2015北海道旅行@7日目「ウトロ~厚岸」
2015 / 08 / 13 ( Thu )
朝方、結構な雨が降っていました。
どうかな、止んでいるかな・・・な、6時、

どよよ~ん

うぅ~ん、止んではいるものの、どんより・・・。
今日だけは晴れてほしかったのにな~。
いや、できれば毎日晴れてほしいけど、けど、今日だけはどうしても晴れてほしかったのに・・・。
もしかしたらダメかも・・・の不安を抱きつつ、集合場所に向かい、

知床クルーズ

準備OK。
って、まだいないと思うよ。
ほらだって、まだ出港してないしさ・・・。
それより、眼鏡外して見えるの??
ということで、何度も来ている北海道だけど、野生のヒグマだけは見たことないので、これに乗って会いに行きます。
**********
予約受付け順でいい場所を取れるシステムになっているのに、途中で日付を変更したことで、もしかしたらうしろのほうかも・・・なんて思っていたら、前から3番目でラッキー。
しかも、よ~く見えて、スリル満点の前方部分は「お子様はご遠慮くださ~い」とのことで、1番最初に場所を選べることになり、超ラッキー。
小学生並の身長の持ち主であるかあさんは、チビッコではあるものの、お子様ではないのだ~。
悪いな、一番前にいたチビッコよ(笑)
ということで、一番前の右側のベストポジションに陣取り、

いってきま~す

いざ出港~。

フレペの滝

5分ほどで見えてきたのが、フレペの滝。
**********
地下水が、しとしとと流れ落ちる様子から「乙女の涙」
乙女のもうちょっと先には、

湯の華の滝

男。
「男の涙」こと「湯の華の滝」
**********
崖の上から見ることは出来ず、フレペの滝に背を向けてこっそり泣くとかで、「男の涙」と呼ばれています。
と、乙女の涙と男の涙の間の岩場に、

出たなっ!

早速いらっしゃいました。
あまりにも早くの登場にビックラコ。
が、なんでも、この場所にいるのはめずらしいそうで、ここまで泳いできたのでしょう。とガイドさん。
スピーカーのそばに陣取ったから、ガイドさんの説明がよく聞こえてありがたい。

意外とかわいい

木には登るし、川どころか、海まで泳ぐし、走ったって敵いはしないし、かわいい顔して無敵だ。
道端でバッタリ出くわしたりしちゃった日には、「慌てず落ち着いて」なんて行動がとれるはずがない。
腰を抜かすか、大声出して大慌てで逃げるかで、襲われる自信満々です(^^;)
おぉ~、こわいこわい。
そこからダ~イブとかしないだろうな。

クンネポール

このお~きな穴は、クンネポール。
アイヌ語で「黒い(暗い)洞窟」という意味で、長年の流氷の侵食してできた洞窟。

オジロワシ

ヒグマだけじゃなくてオジロワシもいる。
翼を広げると、2m以上あるとか。
このぶっとい足なら、かあさんもひょひょいっと持ち上げられちゃうかも~。
けど、重いからやめといたほうがいいよ~(笑)

こけし岩

こけし岩。
落ちそうで落ちない頭?顔??に、しっかりした足が生えているという、バランスがいいのか悪いのか不思議な岩。
**********
鮭の定置網をうま~く避けながら、どんどん進むと、

青空出てきた~

前方には青空も見えてきたし、まったく揺れないしで、これは日頃の行いがいいかあさんのおかげ(笑)

ヒグマ

ほら、また熊さんいるし~。

カムイワッカの滝

知床を代表するカムイワッカの滝。
**********
滝の温泉が流れ込んでいるあたりの海水はエメラルドグリーン。
なんでも、硫黄の成分で変わってしまうとかで、ここまで硫黄のにおいがします。
結構強烈です。
そんなカムイワッカの滝の上には、秘湯中の秘湯と言われる、天然の大温泉のカムイワッカ湯の滝があるんだって。

硫黄の滝

ヨウシペツの滝は観光船からしか見られない滝。
**********
聞いたことなかったし、ガイドブックにも乗ってなかったけど、一番大きな滝で、離れた船上からでも、その大迫力に圧巻。
カムイワッカの滝同様、硫黄山から流れ出ているので、硫黄の滝とも呼ばれているそうです。

知床半島

こ~ゆ~ところにヒグマはいるらしい。

狩りの真っ最中?

あっ、いたっ!
親子連れ。
おかあさんなにか探しているみたいだけど、ちょっと恥ずかしい格好(^^*)
で、

ぼうず

空振りだったらしい(^^;)

またいたっ!

おっ、ここにもいる。
が、

危なーいっ!

えぇーっ!
おっちゃん、近すぎやしないかーっ!?
死んだふりしたってダメなんだぞーっ!!
あいつは無敵なんだぞーっ!!!

ジャバジャバっ!

豪快に水浴びなんかしちゃってる姿は、気持ちよさそうを通り越して怖い。
しかも、すごくデカイし・・・。

ルシャ湾

あっちにもデカイのがおるし・・・(◎_◎)
どっちもオスだろか・・・。
っと、ここはヒグマが一番多く見られるというルシャ湾。
今回は野生動物探索クルーズなので、ここで折り返し、知床半島から離れて、イルカやクジラ・シャチなどを探しながら戻ります。
**********
山側はしっかり曇り空だったのに、

真っ青

海側の空は真っ青。
今旅一番の青空です。
これでクジラやシャチに出会えたらサイコーのクルーズになるのだけど、帰りはこの青空をず~っと見てただけでした。
クジラやシャチにも会いたかったな。
**********
結構揺れると聞いていたし、イルカウォッチングの激揺れのことがあったので、おべ。ちゃんが残してくれて@プリンペランを飲んで世界遺産に挑んだけど、ほとんど揺れることなく、

ドルフィン号

ウトロ港に帰還。
最初は予定に入れてなかった知床だけど、行ってよかった。
北海道といえば知床だよ~ってのがよくわかりました。
ただ、午前の便だとモロに逆光になるので、午後便を選ぶべきでした。
1度だけではわからないことが多いので、また行きたいです。
次はもちろん知床岬クルーズで。
それから、知床半島側からも見てみたいです。
世界遺産知床サイコー(*^^)b
けど、やっぱりヒグマは怖いです。
**********
知床岬コースだと3時間もライスに待ってもらわないといけないので、1時間40分の野生動物探索クルーズにしたけど、帰ってきて車を覗いても知らん顔して寝てました。

指定席♪

すっかり車上生活犬です。
**********
この際だから、もうちょっと知床をみよう!ってことで、

ど~こだっ!?

次はこんなところへやってきました。

高架木道

これだけ高くて、電気柵なんかもあるから、ヒグマは来られませ~ん。な安心な高架木道を歩けば、

知床五湖

知床五胡の第一湖と知床連山の大パノラマが見渡せる展望台へ行けます。
が、知床連山ってどこ?

うぅ~ん♪

海側はこんなにきれいなのに、

うっ・・・。

知床連山はどこよ???
**********
そんな知床五湖は、簡単なレクチャーを受けると、第二湖・第三湖が見られる遊歩道を歩けるらしいけど、それはまたのお楽しみってことにしておきます。
というか、やっぱ熊怖いもん(笑)

はまなすこけももミックスソフトクリーム

知床クルーズでは長袖の上にライトダウン着てても寒かったのに、はまなすこけももミックスソフトクリームもとろけるくらい暑かった知床五湖でした。
**********
さ~て、まだまだ行くよ~。

ども。

飛び出してくるなよーっ!
**********
ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路をどんどこどんどこ登っていくと、

ここはどこ?

真っ白ー。
道路を渡るのも怖いくらい真っ白ー。

真っ白け~

そりゃ、知床五胡から見た知床連山は真っ白だったけど、想像以上に真っ白ー。
そんな真っ白シロスケなのは、

知床峠

知床横断道路頂上の知床峠。
天気が良ければ国後島も望むことができるそうですが、な~んにも見えませ~ん。
しかも、寒いで~す。
これが知床の夏なんですか?ってくらい寒いです。
たぶん、おべ。地方の最低気温より低いです。
7月下旬でも雪が残っていたりするそうです。
寒すぎるし、な~んも見えないから、次行きま~す。
**********
そろそろお腹も減ってきたので、道の駅知床らうすで、名物の黒ハモ丼を~と思ったら、またまたここでも売り切れ・・・。
なので、テイクアウトのなんちゃらバーガーと、試食ですませ(笑)

野付半島

野付半島へやってきました。
**********
2年前は雨が降っていてらいちゅとおべ。ちゃんにはお留守番をお願いしたけど、今日はいけそうです。
いちおう事務室でおっちゃんに犬はいいですか?と聞くと、常識の範囲以内ならOKです。と。
なんでも、最近はノーリードだったり、放置うんちが多いらしいです。
犬飼いの身勝手な常識が、犬飼いの首を締めていることに気付いてほしいものです。
では雨が降って来る前に行きますよ~。

はまなす号

インチキはしませんからね。
ちょっと行くと、

ん?

なんかいる。

食べ放題?

エゾシカさんから大歓迎されてしまいました。
というのはウソで、とおさんがぶら下げている、ジャランジャランうるさすぎる熊除けの鈴に反応して、ジロっとにらまれてしまいました。
大家族団らんをぶち壊しやがってーっ!とか言われそうなので、行きますよ~。

道?

ケモノ道か?と思うようなこんな道は、

楽しいね~なの。

らいちゅの大好物。

らいちゅについてくるの~。

リードが小石に引っかかったくらいで「動けないの~」というくせに、こんなモッサモサのところは平気。
らいちゅについてくるの~と、ケモノ道を30分ほど歩き、

聞いてないの・・・。

ここからは木道。
らいちゅ聞いてないの~のお水があったりして、

・・・・・。

一気にどんより。
この暗い空よりどんより。
それより、この先右に行けたはずが、道がなくなっている・・・。

トドマツ林

それに、トドマツも減っている・・・。

2013年8月12日

これは2年前のもの。
比べても一目瞭然。
年々風化が進み、いずれは何もない湿原になってしまうのではないかと言われていましたが、2年でこんなに進んでいるなんて、本当になくなってしまうのもそんなに遠くないのかもしれません。

トドワラ

こんなに大きなトドワラも、いずれは跡形もなくなってしまうのかな。

自然の脅威ってやつなのか

さらに、野付半島の砂嘴が年々狭まってきているそうで、近い将来、半島が島になり、その島もなくなってしまうのではないかとも言われているそうです。
自然の力ってすごすぎます。
とおさんが行きたいといって無理矢理スケジュールに組み込んだけど、ここまで景色が変わっていたのは驚きました。
次くるときは、どうなっているんだろう・・・。
それより、

どおも、らいちゅなの~。

なんか、えらそうな手だな。

楽ちんなの♪

なんだかんだと、往復で2時間近くかかりました。
歩くのが遅いのは誰でしょうね。
**********

ナラワラ

野付半島がなくなってしまうかもしれないってことは、途中にあるナラワラもいずれなくなってしまうのかな・・・。
なんだか、いろいろと考えさせられた野付半島でした。
**********
さ~て、考えても仕方ない!
ごはん行くよ~。

花まる

夜ごはんはここ♪

うんめっ♪

筋子に、貝好きのかあさんは初赤ホッキ。
おべ。地方にはない、かんぴょう巻きを頼んだのはとおさん。
ふたりでガッツリ20皿いただき大満足(*^^*)
多くないよね?
普通だよね??

おやすみ~なの

今日はいっぱいお留守番もしたし、いっぱい歩いてお疲れさん。

7日目

出発時間・・・7:00
到着時間・・・22:05
出発場所・・・道の駅・ウトロシリエトク
到着場所・・・道の駅・厚岸グルメパーク
お風呂・・・北ホテルなかしべつ温泉チロロの湯
給油・・・1回(38.26L)
移動距離・・・242.0km
ソフトクリームの数・・・2個

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-08-13 23:59│ 2015@北海道 | コメント(4) | page top↑
<<2015北海道旅行@8日目「厚岸~八雲」 | ホーム | 2015北海道旅行@6日目②「宗谷岬~ウトロ」 >>
コメント
----

多い!多いです!

貝好き♪は同じですけど~
どんなに頑張っても、精々5~6皿限度ですよー(笑)


北海道いいですね。学生の時(!)以来行けてないです(T T)
【 by: カフェ母 * 2015/09/04 10:45 * URL [ 編集 ] 】
----

ワッカ原生花園・・・という名前になってるのね。私にとっては何もない砂浜のイメージでしたが・・・
私が出掛けたのは35年も前の話、10月半ばで、もうその強烈な赤さにびっくり仰天したことを思い出しました。

トドワラもあの頃はもっと神秘的な装いで、とてつもなく感動的な眺めでしたけど、こんなんになってるんですね。

ふふ、やっぱりライスさんはキタキツネにかぶりますか。私も当時家にいた柴系雑種に見えて仕方なかったです。
【 by: りくくうれん * 2015/09/04 13:00 * URL [ 編集 ] 】
----

うわわわ。熊、凄いいますね。ヒグマは最強って、こんな感じで出会いまくるなんて。でもでも、車で愛するワン子と旅行なんて、憧れまくります(^○^)
【 by: ふきゅ姉 * 2015/09/04 15:00 * URL [ 編集 ] 】
----

★カフェ母さん
多いですか?
100円寿司のときはこんなに食べないんですよ。
16皿くらい(笑)
いろんなネタがあるから、ついつい食べ過ぎちゃっただけです。
そ~ゆ~ことにしておいてください(笑)

★りくくうれんさん
そうなんですか?
結構有名だと思ったんですけどね@ワッカ原生花園
サンゴ草も見てみたいけど、どうしてもお盆休みしか行けないからな~。
トドワラって、本当になくなってしまいそうな勢いでした。
自然って美しくもあるけど、怖くもあるのですね。

★ふきゅ姉さん
ヒグマはさすがっ!って感じでした。
あんなのに道端であったら・・・なんて思うと、あぁ~恐ろしい~。
ライスの病気が見つかってから、想い出作りで始めた車旅なんです。
どんどん歩ける時間が短くなってきて、特にライスひとりになってからは、観光がメインになってしまいました。
【 by: さちぽん * 2015/09/05 20:04 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif