東北旅行@11日目「青森~秋田」
2015 / 05 / 04 ( Mon )
もおおきるの?

あっ、どお~もなの。
朝はからっきし弱いらいちゅです。
**********
昨夜泊まった「道の駅・しちのへ」には、

ヒカルメイジ&フエアーウイン

パッパカパッパカの銅像が。
なんでも、この2頭は青森産のダービー馬だそうです。
馬産地といえば北海道だけど、青森も馬産地だったんだよね~。
道路の向こう側の牧場では、放牧地を気持ちよさそうに黒い馬体が駆けていたので見に行くと、

日本軽種馬協会七戸種馬場

ちょうど馬運車がついたところで、母馬と仔馬が降りてきました。
あとで調べたら、ここは日本軽種馬協会七戸種馬場らしく、おかあさんになるためにやってきたようです。
またいつか、青森からダービー馬が出るといいね。
**********
さ~て、そろそろ出発するよ~。

?

家族旅行村ってなんだっ!?

八甲田山

まだ雪の残る八甲田山を見ながら進んでいくと、

雪ー!

標高も高くなってきて、

壁ーっ!!

道路の両脇には雪の壁が・・・。

高いーっ!!!

どんどん高くなる雪の壁の道を進み、

酸ケ湯温泉

豪雪でおなじみの酸ヶ湯にある、名湯で「ヒバ千人風呂」が有名な酸ケ湯温泉にやってきました。
では早速、朝風呂行ってきま~す。
**********
が、「ヒバ千人風呂」って混浴なんですよね~。
いちおう囲ってあるとかで、思ったよりいけるよ~なんて話を聞いていたので、ここはチャレンジ!

ヒバ千人風呂

その、思ったよりけるという、ヒバ千人風呂がこれだっ!!
(写真はここからパクって借りてきました^^;)
**********
確かにツイタテははあった。
通路にもお風呂にも・・・。
が、入り口から階段を降りて湯船へ向かうのだけど、湯船から見える。
そんなベストポジション(笑)に、ずっと座っている人がいる。という話を後日聞いた。
まあこれはよしとしよう(←?)
肝心のお風呂は、これを見て知ったのだが、ふたつあったらしい。
奥のお風呂の端っこの一部にツイタテが途中まで立てられている、ものすご~く狭い部分が、いちおう女湯。
以前はこのツイタテもなかったらしいので、これは企業努力として認めよう。
が、ツイタテが途中までと言うのがいただけない。
しらじらしい顔して、丸の場所から、おっさんがこっち見ていた。
ありゃ、確信犯じゃ!
「見ればまいね 見せればまいね(見たらいけません 見せたらいけません)」ってあったやろーっ!!
ここ最近は、こういったマナーの悪い男性客が増えているそうです。
あのくそじじーがいなければもっとゆっくり浸かっていたかったけど、あの場所からまったく動かなかったの渋々退散です。
けど、大変気持ちのいい湯で、カラダの芯から温まりました。
くそじじーさえいなければ、今までで一番いい湯じゃなかったかな。
で、内風呂にも入るつもりだったけど、いちいち服を着ていくのがメンドーだったので、ヒバ千人風呂だけにしたら、1日中硫黄くさかったかあさんです(^^;)
**********
お風呂上りは、

なに味だったけ?

これ♪
雪が残っていても、お風呂でポカポカになったから、寒くないので~す。

ひゃっほ~い♪

らいちゅも、ごきげ~ん。
よ~く考えたら、今年初の雪遊びです(^^;)
**********
ちなみにここ酸ヶ湯は、冬になると、ほぼ100%の確率でニュースに出てくる豪雪地帯で、2013年2月26日に566cmの国内で最高積雪量をたたき出した地。
566cm・・・かあさん4人では息ができないほどの高さ(笑)

!?

5月になっても、まだこれだけの雪が残っていました。
きっと、たぶん、想像を絶する冬なんでしょうね。
**********
次はごはん♪

バラ焼き&せんべい汁

十和田といえばバラ焼き。
と、食べてみたいという、八戸名物のせんべい汁。
バラ焼きはすき焼みたいな感じ。
せんべい汁は、なぜせんべいを入れるのか、よくわからない食べ物でした。
**********
さ~て、お腹もいっぱいになったので、奥入瀬渓流を散策しようとと思います。
奥入瀬渓流はこのごはんを食べた「渓流の駅・おいらせ」のあたりから、十和田湖までの14kmが奥入瀬川の渓流。
大きな岩に多くの滝、木々や崖でマイナスイオンをたっぷり浴びられる遊歩道があるけど、この14kmを全部歩いたら4~5時間かかるらしく、往復だと10時間。
それは時間的にも体力的にも無理なので、途中の駐車場に車を止めて~と思っていたら、なんと駐車場はここをいれて3箇所とな。
はぁ~、観光地で駐車場が3箇所(・・?)
こんなに車多いのに、3箇所???
とりあえず、真ん中あたりの駐車場に向かうも、これのどこが駐車場(・・?)
待つ場所もないし、後から車はどんどん来るし~で、ここは断念。
このあともタラタラ・タラタラ進み、3つ目の駐車場で運よく止められたライスネオ号です。
日頃の行いがいいんじゃよ、かあさんの(笑)

寒沢の流れ

道路側の「寒沢の流れ」

奥入瀬渓流

さあ、はりきって行くよ~。

らいちゅについてくるの~。

らいちゅの好きそうなところだからニコニコ。

ざわわ~

川の流れを見ながら、

押さないで~なの

川沿いを歩き、川を渡り、

こごみ

あちこちに「ナマケモノ」にしか見えないグルグルがいっぱい。
そんな散策路をのんびり歩き、

白糸の滝

「白糸の滝」までは50分。

ちゅかれたの~。

ちょっと休憩して、

戻るの~。

戻ることを考え、ここで折り返すことに。

不老の滝

「不老の滝」はちょっと遠いね。

らいちゅははいらないの~。

おべ。ちゃんだったら、間違いなく入水してしまうほど近い川。

九段の滝

これは「九段の滝」

いい運動だ~

この時期ならではの新緑がキラキラと気持ちよく、

銚子大滝

「銚子大滝」まで戻ってくるのに30分。

ほおり投げないで~なの。

往復1時間半、マイナスイオンをた~~~っぷり吸い込んできました。
**********
ここにきて、なんだか空が怪しくなってきたので、

十和田湖

急いで十和田湖へ。

水、ありえないの~。

と~ってもキレイな水なのに、らいちゅはこの透き通るようなお水を見ることは出来ませんでした。
どんどん空が暗くなってくるので、

乙女の像

ちゃちゃっと「乙女の像」と記念撮影し、

十和田神社

「十和田神社」まで行き、

でっかっ!

おおきなおおきな杉の木が並ぶ参道を抜け、

乙女団子

ちょっと腹ごしらえ。
「乙女団子」、ついつい買ってしまうネーミングです。
**********
今日は雨予報が出ていたけど、

降ってきたーっ!

ギリギリセーフでした。
やっぱり、日頃の行いがよいのでしょう、かあさんの(笑)
**********
このあと、お風呂へ行くと雨もあがっていたし、敷地内に洗車場があったので、

きったね~な~。

いい加減洗えよ!状態だったライスネオ号を水洗いし、

バター餅

またまた夜ごはん難民・・・。
時間のあるときに限って、食べるところないんだよね・・・。
結局、スーパーで、定価のままのお弁当と、名物?のバター餅を買い、

偽・ラブラブ

道の駅でイチャイチャ♪
が、となりに来たトラックが荷台の中でBBQ始めたり、ベンチで揉め事があって救急車が来たりで、ちょっと騒がしいところでした。

そこ、ジャマーっ!

まわりに迷惑をかける行動はやめてもらいたいものです。
ちなみに、バター餅は、ほんのりバターの味のする、普通の餅でした(^^*)

11日目

出発時間・・・8:05
到着時間・・・18:30
出発場所・・・道の駅・しちのへ
到着場所・・・道の駅・かづの
お風呂・・・ゆたろう
給油・・・1回(32.00L)
移動距離・・・135.6km
ソフトクリームの数・・・0個

12日目に続く・・・↓ポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-05-04 23:59│ 東北@2015 | コメント(0) | page top↑
<<東北旅行@12日目「秋田~岩手~山形」 | ホーム | 東北旅行@10日目「青森」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif