の相談しに病院へ行ってきました。

2016-09-17-3.jpg

まずはヴィクから。

気になることといえば、
前回聞き忘れたけど、
うちに来たときから、しゃっくりをよくすること。
特に最近は、寝起きに出ることが多い。

空気も一緒に食べて?のんでいる??からだそうで、
胃拡張の危険もあるらしく、
ごはんの容器を、ゆっくり食べられるものに変えてみてはどうか。と。

うぅ~ん、寝起きなんだけど、そうなんかね~(ーー;)
けど、早食いはよろしくないから、なんとかしないとな~。

前回の、んこ。検査で酵母菌がいたので、今回も、んこ。検査。
減ってはいたものの、やっぱりいて、
もともといたんだろうとのことでした。

だから、整腸剤をのませてたのかもね~。

この酵母菌をなくす薬はなく、
この先もいなくなることはなく、
下痢になってなければ問題ないとのことで、
もしお腹の調子を崩すことがあったら、整腸剤をのませていいそうです。

しつこく言いますが、
あんなに残した整腸剤、残しておけばよかったー(>_<)

体重も順調に増えているし、
元気モリモリだし、
前回のワクチン後も特にかわったこともなかったので、
今回は5種にするか、9種にするか。と。

3回なら、今回も5種で、3回目に9種らしいけど、
1回目が60日を過ぎているから、2回でいいそうで、
数は少ないけど、年に数頭はレプトスピラ症にかかるコもいるそうだし、
お出掛けもするだろうから9種にしました。

話には出なかったけど、ブリーダーさんからは、最近出た11種はやめてほしいといわれました。
なんでも、11種を打ったら調子を悪くした。という話があったからだそうです。

2016-09-17-5.jpg

体重は3ヶ月5日で11kg。
(8/20・・・5.44kg)
フィラリアのお薬は11.3kgまで。

ジッとしてられず、ピコピコ動いてのジャスト11kgだし、
1日に500g増えることもあるし、
今日のむわけでもないから、
お財布に優しくない、ワンサイズ上のものに。

もうライスと同じサイズで~す。
**********
今のゴールデンは細いコばかりだけど、
最近にしてはめずらしくしっかりしているとのことで、
今日もでっかくなるぞ~と脅されました(笑)

おべ。ちゃんも細かったけど、
最近のゴールデンの細さとは違ったし、
今の細長いのはな~って思っていたから嬉しいね。

ブリーダーさんからは、
スタンダードの下のラインギリギリで作ったと聞いているから、
30kgくらいで止まってほしい。

となりの診察室にご挨拶にいって、看護師さんと仲良く帰ってくるなど、
今日もワシャワシャされて、抱っこもされてご機嫌さんでした。

2016-09-17-6.jpg

次はマカドン。
(ヴィクのカラー忘れてフリーだったため、マカドンの写真を撮る余裕なし^^;)

体重(7/31)
マカ・・・2.68kg(1.84kg)
ドン・・・2.16kg(1.64kg)

マカは毎日見ていてもわかるくらい大きくなった。
細いけど、どんどん背が伸びている。
タマタマも見せびらかして歩いている(^^*)
下の犬歯(猫なのに?)が抜けてないのに生えてきているけど、気にしなくてもいいそう。

ドンも大きくなっているけど、思ったより増えてない。
下の犬歯は生え変わっている。

最近でかい声でないたり、
スリスリもよくするし、
やらた甘えるから、発情期?って思うことがある。

去勢避妊手術は6ヶ月くらいで~と考えていて、
(調べたら、体重が2kgを超えた6ヶ月くらいで、最初の発情期が来る前って意見が多かった)
女の子のドンだけでもそろそろ~っと思って、予約するつもりで連れて行ったのに、
犬歯が上下生え揃って大人になる、7~8ヶ月になってからで、
体重も3kgを超えてから。だと。

おかあにゃんは8ヶ月でマカドンを産んでいるし、
先生も、早いコだと3ヶ月で最初の発情期が来るって言ったにもかかわらず、
8ヶ月になってからって、おかしくない?
男の子と女の子なのに、発情期が来てからでもいいって、ヤバくない?

2016-09-17-4.jpg

ライスとネオと通って、
ここの病院は本当にかわいがってくれるけど、
なにもできないということを、イヤと言うほど思い知らされた。

それに比べて、
ライスの免疫療法と膵炎の治療をしてくださった病院は、
常に最新の医療を目指していて、
機器類も新しく(かかりつけ医とのエコーの違いにびっくりした)
ちゃんと納得できる説明をしてくれるから、この先生に任せたいってのが本心。

ヴィクだけだったらそうするけど、
マカドンに遠い病院はどうかな~って思う。

ライスが自分の命と引き換えに守った、マカとドン。
残したいとおっしゃったにも関わらず、託していただいたヴィク。

マカドンヴィクのことを考えたら、
ここは割り切って使い分けるべきかね。

↓ポチっとをお願いします。



【 2016-09-17 23:59│ マカドン・ヴィク | コメント(0) | page top↑
<<いつも一緒 | ホーム | 暴れん坊怪獣 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif