イヤな時間
2015 / 06 / 17 ( Wed )
金曜日の定期検診から帰ってきてから、肝臓の腫瘤とCT画像の見方について、調べまくっておったさちぽんです。(←そんな時間あるなら掃除しろよっ!)
で、出した結論は、良くも悪くも、どっちにもとれる。という、調べなきゃ良かったな。な結果。

目開いてるし・・・。
(目は閉じて寝ましょう^^;)

期待して検査に行ったのに、いままでとはあきらかに違ったCT画像。
いつもなら、造影剤が入ると白く見える。
なのに、今回は黒かった。
中心を除いて・・・。
黒く抜けているのは壊死しているってこと。
放射線治療の効果で壊死したのなら、とっても嬉しいこと。

けど、大きくなっていた(T_T)
いままでの傾向から、腫瘍は小さくなっているはずだった・・・。
正確には、放射線を当てた腫瘍は半分くらいになってました。
なのに、そのちょっと後側に、別のものなのか、同じ腫瘍の一部なのか、4cmほどのはっきりした腫瘤が黒く映し出されていました。
全然嬉しくない・・・。

白かったら、放射線当たってなかったんだ~で理解できた。
なのに、おおきくなったのに内部が壊死??
嬉しいと嬉しくないが半々・・・。
どれをどうとる??

いままで、急性肝炎のとき以外は、大きくなる以外はほとんど見え方に変化はなかった。
それが今回は、急に大きくなったのに内部が黒い。
ど~ゆ~こと?
乏血性腫瘍ってヤツ??
調べたら、転移したガンは黒くみえるらしい。
だから、脳のCTも撮ったのか?とか思っちゃう。

それより、腫瘍の種類によって画像の見え方って違うんだ~。
知らなかった・・・。
だとしたら、肝細胞癌じゃないのかも・・・とか思い始めちゃって、調べたら、いろいろあるのね@肝臓の腫瘤

良性腫瘍なら、結節性過形成・肝細胞腫、血管腫など。
結節性過形成は10歳以上なら70%・14歳以上になるとほぼ100%でみられるらしい。
けど、壊死はない。
違うっぽいな・・・。

悪性腫瘍の胆肝細胞癌ってのは、かなり悪性度が高いらしいけど、少ないとか。
リンパ腫はヤだ。
組織球肉腫も・・・。
肝カルチノイドってなに?
悪性腫瘍のほとんどは小さいもので、5cm以上になる前に、2つ3つと増えていき、転移もみられ稀。
これらも違うっぽい。

それと・・・血管肉腫。
おべ。ちゃんの脾臓の血管肉腫の見え方と似ているように見えたのが怖い。
怖くてたまらない。

もっとも多いのが肝細胞癌。
さらに、大きいものは肝細胞癌を疑えと。
やっぱりこれか?

さらに調べたら、人間の場合、高分化型の腫瘍内部で、中・低分化型に変化するんだって。
もっと言うと、ガンになる前の異型結節ってヤツから、高分化型の肝細胞癌~中・低分化型へと進行するとあった。
出生魚か???

しかも、黒く抜けていた中心が白くなるのが、進行する過程だとか。
壊死した領域内で生き残ったガン細胞が、生きるために、さらに強く進化する。
中心部だけ白かったよ(涙)

小さくなるはずだったのに、大きくなっていた。
大きくなったのに、内部が壊死してる。
もしかして、分子標的薬だ~放射線だ~の影響で、悪性度が増してしまったとか?

先生は悪性度は低いっておっしゃったけど、なにか気になることがあるから生検したんじゃないの?
良性腫瘍だって、どんどん大きくなるから、よくないんじゃないの??

調べだしたら、どれもこれも悪いようにみえてしまう。。。
**********
1回目の生検のときは、すぐに細胞を診ていただき、「悪性度の低い肝臓ガン」と、おおよその診断はついた。
悪性度が低いってことに、安堵したのを覚えてる。
2回目のときは、病院側からの申し出だったことや、それまでの経過から、おそらく同じ高分化型の肝細胞癌だと思っていたから、それほど気にはしなかった。
それが、3回目の今回はなんだかイヤな予感がする。
なんだろう。
第六感ってヤツ?
以前、見事にこの第六感が外れたことがあったから、今回もそうであってほしい。

できれば、今後の参考のための生検で、高分化型の肝細胞癌で放射線治療の効果もありますよ~と言ってほしい。
そう言って。

口開いてるし・・・。
(口も閉じて寝ましょう^^;)

検査の結果が出るまでの時間が2番目にキライです。。。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-06-17 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
<<またまた想定外 | ホーム | うまうま >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif