FC2ブログ
あらためて思うこと
2015 / 03 / 16 ( Mon )
おっひさ~。
4泊5日の犬なし生活から帰ってきたさちぽんです。
それなのに、

ちかぴーさん♪

これは一体どぉ~ゆぅ~こと???

らぶ・ちかぴーさん♪♪

留守の間、「ずっと探してたゾ~」って言ってたから、さぞかし熱烈な歓迎を受けると思っていたのに、なんでお迎えのとおさんに???
しかも、とおさんが仕事に行っちゃったら、

だれ?

「なんでいるの?」みたいな顔して見てるんですけど・・・。
4月並の暖かさなのに、氷よりも冷たいおばあちゃんに、ショック・ビック・大のかあさんです・・・。
**********
で、かあさんひとりでどこへ行っていたかというと、

少なっ!!

びょ~いんでお泊り・・・。
要するに、入院ってやつ。
でも、緊急じゃないから心配しないでね。
**********
「ごはん、これだけ??」な手術前日の夜ごはんに驚き、

マジでっかっ??

「これでどおやって米を食えと!?」な退院日の朝ごはんで、今までの食生活のバランスの悪さ・食べすぎていたことを実感いたしましたが、たぶん、おそらく、きっと、絶対改めることはないと思います(笑)
***********
ここにくるまで、テレビドラマか?小説か??なことが重なり、ライスの治療がなかったら耐えられなかったと思う。
それに手術を1年遅らせたことで、ちょっとやっかいなことにもなっておったようで、術後「かなり痛いはず」だと、とおさんには説明があったらしい。
そんなことになっているとは知らず、麻酔からたたき起こされたかあさんを襲う、この世のものとは思えないような激痛(>_<)
とおさん曰く、「このまま死んじゃうんじゃないか・・・」な顔をしていたらしいです。
血の気もなく真っ白な顔だったらしく、なぜその美白(←?)の写真撮っておかなかったんだっ!と思うかあさんです。
しかし、手術を甘くみておりました・・・。
ちゃちゃっと切っておしま~い。だと簡単に考えてましたが、そんな甘いもんじゃなく、丸1日激痛でのた打ちまわり、麻酔の気持ち悪さから目も開けられませんでした。
15?16??センチも開腹して脾臓を取り出し、麻酔から覚めたら暴れだしたおべ。ちゃんのすごさに驚き、
軽いとはいえ、ライスも毎回の全身麻酔によく耐えてるな~と、本当にワンコってすごいな~と思いました。
と同時に、手術を理解できないワンコに、簡単に手術や全身麻酔を考えたらいけないな~と反省したかあさんです。

だ~か~ら~~~。
あう・・・。

これ、うちにいっぱいあるから~(^^;)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-03-16 20:50│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
<<お留守中のらいちゅ | ホーム | 岐阜大学動物病院で2度目の放射線治療8回目@通院32回目 >>
コメント
--そうだったんですね。--

更新ないからどうしたのかなって思ってました。入院、手術・・・聞き慣れないけど憂うつ感満載のワードですね。でも無事終わったのなら何よりです。しばらくは予後というのがあるでしょうからお大事になさってください。

確かにわんこに限らず動物って忍耐強いと思います。人間は理性だの感情だのを持ち始めたから弱くなったんでしょうね。本能で生きると千里眼にだってなれるらしい、本質的な小さな差異も見つけられるらしいです。

お薬といえば、私も先日3日以上続いた空蓮のひどい下痢と嘔吐にギブアップし病院へ。いただいた薬にビオフェルミン・・・て言うのを見つけ『それで2万円かい!』て思わず叫んでました。。。
【 by: りくくうれん * 2015/03/17 12:38 * URL [ 編集 ] 】
----

★りくくうれんさん
手術がこんなに大変だなんて思いもしませんでした。
ワンコって本当にすごいです。
しばらくは安静らしく、お散歩も行けないので、
らいちゅには迷惑をかけてしまいます。
元の生活に戻れるのはいつかしらね。
【 by: さちぽん * 2015/03/18 21:43 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif