免疫療法3回目&4回目の採血
2015 / 11 / 21 ( Sat )
ねむねむ

お休みの日の朝だけど、
ゆ~っくり寝たいのはわかるけど、
いや、いつもゆっくり寝てるけど、
そろそろ起きよっか。

ここはーっ!!

やる気満々で、今日も病院です。

どよ~ん、どよよ~ん

先週の金曜日はあっちの病院。
今週の月曜日・水曜日はこっちの病院。
で、今日はここの病院です。

3回目の免疫療法にやってきました。
聞いてないって顔しても、もう来ちゃったんだから諦めてくださいな。

ちょい増し

パラディアの副作用で食欲不振になり、
結局下痢にもなり、
さらに白血球も減ってしまっていたから、治るのに時間がかかり、
普通のうんちょに戻るまでの1週間は、ごはん抜いたり、少なめだったりで、
体重は減っているかも~と思っていたけど、
一番減っていた18日の11.64kgよりちょっと増えてました。

まだちゃんとした量のごはんを食べてないし、
今日は朝ごはんナシだしだから、直に戻ると思います。
**********
火曜日に病院からの途中報告で、今までで一番増え方がいいとのことでした。
それでも、まだまだ少ないらしいけど、免疫療法とインターフェロンの効果が出てきているようです。

そのちょっとだけ元気になったリンパ球は右前足から戻し、
同時に右後足から4回目の採血と、
おやつ食べて、
血圧上げて、
血がよく出るようにしよう作戦も開始。

前半はまあまあも、後半のおやつ効果はすさまじく、今までで一番早く終わったんじゃないかな。

それに、おやつがまだ口の中に残っているのに、
どんどん出てくるから、
食べるのに大忙しで、
暴れることもなく、
これまた今までで一番落ち着いていたんじゃないかな。

今回もおやつ作戦大成功です(^^*)

採血が終わると、

元気注入~。

貸切の診察室で元気注入中。
**********
安心してください、

全然安心じゃなーい

出てますよ(笑)

びみょ~。

おべ。ちゃんのときもそうだったけど、エリカラのサイズって、なかなか難しいですね。
*********
1回目・2回目はウロウロ・ウロウロしていたけど、
3回目の今日は、この端っこでちょこんと座ってました。

止血ちう

体重量ったのが12時53分で、これが13時13分だから、点滴は15分くらい。
最初は1時間って話だったけど、ずいぶんと早いです。
ライスの負担が少なくなるよう、できるだけ短時間で~ってことだと思います。
いつも止血がうまく出来てないから、今日はギュッとしました。
ちょっと押さえ方が違うような気もするけど、これがとおさんの愛なので我慢してください(^^;)
**********
先々週・先週と、白血球が正常値以下だったので、今回も調べてもらいましたが、

おわったの~。

らいちゅは検査の結果は聞かないそうです。

血液検査①

★血液検査
パラディアを止めて1週間で、白血球も好中球も正常値内に戻っていました。
間違いなく副作用です。
ただ、またリンパ球が減っていました。
ストレスがかかっていると、リンパ球は逃げていってしまうとかで、普段はもうちょっとあるのかもしれないけど、やっぱり少ない。
免疫療法をする場合は2.0あるのが理想で、0.5を切るようだとやる意味がないらしいけど、今のところは続けられる状態らしいです。
血小板も少なかったけど、たぶん前回と同じ、凝集じゃないかな。
それより、

血液検査②

まさかの貧血でした。
ヘモグロビンもヘマトクリットも高いほうだったのに、一気に減って、正常値以下。
ガンが進行すると、どうしても貧血になるということは聞いているし、
おべ。ちゃんもそうだったし、
先週CRPが高かったし、
リンパ球も減っていたし、
思っている以上に進行しているのかも。ってのが、こちらの先生の見解であり、まあ一般論。

けど、これまでゆっくりだったものが、ここにきて急に進行するのかな~って思うも、
しばらく画像撮ってないから、なんともいえないところ。

パラディアに耐性がついちゃったとか、
免疫療法がストレスになっちゃったとか、
あれもこれもやったことが逆効果になってしまったのかもしれないけど、
ほかに原因があるんじゃないかな~っと、
あいかわらず、往生際が悪いというか、都合のいいように考えてしまい、
いつもの消去法でいくと、

元気はあるし、お腹がプヨプヨにもなってないから、腫瘍からの出血はない。

下痢に潜血反応があったし、うんちょも黒かったから、たぶん腸から出血があったはずだけど、見るからに血便ってのはなかったし、それくらいで貧血になるとは思えない。
けど、ジワジワと出血が続いたのなら、あるのかも。

パラディアの副作用は比較的少ないらしいけど、まったくないこともないらしいので、1回目と2回目の結果をみてみました。
そしたら、あらビックリ!
減ってました(◎_◎)
どっちも正常値内だったから気にしなかったけど、ガタンと減っていました。
白血球が減っていたことを考えたら、赤血球や血小板が減っていても、まったくおかしくないこと。
あり得るな。

2週間前は少なかった網状赤血球も、今回はけっこう増えていたから、非再生性貧血ではない。
(おべ。ちゃんはこれでした)

パラディアを休薬して1週間で白血球は増えていたし、
血小板が少なかったのは、少しは出血の影響があるのかもしれないけど、たぶん前回同様凝集だろうし、
網状赤血球がドカン!と増えていたから、
骨髄ではせっせこと血液は作られているから、再生不良性貧血もない。

網状赤血球が異常に増えているわけじゃないから、溶血はない。
また免疫介在性溶血性貧血とか、ホントに勘弁です。
(おべ。ちゃんはこれにもなりました)

食べてなくて、血が作られていないことは十分あり得る。
肉、食べてないもんな~。

ゆっくり低色素性になってきていたことを考えたら、鉄不足もある。
年取るとなるらしいし・・・。

まさか、採血のしすぎってことはないよね(^^ゞ)
ないない(^^;)
**********
おべ。ちゃんのときに、あれこれ調べたから、中途半端な知識がついちゃって、思い当たることが多すぎる。
けど、これまでの山のような検査結果と、おべ。ちゃんで経験したことを考えると、
鉄不足になってきていたこと、
わずかでも出血があったこと、
食べなくなったところに、
下痢でご飯を抜いたり、少なめだったりで、
血液があまり作られていなかった可能性はある。
そこへ、パラディアの副作用@骨髄抑制が止めを刺したって感じかな。

鉄欠乏性貧血だとしたら、急を急ぐようなものではないはずだし、
パラディアの副作用なら、1~2週間で戻るはずだし、
今は食欲も戻っているし、
下痢も止まったし、
なにより、ちゃんと血液は作られているし、
だから、2週間後の4回目の免疫療法まで様子見でよさそうだけど、
やっぱりずっと診ていただいている、かかりつけ医の先生と岐大の先生の意見も聞いてみよう。
こ~ゆ~とき、あっちこっちの病院にかかっていてよかったって思う。

おわり?

うっかり忘れるところだったインターフェロンも打ってもらって、
とおさんの止血では止まらず、血だらけのままおしまい。

やっちゅけたの~。

やりきった顔してるけど、

やっちゅけたー。

これはど~ゆ~ことですか?
おべ。ちゃんもそうだったけど、まったく、いくつあっても足りません(ーー;)

2015-11-21-15.jpg

採血中に干しタラを山盛り食べたから、ごはんはドライフードと甘酒だけ。
さすがにドライフードをちょっと残したけど、食欲はほぼ戻ってます。
**********
今日は栗のすい~つは買わず、おうちに帰ってくると、

のど渇いたの~。

一目散にお水を飲みに行きました。
今日はおべ。ちゃんも許してくれると思います(^^;)
おべ。ちゃん、許してあげてね(^^*)

ちゅかれたの~。

おつかれさん。
2週間後は、いつもの濃~い血に戻っているといいね。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-11-21 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
<<祝・お腹&食欲復活 | ホーム | 今度は・・・。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif