急性膵炎
2015 / 12 / 16 ( Wed )
昨日の昼間は、庭でネコチェックしながらチョロチョロと走り回っていたのに、
夜ごはんを食べたあとから、どんどん調子が悪くなっていったライス。

落ち着きがなくなり
足がもつれてフラフラして歩けない
その場で何度も足踏み
ガタガタ小刻みに震える
何度もお腹痛い痛いポーズ
お水をよく飲む
ところどころ、急性肝炎のときと似たような状態・・・・。

確かに朝散歩も夕方散歩もちょっと行っただけで帰るっていったけど、
夜ごはん食べたあとから、転げ落ちるように急降下。

夜は玄関へ下りられず、散歩に行けるような状態じゃなくて、オシッコだけ。
下痢はなし。
というより、踏ん張れる力なんてありませんでした。

食後とあって、真っ先に胃拡張を疑うものの、
吐くことも、
ゲップも、
ヨドを垂らすことも、
お腹がパンパンになることもなかったし、
23時半だったから、ひと晩様子をみることに。

階段はあがれないから抱っこすると、すんなり抱かれて、

ほっといてほしいの~。

ベットにポン。
いつもは揉めながら寝る場所合戦をするのに、戦闘力ゼロの瞳。
しんどそう・・・。

もうちょっと寝るの。

夜中は何度も寝場所を変えていて、あまり寝られず朝を迎えました。
**********
階段は下りられず抱っこして起きてくるも、それなりに歩けています。
ベットから降ろそうとしたら、シワシワして怒るくらいまでになっていました。

けど、病院行こう。

月曜日に肝臓の組織を採っているから、
そこからの出血が怖かったから、岐大へ行くことにしました。

8時半すぎに電話すると、なんと、今日は先生お休みだとか(◎_◎)
(水曜日はダメって、そ~ゆ~ことだったのかー)

ほかの先生に診てもらえないかとお願いすると、
放射線の先生に診ていただけることになり、「午前中に連れて来てください」とのことだったので、「11時には行けます!」と電話を切り、高速ぶっ飛ばし、病院に着いたのは10時前(^^;)

そのうち捕まるの~。

おまわりさん、ごめんなさい。
また、かあさんの宝物の調子が悪いので許してください。
**********
10時10分頃呼ばれました。
11時って言っておきながら、せかしてしまってすみません(^^ゞ)

あれ?

昨日の朝も夜もちゃんと食べているのに、体重は減ってました。
**********
2度目の放射線治療のときに先生とはお話させてもらっているから、話しやすくて、カクカク・シカジカと状態を話し、血液検査とエコーと触診。
元気なライスを見て、「させてくれるかな~」だって(^^;)

安心してください、たぶんできますよ(笑)

力を抜いて~と言われても、それは無理な話で、
それでも、お腹は張ってなく、
硬くもなっておらず、
触っても痛そうでもない。

エコーで出血や腹水は見当たらず、ほっ。
組織を採ったところは問題なさそうで、ほっ。

それに、先生の顔見て吠えるし、エコーでは暴れるし、今は急を要する状態でないことはかあさんでもわかります。
とりあえず血液検査の結果待ちです。

らいちゅなのーっ!!

久しぶりに待合室で待っていたけど、うるさいので、

あんしん♪

車へ・・・。
吠えるし、暴れるし、シワシワするし、自分で歩けるし、

雨降ってきたの~。

昨日はなんだったんだっ!ってくらい、ずっとよくなってます。
もしかしたら、なんでもないですね~で終わるかもしれません。

血液検査①

★血液検査
白血球がドン!あがってました。
どこかで炎症をおこしていそうです。

エコーで出血がなかったように、貧血の心配はなし。
が、

血液検査②
 
リパーゼが正常の倍まであがってました。
可能性として一番考えられるのは、急性膵炎だそうです。

はい?いま何て言った??
膵炎???

膵炎になると肝臓の数値もあがるそうで、2日でドッカ~ンと5倍ほどあがり、
症状が膵炎と一致するそうです。
**********
膵炎っていったら、入院して絶飲食で点滴っていうイメージがあるけど、
「朝ごはんはまだ食べてない」という話しをすると、食べさせてもいいって。

昨夜からは考えられないほど調子は上向いているし、
これだけ元気だと、すでに回復に向かっている状態らしく、
昨日の夜がピークではなかったか。とのことで、
膵炎は膵炎だけど、薬を飲まないといけない状態でもなく、
ちょっと脂肪分を減らして様子を見てもいいくらい、軽度のものだそうです。

終わったの~。

しかし、まさかの膵炎でした。
腹水かと思っていたけど、まったく予想もしてなかった膵炎でした。

けど、なんで膵炎?

2日前にCTもエコーも撮ってるけど、何も言ってなかったから、なんともなかったはずなのに・・・。
腎臓を気にして、脂肪分も糖分も使った食事の積み重ねが影響したのかな。
いや、ストレスかな・・・。
**********
今日はライスも一緒に検査の結果を聞き、何度も、しっかりとご意見を申しており、「これなら大丈夫」だと、先生はおっしゃっいました。

おいちっ♪

ごはんは食べられるなら食べてもいいとのことだったけど、
ドライフードはいらないらしく、おじやだけ食べました。

食欲はあります。
膵炎は食欲がなくなるらしいけど、食欲、あります。

ぴちゃぴちゃ

いつもはほとんどどころか、まったく飲まないお水も、ガバガバ飲みました。
膵炎になるとよく飲むそうです。

すっきりしたの~。

んこも出ました。
ちょっと黄色かったです。
でも、いいんこでした。

ふぅ~。

けど、軽い急性膵炎ですんでよかった。
入院とか絶対出来ないもんな。

2日前に「ではよいお年を~」と、フラフラと診察室でご挨拶しながら出てきたのに、まさかまた来ることになるとはね。

らいちゅんち♪

ここ2ヶ月は病院通い続き、
それがかなりのストレスになって、
とうとう精神的限界を超えてしまい、
膵臓にきてしまったのではないかと思っています。

病院が相当ストレスになっていることがわかっていながら、途中で止められませんでした。

イヤな思いさせてごめんね。
怖い思いさせてごめんね。
がんばらせすぎてしまってごめんね。
もうゆっくりしようね。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*
★2016年10月追記
(2015年12月16日の診察記録より)


<代診>
【体重】
 11.90kg

【問診】
 昨日腹痛があるようだった。
 後肢のみ立ち上がる「伏せ」の姿勢をしていた。
 元気もなかった。
 消火器症状はなし。
 食欲・飲水もある。
 今日は昨日より元気がよい。

【身体検査】
 腹部触診では、それほど腹痛は示さず。
 口腔粘膜も異常も認めず。

【超音波検査】
 腹水は認めず。
 膵臓は確認できず(体動による)

【所見】
 軽度の膵炎を疑うが、臨床症状が腹痛のみで他の消化器症状を認めないこと、昨日より症状の改善を認めることから、経過観察としました。
 また、食事に脂肪分を添加しているとのことから、一週間は添加を避けていただくよう指示しました。
 24-25日あたりに来れるようであれば、血液検査にいらっしゃる予定。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*


↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-12-16 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
<<急性膵炎@その後 | ホーム | 今年の漢字 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif