ライスの旅立ち①
2016 / 05 / 17 ( Tue )
★5月14日
**********
やっと週末がきたね。
明日からは大好きなとおさんも一緒だね。
のんびりまったり過ごそうね。

寝る前に、寝返りを打たせた時間を書いておこっか。と、枕元にメモ用紙を置いて寝た。

この週末かな・・・とは思っていたけど、
まさかこれが最後になるとは思ってもいなかった。

明日はいっぱいお話しよう。
そう思っていたのに、もうライスは目を覚ましてくれなかった・・・。
**********
メモの最後は「1時23分・左上」と書いてあった。
これはかあさんのヘタクソな字だ。

このあと、とおさんの方を向いて寝ていたライスは、途中でとおさんを呼んだらしい。
とおさんは寝返りを打たせたと言っている。

実はそのあと2時50分頃にも呼んだから、かあさんが寝返りを打たせている。
このとき抱きかかえたライスは、まったく力が入ってなかった。

なのに、すぐに寝てしまった。
体位を変えたあとは注意して見ておいたほうがいいと聞いていたのに、この日はすぐに寝てしまった。
なぜか、この日はとてつもなく眠かった。

そしてふと目が覚めたのが4時50分。
もうライスのお腹は動いてなかった。

まだ温かったし、
さっき抱きかかえたときと、まったく変わらないのに、
ライスはもう動いてくれなかった。

ライスはひとりで逝ってしまった。
ライスをひとりで逝かせてしまった。

絶対にひとりでは逝かせないと決めていたのに、
この週末かな・・・と思っていたのに、
明日、とおさんも一緒にのんびり過ごして、そのなかで・・・と思っていたのに、
まさかこの日に逝ってしまうなんて思ってもいませんでした。

あんなにがんばったのに、声をかけてあげられず、ひとりで逝かせてしまった。
*----------*
おべ。ちゃんは、らいちゅととおさんとかあさんが寝ている間に、こっそりお迎えにきたようです。
限界を超えてまでがんばり続けるねえちゃんを連れて行くには、こうするしかなかったのかもしれません。

ねえちゃんが大好きだったおべ。ちゃんなりの優しさだと思います。
*----------*
と前に書いたけど、
もう自分で動くこともできない姿を、大好きなとおさんには見せたくなかったのかもしれないし、
プライドの高いライスは、誰にも最期の姿を見せたくなかったのかもしれない。
それに、おべ。ちゃんが逝ったとき、とおさんとかあさんがすごく悲しんだのを見ているから、同じ思いをさせたくなかったのかもしれない。

ライスなりの優しさだったのかもしれません。

らいちゅもおべ。ちゃんも、こんなにも賢くて優しいコなのに、
それなのに・・・ひとりで逝ってしまったライスを抱きしめ、かあさんが最初にかけた言葉は、らいちゅのばかー(涙)だった。

最初にありがとうが言えなかった。

がんばったライスに向かって、ばかーって言ってしまった。
本当のバカはかあさんなのに・・・。

もう動いてくれない、
でもまだ温もりのあるライスを抱きしめて思いっきり泣き、
やっとありがとうが言えた。

本当によくがんばったね。と言えた。

もう何日も前から目を閉じることもできなくなっていたから、目は開いたままだった。
でも、優しい瞳をしていた。
まったく苦しみを感じさせない、穏やかな、本当に穏やかな顔をしていた。

かわいいかわいいライスは、
大好きなとおさんの顔を見ながら、
苦しむことなく、寝ている間に逝ってしまった。

2016-05-13-5.jpg

寝る前、かあさんのおひざに入って満足していた写真が最後となりました。

このときは、ちゃんと意識はあり、
ライスの瞳には、しっかりかあさんが映っていました。
***********
まだまだ温かいライスに最初にしたことは冷やすことでした。

おべ。ちゃんのときは、なにをどうしたらいいのかわからず、
カラダが硬くなってきたころと、冷やすのが遅くなってしまったから、
ライスはキレイに送りたくて、すぐに冷やしました。

それから口腔内ケア。

顎関節はすぐに固まってしまうということも、おべ。ちゃんが教えてくれました。
おべ。ちゃんの口腔内ケアができたのは、硬直が解けたあとで、これもまた遅れてしまったから・・・。

肝機能の低下と、口の渇きから、結構な口臭がしていました。
かわいいかわいいらいちゅがくちゃい!なんて許せなくて、
顎関節が硬くなる前に、早くキレイにしないとっ!と、すぐにケアをしました。

けど、あとでとおさんに言われました。
歯石取りなんか始めるから、お別れをさせてもらえなかったと・・・。

とにかくライスはキレイにすることしか考えてませんでした。

かあさんなんかに抱かれるより、
冷やされることより、
歯磨きより、
キレイにされることより、
いとしのちかぴーさんに、一番に抱きしめてもらいたかったんだろうに、
かあさんは自分のしたいことばかりして、ライスのこともとおさんのことも、まったく考えていませんでした。

やっぱりバカなのはかあさんだ・・・。

らいちゅがキレイになったあとは部屋の掃除。
リビングをオコタが占領しているので、らいちゅの居場所が狭くなってしまうから、
らいちゅの大好きだったオコタを片付けました。

2016-05-04-1.jpg

最後にオコタに入ったのは5月4日でした。
**********
10時半頃、母が会いにきてくれました。
毎日らいちゅの顔を見にきていたから、本当に寝ているだけに見えたそう。
今日もいっぱいいっぱいなでてもらいました。

21時頃、妹と甥っ子と姪っ子が会いにきてくれました。
本当は午前中に会いにくるつもりだったらしいけど、らいちゅは待てませんでした。

いつ頃までだったか、顔を見るたびにオシッコをもらして喜んでいたよね。
滅多に会うことがなかったから、嬉しかったんだね。

ライスは甥っ子と姪っ子に1度も触らせなかったけど、最後にいっぱいいっぱいなでてもらいました。
みんなになでもてらってよかったね。

今日は1日中、ゴソゴソ動いていたから気も紛れていたけど、
夜になって、もう動かないらいちゅを見たら、どうしようもない悲しみが一気に押し寄せてきました。

らいちゅ、そろそろ寝返り打たないと、床ずれできちゃうよ・・・。

↓ポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-05-17 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
<<ライスの旅立ち② | ホーム | お空へ。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif