FC2ブログ
岐阜大学動物病院での2度目の放射線治療1回目@通院22回目
2015 / 01 / 23 ( Fri )
らいちゅの指定席♪

あたくち、らいちゅ。
またまたお出掛け。
でも、ちかぴーさんいない・・・。
かあさんだけなんて、とっても不安なの・・・。

ヤダ・・・。

不安大的中・・・。
ヤダヤダヤダヤダ、らいちゅ、ここイヤ・・・。
**********
ライスの肝細胞癌への放射線治療中止から2年7ヶ月。
放射線治療をした腫瘍はなくなったけど、放射線治療による炎症だと言われ続けていた部分が腫瘍になり、分子標的薬のパラディア錠での治療を約4ヶ月ほどしたけど、下痢と食欲不振で断念し、白血球も減ってしまったので、セファランチンを飲んで、「1ヶ月後にもう一度血液検査をしましょう」となっていたので、岐阜大学動物病院へ今年はじめて行ってきました。
かあさんの都合で、急遽予約を入れてもらったら、「ちょっとお待たせしてしまうかも・・・」の11時くらいとのことだったので、車の中で待っていると、10時半ちょっと過ぎに呼ばれました。

過去最低体重更新

副作用で減ってしまっていた体重ですが、下痢も落ち着いたし、食欲も大ありなので、戻っているだろうと思っていたのに、先生から「痩せた?」と・・・。
まさかまさかの10.84kgに目を疑いました(◎_◎)
これは減りすぎです・・・。
なんかよくないことが起こっていなければいいんだけど・・・。
(原因がわかったので、後日書きます)
**********
前回、パラディア錠をやめることにしたら、放射線治療をしてみてはどうかと言う話になりました。

この部分は1度目に放射線治療をした場所ではなく、そのときの放射線の炎症を起こしたところで、少しは放射線が当たっているけど、時間が経っていることや、いまのライスの状態などから大丈夫ではないか。とのことで、先生とも話し合い、放射線の先生の意見も聞いてもらい、もう一度放射線治療をすることになりました。
血液検査・CT検査で状態を確認したあと、最終的に判断して放射線治療に入ります。

らいちゅ、まだがんばるの~。

体重が減ってしまったので、いつもより鎮静剤&麻酔を減らしたら、なかなか効かず、今日は起きたまま連れて行かれました。
**********
11時10分ごろ連絡があり、血液検査はほぼ変わりはなかったけど、CT検査で腫瘍がちょっと大きくなっていたとのことで、放射線治療をすることになりました。
12時10分ごろ、「そろそろ終わります」の連絡があったので病院へ戻ると、

終わったの~。

ガラガラ帰ってきました。
「これから麻酔を醒まします」とのことでしたが、このあと首を上げてキョロキョロしてました。
毎回全身麻酔になるのが気になるので大丈夫なのか聞くと、検査のための麻酔は軽いので、それほど心配しなくてもいいそうです。
このあとすぐに戻ってきて、

帰る・・・。

ウロウロウロウロ・・・。

見えない見えない。

落ち着かないので、車で待ってもらうことにしました。

血液検査

★血液検査
白血球は正常で、もう心配はなさそうです。
前回気になった赤血球・ヘモグロビン・ヘマトクリットも元に戻りました。
肝臓で慢性的に炎症が起きているか、下痢が関係しているかもしれないとのことでしたが、結局原因はわからないとのこと。
おそらく、パラディアの副作用かな。
「おべ。ちゃんみたいなこと(免疫の暴走)」は、今後も心配なさそうです。
腎機能の数値がちょっとあがっていました。(これも後日書きます)
肝機能の数値も、またちょっとあがりました。
★CT検査
肝臓の腫瘍は7.6cm×4.3cm(11/28は6.9cm×4.4cm)
毎回きっちり同じ体勢での検査ではないので微妙なところだけど、今回は放射線治療を前提での検査のため、カラダを固定するためのマット(?)に包んでの検査で、次回も同じ体勢での検査となるので、比較が出来るようになります。
壊死した部分がかなり増えてました。
考えられるのは、
・パラディア錠の効果
・腫瘍が大きくなりだして、腫瘍中心部に栄養が行き渡らず壊死してしまった。
CT画像を見ると、壊死した部分のまわりに造影剤がよく入っているようなので、おそらく後者ではないかとのこと。
2013年7月の検査まではそれほど大きくならなかったのに、その後からはちょっとだけ大きくなるのが早いような気がします。(これも後日書きます)
ほかはまったく異常なし。
★尿検査
タンパクも「-」になり、細菌も見られず、特に問題なし。
★放射線治療
CT検査のあと最終的な治療計画を立て、予定通り、1度目と同じスケジュールで、1週間に1回7Gyを5回・合計35Gy。
最初の腫瘍と場所は違うけど、ほかのところで重複する箇所があり、放射線科の先生は胃への影響を心配しているらしく、細心の注意を払っての治療になります。

最初の腫瘍は放射線治療をしている間、小さくなりませんでしたが、もし今回、治療中に腫瘍が小さくなって、それを知らずに照射してしまうと、正常な胃に照射してしまうらしく、3回目の照射前にCT検査で確認することになりました。
**********
最初の腫瘍は放射線治療をしてなくなり、再発もしていません。
定期的に検診を受けてきた2年8ヶ月の間、放射線治療による炎症だと言われ続けていた部分が腫瘍になってしまったものの、ほかには新たな腫瘍もなければ、疑わしい部分もなく、転移もありません。
治療中や終了直後の急性の副作用もなかったし、治療後の半年から数年後の晩発性の副作用もありませんでした。
おそらく今回も大丈夫だと思いますが、やはり「2度目」になってしまう部分があるということがちょっと心配です。

パッチン!

いつものように爪切りもお願いしました。
今日もがっつり切られてます(^^;)

それはいらないの~。

昨夜から絶飲食なのに、お水味のお水はいらないそうです。

また痩せちゃうの~。

ごはんも念のため抜きます。

2015-01-23-12.jpg

病院嫌いの13歳8ヶ月・・・。
治療をするかどうか迷いました。
このまま治療をしなくても、14歳を迎えることはできるだろうし、15歳もいけるかもしれません。
もし治療をしても、効果が出るにはかなり時間がかかると思われます。
5.1cm×4.4cmの腫瘍がなくなるまで1年半かかりました。
7.6cm×4.3cmある今の腫瘍がなくなる頃には15歳・・・。
ほかにも気になるところが出てくるかもしれないし、今は現状維持できている腎臓が先に弱ってしまうかもしれない。
でも、なにもしなかったら、確実にこの腫瘍でつらい思いをする・・・。
1cmが2cmになるのと、7cmが14cmになるのとでは、症状が違いすぎる。

それにネオの肝臓の腫瘍をずっと見てきました。
もちろん、同じ肝臓の腫瘍でも、肝細胞癌と血管肉腫では違う。
血管肉腫は栄養を摂るために、もろくて破れやすい血管をあちこちに作り、腫瘍内は太い血管も血流も多くて、破裂すれば命にかかわります。
肝細胞癌は肝動脈からしか栄養を摂れないので、腫瘍内の血流はそれほど多くなくて、出血しにくいそうですが、そのかわり、どんどんどんどん大きくなる。
この先は胃を圧迫しだし、いずれ食べられなくなり、薬を飲んでも止まらないような下痢が続くのではないかとのことでした。
**********
おべ。ちゃんは大きなお腹をゆっさゆさしながらも、最後までニコニコしていました。
おべ。ちゃんだったから、あれだけ腫瘍が大きくなっても耐えられ、
おべ。ちゃんだったからこそ、あそこまで貧血になっても倒れなかったのだと思っています。
けど、ライスはどちらも耐えられないと思う・・・。
それに、進行の遅いライスの場合は、症状がでたら、しんどくてつらい時間が長く続くことが予想されます。
1度目の放射線治療で腫瘍はなくなりました。
2度目の放射線治療もうまくいけば、また腫瘍がなくなるかもしれない。
なくならないにしても、小さくなれば、そんな思いをさせずにすむかもしれない。
もしここでやらなかったら、きっと後悔する・・・。

らいちゅ、がんばるっ!!

ライス、あと4週間、一緒にがんばってくれるかな。
これが最後の治療です。
ライスの穏やかな時間が少しでも長く続くことを願って、これが最後の治療です。

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

★2015年1月20日


【TEL】
 23日(金)来院、BT&CT検査予定。
 肝臓腫瘍に明らかな増大があれば、放射線治療を開始する。

2015-01-23-ct2.jpg

★2015年1月23日

【体重】
 10.84kg

【問診】
 パラディア休薬により下痢はおさまった。
 食欲もある。
 散歩にあまり行きたがらない。

【CT検査】 内側左葉腫瘤・・・7.6cm×4.3cm(増大)
 腫瘤は動脈相~門脈相において強く増強される。
 内部に造影剤の入らない低CT値結節が増大、増数。

【放射線治療】(内側左葉腫瘍に対して)
 メガボルテージ① 7Gy(6門照射) total 7Gy
 計5回予定

【所見】
パラディア中止後から内側左葉の腫瘤が増大しており、前回から選択肢の一つとして挙げられていた放射線治療を今日から開始することとなった。
2年前に照射した部分とは離れているため放射線障害は起こりにくいと考えられるが、胃や隣接する肝実質への照射はある程度避けられないため、毎回状態を伺いながら慎重に照射していくこととなった。
体重減少に関しては、食事量を増やしてみるとのこと。
ご都合があり、2月末には放射線治療を終えたい。

******************************


らいちゅ、がんばれっ!のポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-01-23 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(3) | page top↑
<<なんとゆ~こっちゃっ!! | ホーム | 大根 >>
コメント
--頑張れ!--

らいちゅ 頑張れ!
いつも応援してるよ( ´ ▽ ` )ノ!
【 by: えあねお母 * 2015/01/29 07:46 * URL [ 編集 ] 】
----

ご無沙汰しております。
ライスちゃん、頑張ってますね。
病気の治療は人もワンコもしんどいけれど、やっぱりずーっと一緒にいたいですよね。
ライスちゃんの穏やかな時間がゆっくりとゆっくりと流れますように、心から願っております!
【 by: モモパパ * 2015/01/29 09:27 * URL [ 編集 ] 】
----

★えあねお母さん
いつも応援ありがと~。
きっと、ライスなら応えてくれると思います。

★モモパパさん
もう一度治療をしてみることにしました。
これが最後の治療です。
少しでも効いて、もっと一緒にいられますように・・・。
ありがとうございます。
【 by: さちぽん * 2015/01/31 23:12 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif