ごはん事情
2016 / 03 / 24 ( Thu )
慢性膵炎と言われてしまったからには、この先はうまく付き合っていくしかないわけで、
今度は本格的に食事内容を見直すことにしました。

しかし、食事というのは実に難しい。
肝細胞癌で慢性肝炎、腎機能も低下、慢性膵炎のライスに合う食事ってどんなん?

肝臓には高タンパク・高エネルギーだ!ってのもあれば、
高タンパク・高エネルギーはダメ!だとあったり。

腎臓は低タンパク・高脂肪だったのが、
最近はタンパク制限をしないとかあるし・・・。

癌には糖質はダメだとか、そんなことあるかっ!とか、
ケトン食とか言う、究極の低炭水化物・超高脂肪とか、
動物性のものは摂らず、玄米と葉っぱ食っとけ!とか、
極端な食事療法で治ったなどという、胡散くさいものがいくらでも出てくる。
しまいには、水晶とか壺買っとけばいい。なんてところに行き着きそうで怖い怖い(笑)

ただ、膵炎は低脂肪ってのは確か。
さらに、慢性膵炎に低タンパクはよろしくないとかある。

いったいどれを信じていいものやら・・・。
トホホです・・・。

トホホ・・・ではあるけど、細胞の再生や機能回復にはタンパク質が必要らしいので、

膵臓と肝臓は、適度な良質なタンパク質と低脂肪。
腎臓は低タンパクで、カロリーを補うために高脂肪。
食べすぎは注意。
といったところかな。

180度違う食事だな。

今までは進行の遅い肝細胞癌より、
どんどん進んで、回復できない腎機能低下の進行を遅らせるために腎臓食にしてきたけど、
今優先するのは腎臓ではなく、いつ暴れだしてもおかしくない膵臓。
でも、今回の膵炎は肝細胞癌からくるものって先生は言っていたから、肝細胞癌をなんとかするのがいいんだろうけど、もうなにもできないし、しない。

なので、なんとか膵炎が暴走しないようにするしかない。
膵炎の痛みは相当のものらしいし、命に関わることもあるので、この慢性膵炎が急性増悪になることを避けるのが一番。

優先順位は、膵臓→肝臓(腎臓)→腎臓(肝臓)かな。

肝臓と膵臓なら、低脂肪・適量のタンパク質・消化がよくて控えめと、似たような内容っぽいので、なんとかなりそうな気がする・・・ような気がする・・・かも(←頼りないな~)
とにかくやみよう!

膵炎ならこれ~の、1週間しか食べなかった低脂肪のドライフード
どっちにしようか迷ったもうひとつの低脂質のドライフード
腎臓食
基本食
が、どんなもんか調べてみた。

  タンパク質 脂肪
低脂肪 20% 5%
低脂質 21% 5~10%
腎臓食 12.5% 14%
基本 20% 30%

ちゃんと考えられているのね~。
これを体重12kgのライスの必要量と、今まで食べていた手作り食も計算すると、

  給与量
(g)
総カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂肪
(g)
低脂肪 175 605.5 35.00 8.75
低脂質 216 721.4 45.36 10.80~21.60
腎臓食 170 627.3 21.25 23.80
手作り食 210 542.0 32.35 21.08
手作り食(12月末~) 205 495.0 32.35 16.08

腎臓に~と思って考えたはずの手作り食のタンパク質が意外と高くて、かあさんの作るごはんがいい加減なことが判明しました(◎_◎)
おかしいな~。
ちゃんと計算したはずなんだけどな~(^^;)
これで腎機能が低下しなかったのは、やっぱり腎機能は低下していなかったんじゃないの?と、また往生際の悪いことを言ってしまったことは聞かなかったことにしてください(^^;)

今までのごはんだとカロリーが低いけど、体重は維持できていたので、これくらいでよしとし、
タンパク質の量は、同じくらいか、ちょっとだけ増やして、
脂肪を減らした分は、炭水化物で補うしかない。

先生からは炭水化物は控えめに~と言われているけど、
食べないなら炭水化物でもOKとも言われているので、

・タンパク質・・・35~40g
・脂肪・・・10g以下
・総カロリー・・・550kcalは欲しい
のごはんを作りたい。
作れるだろうか・・・。

少なくて、ツルツルの脳ミソをつかって考えたのが、

・白米・・・150g
・鶏ムネ肉(皮なし)・・・100g
・スキムミルク・・・12g
・低脂肪のドライフード・・・45g

・タンパク質・・39.88g
・脂質・・・5.61g
・総カロリー・・・541kcal
・総量・・・307g
これに野菜。

栄養バランスはあとで考えることにして、これくらいならいいんじゃいだろうか・・・。
あとは、体調とお腹の調子をみて、
やっぱり腎臓も気になるので、ネフガードを使い、
膵炎は活性酸素が増えるってことだから、抗酸化物のサプリに、
教えていただいた消化酵素も買い足し、
膵臓に負担のかかりにくい、MCTオイルも足そうと思う。

それが、さあ実践!そう思っていた矢先に、まさかの膵炎増悪。
**********
あれから1ヶ月。
なんとか回復を目指してきましたが、膵炎の1週間は長すぎました。

状態は一向に改善せず、
療法食以外のものを食べると、痛みで震えだす。

もともと小食で、しかもドライフードは好きではないライスは、当然療法食を食べたがらなくて、体重は減る一方・・・。
ほかのものを食べたいというライスに、食べたくない療法食を無理やり食べさせる日々・・・。

これでホントにいいの?
よくない・・・。

ライスはそんなこと望んでない。
もちろん、かあさんも。

強い痛み止めを使って、痛くなく美味しく食べられる道を先生が探してくださり、再び食べる喜びを取り戻せることになったのが先週の土曜日のこと。

ライスごはん①

ようやく「膵臓にいいごはん♪」に見直した、手作りごはん再開。
たくさんの量は食べられないから、以前のようなおじやにはせず、白米が水分を含んで増えすぎない程度に鍋で温め、

ライスごはん②

それを、少しでも消化がよくなるようにと、ブレンダーでドロドロに砕き、

ライスごはん③

さらに、食べる前に分解させてしまおう!と、消化酵素を入れてトロントロンに。
もはや、見た目も楽しむごはんとはいえない、栄養補給のための流動食にしか見えないけど、
それでも、

らいちゅ、おいちい♪

美味しい♪美味しい♪♪と喜んで食べてくれます。
もう一度こんな姿を見られるのは本当に嬉しい。
嬉しいけど、これを食べれば、カラダの中では炎症が広がっていき、どんどん悪くなっていくのは確実なわけで・・・。
それをわかっていながら食べさせているのがつらい。

膵臓にいいごはん♪に見直したごはんが、今は確実に膵臓を悪くし、残りの時間を短くしています。
皮肉なものです・・・。

↓ポチっとお願いします。 にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-24 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
<<急変にて岐阜大学動物病院へ | ホーム | まだまだ。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif