岐阜大学動物病院での分子標的薬治療再開@通院18回目
2014 / 10 / 03 ( Fri )
今週も病院です。

ライスの肝細胞癌への放射線治療中止から2年3ヶ月。
放射線治療は期待以上の効果を出し、照射した腫瘍はなくなったけど、放射線治療の炎症だと言われていたものが腫瘍になり、治療法はないと言われ続けてきたけど、ネオの治療で使う予定の分子標的薬を1ヶ月半ほど試してみたら、これも想定以上の効果があり、もう少し続けようと、薬をもらいに岐阜大学動物病院へ行ってきました。

余裕のよっちゃん

と~ぜん付き添いだと思って、余裕の大あくびのらいちゅです。

なんでいるの???

まさか自分も検査を受けるとは、これっぽっちも思ってないライスが熱い視線を送るのは、助手席で寝ている、いとしのちかぴーさん♪
しかし、ラブラブ光線とゆ~より、助手席を陣取られ、文句ありありの鋭い視線です(^^;)
**********
こんなことがあって、予定外の検査を受けることになったライスの検診に、とおさんも一緒に行きたいというので、おべ。ちゃんの検診も1日ずらしてもらい、ゾロゾロと一家総出でやってきたおべ。家です。

大放尿ちう

検査の前に、出すもの出してすっきりし、まずはおべ。ちゃんから。
**********
おべ。ちゃんを預けたあと、

今日はお外なの~。

今日はお外なの?
ごはんは??
寝ないの???
のライスと外で待っていると、

なんだろね。

なにやら高価そうなものが2台。
何の検査機器なんでしょうね。
**********
10時半ごろ呼ばれて、

なんで?なの~。

ガッツリ口輪を装着して診察室へ。
朝ごはんを食べてないけど、体重はほぼ変動なしの12.15kg。
調子のいい証拠です(^^*)

ん??

VIPなライスは診察室で処置をします(^^;)

痛くなかったの~。

今日の血管確保は、やり直しもなく、グリグリもなく、一発成功!
前回何度もやり直したことを覚えていたのか、今日は最初から上腕をチューブで縛ってくれたので、ライスがムキムキするスキもないほどスムーズにぷちゅ~とできました。
こ~ゆ~細かいところまで配慮してくださる先生が、気の難しいライスの担当医で本当に助かってます。

鎮静剤?

少しづつ鎮静剤と麻酔を入れて、

寝るの・・・。

ぐんにゃり・・・。

おやすみ~なの。

このまますぐに検査に向かい、お迎えは12時前。

いってくるの~。

裏口から、ガラガラと検査室へ向かっていきました。
らいちゅ、いってらっしゃい。
**********
おべ。ちゃんが先に戻ってくる予定なので、11時ちょっと前に戻り、待合室から診察室の中を物色していると、

爪切りちう

あっ、らいちゅ、いた(*^^*)
パッチンパッチン爪切りしてもらってました。
**********
11時、ライスの先生を、あまり引っ張っることなく、まずはおべ。ちゃんがご帰還(・・?)
「ライスちゃんも連れてきていいですか。」とのことで、できればおべ。ちゃんの説明が終わってからがよかったけど、麻酔の時間も短いほうがいいので、続いてライスもご帰還。
フラフラしながらも、先生を誘導して戻ってきました(^^*)

だれっ!!

まだ麻酔から覚めたばかりで後足はフニャフニャしてるのでフセをさせましたが、目はギンギラギンで周りの動きを監視してます。
ちょっとくらいゆっくりしようよ。

誰か通ったっ!

11時40分、まずはおべ。ちゃんの検査結果を聞き、そのまま診察室を移動することなくライスの結果へ。

血液検査の結果

★血液検査(7/25より)
白血球も血小板も問題なく、貧血の心配もなし。
腎機能も正常値内で現状維持。
肝機能の数値は、
・GOT(20~32)・・・23(-23)
・GPT(17~78)・・・101(-177)
・ALP(47~254)・・・1217(-2152)
GPTとALPはまだ正常値より高いが、どの数値も激減してました。
2012年4月から、ここまで下がったのははじめてで、これは本当に「もしかして」があるのかもしれません。
そして、

CT画像

CT画像を見せてもらった瞬間、とおさんのわけのわからん根拠のない自信が確信に変わりました。
**********
★CT検査
7月25日は9.3cm×5.6cmだったものが、5.2cm×3.3cmと、6割以下まで小さくなってました。
胃も圧迫されておらず、ライスが絶好調なのはこのおかげかもしれません。

先日の電話で、現時点での効果があった報告として、「薬が効いていたとしても、腫瘍の大きさが変わらない程度」とのことだったし、最初からダメもとではじめた治療なので、先生は期待していなかったと思います。
その証拠に、薬をやめたとき「効果を見てみましょう」ということにならなかったのですから・・・。
それが、この結果です。
一番驚いたのは先生です。

あとでネオの先生がおっしゃってました。
「もしかしたら、国内初かもしれない」と・・・。

それだけ誰も期待してなくて、驚きの結果だということです。

と~ぜん「できれば続けてほしい」というのが先生の意見です。
なので、調べたことと、あらためてパラディア錠について、ライスとネオの先生の意見を聞きました。

・効果について
現時点でこの薬を使うタイミングが、もうどの抗がん剤も効かなったときや、もうなにもできなくなったときなので、すでに病状がかなり進行していたり、状態が悪くなっていることが多く、効果を得る前に亡くなってしまう場合がほとんどであること。
続けるには高価過ぎることや、規定量を服用すれば、ほぼ100%の確立で副作用が出るため、途中でやめるコが多いことなどから、なかなか効果を確認するまでいかないとのこと。

ただパラディア錠も抗がん剤なので、永遠に効くものではないはず。
ガン細胞はいつか薬に耐える力を持つようになり、薬よりがん細胞のほうが強くなる時期が来ます。
そうなると、悪性度が増すということになる。
悪性度が低いライスのがん細胞に薬剤耐性がついてしまって、悪性度が増してしまうのは怖いけど、「それがいつなのか」「本当にくるのか」はわからない。
ただ、ライスの先生が言うには、このまま薬をやめた状態だと、また大きくなるとのこと。

まだまだ新しい薬なので、やってみないとわからないことばかりなのが現状のようですが、ただひとつだけ確かなことは、ライスに分子標的薬は効いたということです。

放射線治療が中止になってから、もうなにも出来ることはないと言われ、ただただ大きくなるのをみていくことしかできませんでしたが、ネオの治療で分子標的薬の存在を知り、ダメもとで試してみましたが、副作用で下痢になったため、途中で断念することになり、また大きくなるのをみていくしかなくなりました。

分子標的薬が効いているなんて思ってもなかった8月、思い切って聞いてみました。
「あとどれくらい生きられますか」と・・・。
そしたら、「おそらく1年は厳しいでしょう」とのことで、はじめて余命宣告を受けました。
ただ「肝細胞癌と寿命とどちらか」という感じでしたが、元気な中型犬MIXなら、14歳はなんなくクリアできる歳です。

あの時点で「もしかしたら寿命で」ということだったので、腫瘍がひとまわりもふたまわりも小さくなった今、また治療を再開したら、本当に寿命を全うすることができるのではないか。
もしかしたら肝細胞癌に勝てるのかもしれない、などと思ってしまいます。

本当はこれで岐阜大学動物病院での定期検診は最後にするつもりでした。
分子標的薬を再開するつもりもありませんでした。
でも、ここまで効果があると、欲が出てしまいました。
あきらめられません。

先生ともよく話し合い、薬の量を減らして、もう少し続けてみることにしました。

ラブ・ちかぴーさん♪

らいちゅ、もうちょっと一緒にがんばってくれる?
欲張りで、あきらめの悪いかあさんに、もうちょっとだけつきあってくれるかな。。。

ライス・・・本当に希望の光になるのかもしれません。

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

★2014年9月29日


【TEL】
 26日にHDで血液検査を行ったところ、肝酵素値が低下していた

 9/26(5/31) ※ 数値が逆
  ALT・・・182(113)
  ALP・・・778(409)
  GGT・・・ 89( 40)

 パラディアをやめて体重増加(12.26kg)
 下痢も止まっている。

 →パラディアの効果による血液検査が改善したかはまだ分からない。
 〇早い段階でCTを撮り、病変部の評価を行う
 〇1ヶ月後くらいにHDでもう一度血液検査を行ってもらう
 について提示。

2014-10-03-ct2.jpg

★2014年10月3日

【体重】
 12.15kg

【問診】
 初診から29ヵ月、RT終了から27ヵ月経過。
 パラディア投与期間は約2か月、休薬から2週間経過。

 休薬してからは一般状態良好(軟便改善、朝食も食べる)。

【CT検査】
 腫瘍縮小・・・5.6cm×3.6cm (7月25日は9.0cm×5.4cm)
 胃の圧迫は解除されている。
 その他遠隔転移は認められない。

【処方薬】
 パラディア錠10
  1回1T 1日1回 2日毎 36日分
 自宅に余っている15mg/tabと1錠ずつ飲ませることで、2.08mg/kg EODに減量して継続することとなった。

【所見】
パラディアにより腫瘍の縮小を認めた。
このまま縮小を維持するためにはパラディアの継続投与が望ましいが、副作用としての下痢が強く出ることから用量を下げるか投与間隔を延ばすか、どちらかの対処が必要となる。
ご相談の結果、まず投与量を下げてみることとなった。
3ヶ月後にCT。
(腎臓や不整脈のことを考え、最後になるかもしれない)

******************************


↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-10-03 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(6) | page top↑
<<検診@通院18回目 | ホーム | もう1度だけ。 >>
コメント
--miracle♪--

わぁーーーーーO(≧∇≦)O
これぞミラクル!!
凄いよ。。ライスぅ♪♪♪
信じるものは救われる~!!
家族皆の信じるココロが通じたんだねぇ(⌒‐⌒)
まだまだ頑張れるよぅ~

また報告待ってます。。。
【 by: Bisco * 2014/10/06 22:22 * URL [ 編集 ] 】
----

こんなに変化が確認できるなんてすごーい!
らいちゅちゃんの頑張りに女神さまが微笑んでくれたのかしら
薬が原因の下痢だからしょうがないと自己判断しないで主治医の先生のところできちんと検査したママえらい!諦めなかったパパもすごい!

あの時に気が付いてやれば・・・とかあの時こうしていたら・・・とか考えても後悔してもどうしようもないことで悩むのが治療
でも、らいちゅちゃんには光が見えてきた
後は副作用との兼ね合いだもの
岐大の先生と連絡取りながらママさん頑張ってね

らいちゅちゃ~ん
可愛い笑顔でいてね
イイコイイコと撫でまわしてあげたい(怒られるか?)
【 by: まりん * 2014/10/07 08:22 * URL [ 編集 ] 】
--うっわぁ~ちっさくなってる!--

本当に本当に、目に見えてちっさくなってますね。家族の勝利!だと思います。

まだまだ戦いは続くのでしょうが、『これがこの子の寿命』より
『可能な寿命をまっとうした』のほうが何倍も素敵♪
私も今後もし同じ立場になったら見習いますね。

付き合ってくれるライスさんに私からも感謝のエールを送らせてください。
【 by: りくくうれん * 2014/10/07 12:56 * URL [ 編集 ] 】
----

こんにちは!!

小さくなったなんてすごい!

良い結果がでて、私も凄く嬉しいです。

ひめも分子標的薬どうかと先生に

言われているので、私もやってみようと

思います。

【 by: ひめまま * 2014/10/07 13:21 * URL [ 編集 ] 】
----

やった!らいちゅちゃん♪祝
ミラクルが起きるんじゃないかと・・
ひそかに期待していたきなこです。
パパさんの勘、見事大当たりだったね!
これぞ家族の愛の賜物。
あきらめないってこと
本当に大事なことなんだよね。。。
14歳、いやいや15歳めざして
まだまだがんばってね、らいちゅちゃんっ!
(もちろん頑張りすぎず、にね)
【 by: きなこ * 2014/10/07 22:45 * URL [ 編集 ] 】
----

★Biscoさん
まさかまさかの嬉しい結果でした。
何事もやってみないとわからなものですね。
らいちゅはまだまだがんばってくれると思います。
ありがと~♪

★まりんさん
先生が一番驚いてました。
整腸剤をのみながら続けていますが、いまのところ下痢はしてません。
このままうま~くいけばいいんだけどね。
らいちゅって、ホントにわからない子です(^^*)
ありがと。

★りくくうれんさん
これはホントに驚きの結果です。
まさか小さくなるとは誰も思っていませんでしたから・・・。
また検査しないといけなくなるけど、らいちゅにはもうちょっとがんばってもらいます。
ありがと~です。

★ひめままさん
ちょっと前にメールしたんだけど、もしかして届いてなかったかしら?
いろいろあるお薬だけど、先生が薦めてくれるなら使ってみるのもいいですよ。
ありがとう。

★きなこさん
ご期待にお応えできて嬉しい限りです(^^*)
あらためて、「あきらめない」って大切だと思いました。
まだまだらいちゅには傍にいてもらいます。
ありがとう。
【 by: さちぽん * 2014/10/08 21:24 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif