FC2ブログ
急性肝炎@通院23回目
2015 / 01 / 27 ( Tue )
ライスの肝細胞癌への放射線治療中止から2年7ヶ月。
放射線治療をした腫瘍はなくなったけど、放射線治療による炎症だと言われ続けていた部分が腫瘍になり、分子標的薬のパラディア錠での治療を約4ヶ月ほどしたけど、下痢と食欲不振で断念し、5日前に再び放射線治療を開始しました。

そして今朝、急変。

なんか、へんなかもしれないの・・・。

急遽病院へ向かいました。
**********
今朝は一緒に起きてこず、あとでヒョコヒョコ降りてきたライス。
オシッコもして朝ごはんもしっかり完食したものの、ちょっとしたら、うっぷうっぷと吐きそうだったので、トイレシートで受けようとしたら、止まってしまいました。(ジャマしてゴメン)
このうっぷうっぷ(いつもは空腹時にするのですが、今回はごはんを食べたあとでした)、だいたい2~3回するので、まだ出るかもしれないと、様子を見ながらテレビを見ていたら、今度は「うんちょ」と言いにきたので、「もうちょっと待って~」とCMが入るまで待ってもらっていたら、後ろのほうでプリっとし、食べだしたので(ーー;)、慌てて腰をつかんで引っ張ったらキャインっ!!
いつもあ~ゆ~ときは、ウゥーっ!!って大激怒するから、めずらしいな~と、このときはそう思った程度・・・。
スッキリしてないようだったので、外へ出ると、いつものトイレ場所まで我慢できず、すぐにプリっ。
うんちょはゆるくないし、どちらかと言えば硬い。
硬いのは昨日骨を食べたからだと思う。
そのあと動かなくなってしまったので、抱っこして戻る。
家の中では歩いてるけど、動きが鈍く、その場で足踏み踏んだり、背中も丸まっている。
おかしい・・・。
よく見たら、すごく歯を食いしばっている。
歯茎が真っ白・・・。
そ~いえば、うっぷうっぷのときの歯茎は紫だった。
貧血?
出血??
慌てて病院に連絡すると、「出血か循環器系の異常ではないか」と・・・。
もともと、寝起きの歯茎が白くて(これを調べるための血液検査で肝酵素の上昇がみつかり、肝臓腫瘍の早期発見につながった)、循環器系になにかあるかも。とは言われていたし、検査中に2度不整脈も起しているので、気にはしていたけど、心音に異常はないし、それほど心配するようなことではないと思っていました。
とにかく歯茎が白いのはおかしく、血液検査をしてみないとわからないけど・・・とのことでしたが、先生は15時から手術が入っているから、かかりつけ医で血液検査だけでもしてもらって・・・と、診てもらえそうにない感じ。
結果次第では、ほかの検査や輸血が必要かもしれないとのことだったし、かかりつけ医は16時からだし、おべ。ちゃんのとき、「輸血はできない」と言われたので、対処できない状態だったら・・・と思い、「ほかの先生でもいいので診てくださいぃ~(涙)」と。
このやり取りをしたのが13時ちょっと前。
急いで病院へ行ったとしても、15時に間に合うか微妙な時間でしたが、診てもらえることになりました。
病院には14時半ごろ到着。

増えた

出血量なのか、ごはんを増やしたことなのかはわかりませんが、金曜日より0.56kg増えていました。
**********
家を出るときに撮った歯茎の写真と、口輪をしたまま前歯を見てもらうと、やっぱり白く、このまま診察室でエコーをし、腹腔内、膀胱近くに液体を確認。
以前おべ。ちゃんの出血のときは、あちこちが黒かったので、それほど多くはないように見える。
エコーではこの液体が出血なのか腹水なのかはわからず、本当は針を刺して採取して調べるのですが、麻酔をかけないといけないので・・・と、腹水検査はなし。
どこから何が出ているのかはわからないけど、おそらく腫瘍からの出血ではないかとのことで、血液検査の結果次第では輸血が必要になるかもしれないけど、「ライスちゃんは大掛かりになるね~」と・・・。
人嫌いに育ててしまったことを深く反省です。
でも、もし輸血となったら、待合室でかあさんの傍でやってもらうことになりました。
**********
出血の原因で考えられるのは、「腹部に圧力がかかった」
でも、どこにもぶつけてない(はず)。
ベットから降りる音も、階段を降りてくる音も、いつもと変わらなかったし、お腹はどこにもぶつけてない。
人間でも「力んだとき血管が切れる」って言うから、「吐きそうなとき力んだから?」と聞くと、先生は「うぅ~ん」と首をかしげ、放射線かな~と。
4日前に放射線治療をしたことを考えると、原因が放射線治療にある可能性が一番高いけど、現時点では不明。
心音に異常はありませんでした。

血液検査

★血液検査
ヘマトクリットは40%あり、正常値内(・・?)
ただ、金曜日より5%減っていて、ライスの体格で5%は、まあまあそこそこな減り方だそうです。
赤血球・ヘモグロビンも、12月24日の方が低く、血小板も正常値内で、数値上は貧血ではない。
ただ、それほど時間が経っていないので、まだ進む可能性もあるけど、現時点で輸血の必要はなし。
白血球がちょっとあがっていたのは、炎症が起きているからかな。
でも、これも正常値内。
が、

血液検査

ALT値が飛び上がっていました。
出血してあがったのか、放射線治療であがったのかはわかりませんが、おそらく肝炎を起しています。
**********
歯茎が白いのに、貧血ではなく、
貧血ではないから、腹腔内の液体は出血とは考えにくく、
放射線治療をしたあとなので、そこに原因があるようだけど、
結局、現時点ですべてを結びつける理由はわからず、何が起こったかはわからない。
それに、当の本犬はいつもと変わらず吠えてる・・・(ーー;)
異変に気付いてから時間が経ってないので、出血の可能性も否定できず、とりあえず、「痛くないところに~」(ライスの先生のこ~ゆ~ところが好き^^*)と、止血剤を打ってもらい、

止血剤

3日間止血剤を飲んで、金曜日にもう一度診てもらいます。
**********
って、この薬、おべ。ちゃんも飲んでたヤツ・・・。
何錠か残ったけど、なぜかこの薬は引き取ってもらったんだっ!!
クソっ、手元において置けばよかった~(>_<)
とにかく薬が効いて、止血できますように・・・。
それまでは絶対安静です。

ちゅかれた・・・。

らいちゅ、おつかれさん。

ほっといてほしいの~。

うちに帰ってきてから歯茎を見ると、ピンク色に戻っていましたが、ちょっとしんどそうです。
が、

・・・・・。

こんな格好もしています。
おべ。ちゃんは、出血したとき、ただただジーっとしていました。
出血量の違いや、出血してから処置してもらうまでの時間が違うからか、ライスはよく動きます。
でも、動いては、「あー、しんどっ!!」ってな顔してます。
おべ。ちゃんは無駄な動き多かったけど、ライスは余計な動きが多いです。
**********
おべ。ちゃん、やっぱりひとりはいやなのかな・・・。
おべ。ちゃんを失ってまだ2ヵ月半しか経ってないのに・・・。

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

★2015年1月27日


【体重】
 11.40kg

【問診】
 今朝から急に元気がなくなった。口が白い。
 今朝吐こうとして力んで、それから調子が悪くなったようだ。

【超音波検査】
 腹腔内に少量の腹水が貯留(→腹腔内出血を疑う)

【処置】
 (14:45)
 アドナ・・・1mg/kg sc
 バソラミン・・・15mg/kg sc

【処方薬】
 トランサミン錠250mg・・・1回1T 1日2回 3日分

【所見】
腫瘍からの出血に伴う循環血液量の減少により、貧血症状が出たものと考えられる。
放射線照射によるものか、腹圧が加わったことによるものかは不明だが、GPTは照射前よりも顕著に増加しており今後の注意が必要。
貧血(出血)が続くかどうか、状態の変化を明日電話をいただく予定。
30日再診、RT継続するか相談する。

******************************


早くよくなりますように・・・のポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-01-27 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
<<急変から1日 | ホーム | なんとゆ~こっちゃっ!! >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif