覚書@はじめての発作
2016 / 01 / 12 ( Tue )
「得意技=お寝坊」のライス。
最近は比較的早く起きてくるようになったけど、それでも朝が遅い。
空腹時間が長くなると黄色いのを吐くクセがあるから、早くごはんを食べさせたいけど、無理に起こしたくもなくて、起きてくるまで待ちます。
できるだけ空腹時間が短くなるように。と、夜ごはんは遅め(20時~22時)にするけど、それでも12時間以上開いてしまうことも。
オシッコもいっぱい溜め込んでいるし、膀胱炎もクセになっているから、ちゃちゃっとお散歩へも行きたい。
なのに、起きてきてすぐに動くと吐いてしまうので、お散歩へ行くのは1時間くらいしてから。
だから、先にごはんを食べてくれるといいんだけど、寝起きは食べない(ーー;)
おばあちゃんは手強い。
結局1時間ほどしたところでお散歩へ行くのだけど、途中で引っ張ったりして、ちょっとショックを与えてしまうと、これまた吐いてしまうから、朝散歩はライス任せになり、最近はどんどん歩いていってしまって、あっちフラフラ~こっちフラフラ~と、1時間くらいかかってしまうこともある。
最近は吐くことが増え、さらに吐いたあとに「んこー!」と、ゼリー状のものをするパターンが多い。
そんな、ややこしい朝事情を抱えるライスの今朝は、
**********
9時過ぎ・・・起きてくる。
10時ごろ・・・お散歩へ行く。
先にオシッコ。
調子がよろしくないときは、ここで帰るというけど、今日は行くらしい。
いつもの、んこポイントでプリッとステキうんちょを出し、もっと行くらしい。
調子がいいんだ~と思ったら、ちょっと行ったところで、うっぷうっぷと吐きそう。

ほら、お腹すきすぎちゃったやん(ーー;)

この吐く行為、いつ見てもしんどそう。
このまま倒れちゃうんじゃないかと思うくらい。
しかも、若い頃に比べると、吐くのにも時間がかかってきて、吐いたあとにフラフラしたり、伏せてしまうこともある。
それと、吐いたあとや、吐く前に、ヨドが垂れていることもある。

いつもは2~3回吐いたらスッキリするけど、今日はなかなか出ない。
というか、1回目は出なかった。
数歩歩いて2回目は、ほんのちょっと出ただけ。
この時期は草がないから、自力?で出さないといけないけど、今日はほとんど出ませんでした。

その直後、道路を渡って向こう側に行き、終わりがけがゼリー状のうんこ。
最近多いパターン。
もしかしたら肝臓の腫瘍の影響なのかな~とも思っているけど、どおなんだろう。

いつもはこれでスッキリするけど、今日は吐いてないからスッキリしないらしく、3度目のうっぷうっぷ。
が、いつもならガー!っと勢いよく吐き出すのに、今日は吐き出す前に、口の右側から黄色い泡があふれてきちゃった。
それとほぼ同時に、その上に顔の右側から倒れてしまい、どう転がったのか、左側を下にして横向きのまま手足をバタつかせて痙攣?

はじめて発作を起こしました。

触ってはいけないとは知りつつも、手が出てしまいました。
カラダ全体がバタバタしていました。

意識はなく、
口は白っぽく、
目は閉じていたか、半開き。
泡はふいてないし、
吐いてもないし、
おしっこもうんこも出ていない。
おそらく5秒もなかったと思います。
すぐに立ち上がり、ちょっと右にフラフラしていたけど、まだ吐きたいらしく、草を食べようとしたのでやめさせ、まだ散歩に行くというので、抱っこして帰りました。
途中で降ろせー!と暴れたり、うちに帰ってきて、黄色くなった首と口の周りを拭こうとしたらシワシワ怒り、ごはん♪とケロッとしています。
大丈夫なのか?
ごはん、食べさせていいのか??
まずは病院に電話しないと・・・。

10時40分・・・かかりつけ医に電話するも、先生は診察中。
10時45分・・・かかりつけ医から電話。
目がグルグルしていなくて、普段と変わらないなら、そのまま様子見でいいとのことでした。
ただ今後頻繁に起こるようだったら、早めに岐大へ行って、脳のCTかMRIを撮ってもらったほうがいいとのこと。
脳への転移の可能性は低いそうだけど、まったくないとは言えないそうです。
年齢的なものの可能性は大いにあるとのことでした。
ごはんを食べさせてもいいか聞くと、本当は抜いたほうがいいけど、空腹で吐くので、少しにして、回数を増やすようにと。
膵炎の経過も気になっているので、リパーゼを調べることは出来るか聞くと、出来ないそうです。
やっぱり岐大へ行かないといけないみたい。

11時・・・朝ごはんは半量だけあげると、ドライフードを数粒残したけど、ちょっとしたら完食。
食欲はあるみたい。
フラフラもしてないし、見た目はいつもと変わらない。

12時40分・・・岐大へ電話するも、先生は診察中。
12時50分・・・岐大から電話。
かかりつけ医の先生と同じで、普通にしているのであれば、しばらく様子見でいいとのこと。
吐いたときに、一時的に血流が悪くなってのことではないか。とのことで、脳への転移はあまり考えていないようでした。

今日は吐きたくてもなかなか吐けなくて、かなり息んでいた。
急性肝炎のときも、吐きたいのにかあさんが邪魔をして吐けず、息みすぎて、歯茎が真っ青になって、フラフラになった。

確かに頭を下げた状態で無理に吐こうとすると、頭がボーっとする。
吐いたあとに頭が痛くなることがある。
心臓もバクバクする。
血の気がひくこともある。
いつもより息んだ時間が長かったことで、ショック状態になり、意識がなくなって倒れてしまい、さらに痙攣まで起こしてしまったのかな。

肝細胞癌ということから、低血糖と肝性脳症は心配しているけど、今回は違うっぽい。
膵炎の影響でもなさそうでした。
虚血ってことのようです。
その膵炎の経過も気になっていると伝えると、数値よりライスの状態で判断していいとのこと。

先月、免疫の先生に「急性膵炎になってしまって、今回の免疫療法は見送る」と連絡をいれたとき、かなり心配していたけど、かかりつけ医の先生も岐大の先生も、そんなに心配していないみたい。
実際に診て、そう判断してるんだから、そうなんだろうし、ライス本人もなんともないんだから、たぶん大丈夫なんだろう。
今回の発作も、さほど大事だとは思っていないようだけど、岐大へは2月に行くことになっているので、それまで待たず、ちょっと早めに診てもらおうと思います。
**********
おべ。ちゃんは一度も発作を起こしませんでした。
ミーニャも発作を起こしたことはありませんでした。
発作というものをみたのは、今回のライスがはじめてです。
今思うと、よく冷静でいられたな~と思います。
4年前だったら、パニックになっていたかもしれません。
それより、この黄色いのを吐くとき、いつもしんどそうだと思っていながら、それを回避できる対策を取らなかったことを反省しています。
いつも反省することばかりのかあさんでごめんね。
安心しろっ!
ちゃんとかあさんがついてるからーっ!
そう言える、頼りになれるかあさんになりたいです。
だから、それまでは傍にいてください。

らいちゅんち♪

昼間はいつものようにオコタの中でヘソ天になって寝ていました。

少ないの~。

夜ごはんはペロリと完食しました。

なにか?

何事もなかったかのように1日を過ごしました。
このまま落ち着くといいな。

らいちゅは大丈夫なの~。

今回の1回きりで、脳へのダメージはありませんように。
今後は出来るだけ朝吐かせないよう気をつけたいです。
あぁ~、ごはんのタイミング、どうしたらいいかな~。

らいちゅ、このまま落ち着くといいね。のポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-01-12 23:07│ ライス | コメント(0) | page top↑
<<1日4食 | ホーム | 3連休 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif