岐阜大学動物病院での定期検査@通院35回目
2015 / 07 / 14 ( Tue )
眠いの・・・。

そりゃ~そ~だ。
寝てすぐに「オシッコ!」で外に行き、その30分後にまた「オシッコっ!!」と言って、帰ってきたら暴れるからなのだ。
翌日が早起きの日に限ってこれだ。
さっさと寝ろっ!!!
**********
で、ウトウトしながらやってきたのは、

暑くなりそうだ~。

びょ~い~~ん。
肝細胞癌への2度目の放射線治療終了から3ヶ月後の定期検診に岐阜大学動物病院に行ってきました。
**********
前回の定期検診で、肝臓の腫瘍はさらに小さくなるはずだったのに、なぜか大きくなっていました。
・今までに比べて大きくなるスピードが速いこと
・なんだかおかしな感じ(?)だったこと
から、再び想定外の結果を起したライスの肝細胞癌。
予測不能なのに、2~3ヶ月開けるのはちょっと・・・ということで、「1ヶ月後くらいで1度CTを撮りましょう」となり、いろいろと調整・逆算し、さらに17日(金)からの変更での検査です。
(17日だったら、台風で行けなかったかもしれない)

どよよ~ん

予約時間の10時には、やる気マンマン(←ウソ)でスタンバっておりましたが、10分過ぎても呼ばれない。
20分過ぎても呼ばれない。
結局、先生が呼びに来てくださったのは30分過ぎたころでした。
こんなに遅れるのはめずらしいことです。
急患でも入ったのでしょうか・・・。

ツチノコ?ヤモリ??

前回から変わった様子や、気になることは、
・なんとなくお腹が膨らんできたように見えること。
肝臓は肋骨の中にあるので、肋骨を広げておおきくなるようなことはないそうで、お腹が大きくなるなら肋骨の下あたりだそうです。
確かに、おべ。ちゃんは下腹部がパンパンでした。

・黄色いのを、朝以外に吐くこと。
小さいときからだから体質だけど、放射線の副作用でないとも言い切れないので、気にはなるな~と。

・昨日、やたらとオシッコに行きたがったこと。
膀胱炎かどうかは尿検査で確認。
**********
ごはんはよく食べ、
下痢もせず、
お散歩にも元気に行って、
調子はすこぶるよいです。

ちょっと増えました。

体重も0.9kg戻して、12kg台まであとちょっと。
けど、朝ごはんを食べてないので、普段はギリ12kgあるのかも。
見た目も痩せた感じもないし、毛艶もピカピカで、本当に体調はよさそうなんだけど、はたしてどうなっているかな。
**********
先日の病理の結果を聞いたときに、今後のことについてお話をしました。
さらに大きくなったら、どんな治療があるのか。
先生も何かないかと調べてくださったそうです。
もちろん、調べ物大好きのかあさんも調べました。
けど、これらが無駄になるかもしれない、そうなってほしいと願い、とりあえず黙らせますCTを撮ります。

眠いの~。

いつものように診察室で採血し、留置針を固定して麻酔をかけますが、おばあちゃんの弾力のない血管に針を刺すのが、これがまた大変で・・・。
今日は一発でいけるかな。
**********
最初は右手にブスっ!
いちおう出てはきたけど、ちょろ~っとしか出てこず、だみだこりゃ~。
いつもなら、また同じ手から採るけど、今日は左手にチェンジ。
そしたら、ちょぼちょぼ~と出てきて、前回よりう~んと早く針を固定することができ、ライスもハァハァせずにすみました。
採血ってのはコツとかあるんでしょうね~。
これからは先生にお願いしたいです。

いってらっしゃ~い。

今日はゾロゾロ引き連れて検査室に消えていきました。
CT検査・血液検査・尿検査で30~40分後のお迎えです。

お帰り~。

30分後ご帰還。
ライスにはもう少し静かに寝ていてもらい、検査の結果を聞きました。
★CT検査
今回は放射線治療をして小さくなってきていたところが大きくなっていました(涙)
しかも、これも大きくなるのが速いらしい・・・。
それに、またガッポリ黒く抜けてました。
普通の肝細胞癌はこんな風にはみられないそうです。
なにがどうなっているのか、さっぱりわかりません。
わかりませんが、良くも悪くも、放射線治療が関係しているのは確かです。
大きくなってきたのは、今回の放射線治療の1回の線量が1度目の半分ほどと少なかったので、効きが悪かったのではないかということらしいです。
でも、1回の線量が少ないと効果が出るまでの時間もかかるらしいです。
それと、前回出来たという4cmの腫瘍も、ほんのちょっと大きくなっていて、内部のほとんどが壊死したままでした。
先生の見解は、壊死した部分が吸収されて小さくなるより、壊死した部分を伴って大きくなるんじゃないかな~とのこと。
けど、壊死部分があることを考えると、まだ小さくなる可能性もゼロではないんじゃないかな~と思っているし、ある腫瘍は放射線治療後に中心部が壊死し、その後いったん大きくなったあと小さくなるというものもあるらしく、なんやかんやと往生際の悪いことを言っているかあさんです。
ほかで気になるのは、腫瘍の下・胆嚢の横がかなり白っぽく見えたこと。
こ~やって腫瘍の周囲でガン細胞が増殖して大きくなっていくのかな・・・。
それ以外に怪しそうな部分はなし。
ここのところ、ハァハァが増えていて心配したけど、ただ暑かっただけのようです。
それにしても、一体全体、なにがどうなっているんだろう・・・。
きっと、誰も想像してないようなことが起こっているんだろうな・・・。
**********
血液検査の結果はまだ出てないようなのであとで聞くことにし、大嫌いなガラガラから、

ぷちゅ~。

床に降ろされ、麻酔から醒ます注射をし、

フキフキ

針を抜いて、キレイに拭いてもらって、

ギュー。

血が止まるまでギュッと押さえてもらっていますが、起きやしないかとヒヤヒヤ。
そんなかあさんをよそに、なかなかお目覚めにならないらいちゅ。
今後の治療に必要になるかもしれないものを作っていたら、麻酔から醒めかけたので麻酔を追加したからお目覚めが悪いようです。
そうそう、人間みたいにたたき起こしはしないみたいですよ。
(かあさんはたたき起こされたからさ~^^;)
**********
いつまでも寝ているのをいいことに、先生、ツンツンしたりと、やたらとライスをおさわりしていました。
遠い意識の中で、優しい手があること。手は怖くないということ。そんな夢をみていてくれたらいいのにな。

おはよ~なの。

ずいぶんと醒めるまで時間がかかったように感じたけど、実際は5分で目を覚まし、

脱出成功なの~。

その3分後には歩いて診察室を脱出。
まだちょっとフラフラしていて、おしっこはせず、

やりきったの~。

ライスネオ号で待ちます。

ここは安心なの~。

安心してゆっくりしなさいな。
とここで、

伸び伸び~。

爪切りをお願いするのを忘れていたことに気付きました。
苦労してないので、伸びるのが早いんです。
かあさんと一緒です(^^*)
**********
再び先生が呼びに来てくださったのは約30分後。

血液検査の結果

★血液検査
・ALTは前回の342から429と、急性肝炎のときの407よりあがってました。
けど、CRPは正常値内なので、肝炎の心配はなさそう。
高くなったのは、腫瘍が大きくなったからか、壊死した部分が多いから。
それと、放射線治療から3~4ヶ月後に3~5倍まであがると聞いていたから、放射線の影響もあるかな。
実際に3倍まであがってるし・・・。
きっと、たぶん、おそらく全部だろうな。
・ASTは高値もほぼ変化なし。
これは放射線治療の影響で間違いないかな。
・ALPは下がって、はじめての3桁でした。
はて、これはど~ゆ~こっちゃ?
肝機能も低下してないし、ええことじゃないのか??
・CREはちょっと高くなっていました。
5g増やしたお肉が多いのかな?
それに、おやつも食べすぎかな~。
**********
先生は腫瘍が大きくなっていることをかなり気にしているみたいだったけど、CT画像の見え方と血液検査の両方をみると、必ずしも悪くなっているとは言えないような気がします。
悪いほう悪いほうを考えてくれる先生のおかげで、ひねくれもののかあさんは逆のことを考えることができます。
きっと、大丈夫だよ・・・。
なんの根拠もないし、うまくいえないけど、大丈夫だよ、きっと・・・。
腫瘍専門の先生に対して、なんとも失礼であるのはわかっていますが、いいほういいほうに考えることも大切なんじゃないかな。と思っているかあさんです。
**********
尿検査は異常ありませんでした。
膀胱炎ではないみたいです。
それと、

高分化型の肝細胞癌だそうです

前回受けた病理検査の結果をもらいました。
あいかわらず、見たこともないような漢字の、聞いたこともない単語が並んでいてさっぱりですが、高分化型の肝細胞癌であることは間違いないようです。
ただ1度目・2度目は、空胞化とか、胞巣状とかはなかったし、「腫瘍内では肝細胞が層状に壊死している領域もみられる」ってのか、よくわからないところかな。
**********
1ヶ月での変化も大きかったし、ALTが高くなってきていることも気になるし、病院はお盆休みもあるので、休みに入る前に血液検査だけすることになりました。
1度目の放射線治療の5ヶ月後にはALTは落ち着いていたけど、今回はわからないことばかりなので、これからも希望は持ち続けたいです。
先生も、ここまでがんばってきたんだから、できることなら、なんとかしたいそうで、ほかの先生方とも相談してくださるそうです。
ライスに負担がかからない、なにかいい方法があればいいね。

出ちゃったの~。

30分ほどあれこれ話して車に戻ると、黄色い地図を描いていたので、オシッコをしにいくと、た~っぷり出ました。
さっきしないから漏れちゃうんですよ。

いらないの~。

今日はごはん持ってきましたが食べませんでした。
お水も飲みませんでした。

まぶた、重いの・・・。

まだ麻酔と闘っているようで、

ぱっか~ん

ポケ~としていたので、30分ほど様子をみてから帰りました。

コックリコックリ。

途中でもまだフラフラしていて、今日は麻酔からの醒めがよくないです。
自分で麻酔から醒めてきてから、麻酔から醒ます注射をしたほうがいいのかもしれません。

寝るの~。

おうちに帰ってきたのは16時ちょっと前。
解毒のサプリを入れたミルクも飲まず、夕方散歩も少しにして、のんびり過ごしました。

変な雲

まだまだ想定外のことを起すライス。
どう転がるかは、もう少し様子を見ないとわからず、スカッとしたような、やっぱりモヤモヤしたような、そんな検査の結果でした。

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

2015-07-14-ct2.jpg

★2015年7月14日


【体重】
 11.85kg

【問診】
 RT終了から4ヶ月

 昨日何回もトイレに行きたがり、排尿姿勢をとっていた。
 胃液を吐くことがある。
 下痢なし。
 お腹が膨らんできた気がする?

【尿検査】
 尿蛋白・・・(-)
 潜血・・・(-)
 尿比重・・・1.032
 pH・・・5.0
 細菌・・・(-)

【CT検査】
 肝臓全体的に内側左葉の腫瘍は増大傾向にある。
 前回直径4.3cm程度あった腫瘤は6×4.3cmに増大。
 また前回不鮮明な病変だった横隔面に3.2cm×2.9cmの明瞭な腫瘤を形成。
 増大傾向にはあるものの、全体的に造影剤による増強効果は乏しく腫瘍辺縁のみ増強される。
 造影剤投与後の腫瘤内のCT値は更に低下。
 6月12日・・・104.3
 7月14日・・・66.1
 胸部、腹部、頭部に異常所見なし

【所見】
壊死を疑う領域が依然として腫瘍の大部分を占めているものの、肝数値、サイズともに悪化傾向似あった。
特に今回は1ヶ月で再検査を行ったが1ヶ月前よりも明かに腫瘍サイズが増加しており、短期間での離床症状が出てくる可能性も考えられるが、残された治療の選択肢は乏しく、かつできるだけ負担の少ないものとのご希望もあり、年齢を考慮すると対処療法を行い経過観察としてただくことも現実的な方法かもしれない。
次回8月5日に血液検査のため来院、その際に改めて相談する。

******************************


今回は・・・。
短くしすぎですよ~。

オリエンタルユリ。
1本を豪華にぶった切ったかあさんです(^^*)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-07-14 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(2) | page top↑
<<台風来るぞっ! | ホーム | あっぢ~ >>
コメント
----

らいちゅちゃん、頑張れ!
【 by: ふきゅ姉 * 2015/07/17 18:59 * URL [ 編集 ] 】
----

★ふきゅ姉さん
らいちゅ、がんばるの~。
ありがとうなの~。
【 by: さちぽん * 2015/07/19 23:53 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif