予定変更の検診@通院16回目
2014 / 09 / 19 ( Fri )
次回の検診は9月26日(金)でしたが、急遽休診日になったので変更を~の連絡をいただき、24日(水)になりましたが、14日(日)にお腹にしこりを見つけてしまい、無理を言って再び変更してもらいました。

着いても起してくれなくていいですよ。

毎日何度も歯茎をチャックし、破裂や出血の恐怖におびえながら、4日間を過ごしたかあさんと、
いつもと変わらずニコニコの4日間を過ごしたおべ。ちゃんです。

聞いてないの・・・。

と~ぜん、ライスも1週間前倒しです。

またここですよ・・・。

なんか久しぶりに来たような気がします。

おいらの座るとこないですよ。

先週1週間お休みだったためか、待合室は激混みで、座る場所はありませんでしたが、混んでた割には10時前に呼ばれました。
完全予約制なので予約がギューギュー詰めってことはないはずなので、先生の数に対して、診察室が足りない・・・といった感じかな。

ちゃちゃっとお願いしますですよ。

体重はほぼ変わらず23.15kg。
最近気になることは、夜のお散歩中に立ち止まることが増えたこと。
たまに歯茎の色が薄いかな~と思うこと。
ただ、元気もあるし、食欲もあります。
それと、お腹にしこりが触れること。
この体勢でしこりに触れることはありませんが、肝臓の腫瘍が一気に大きくなったのかな~。な場所です。

かあさんは来ないですか・・・。

前回から4週間経っているので、腹部と心臓のエコーと血液検査で、1時間ちょっとのお預かり。
今日はすんなり検査室へ入っていきました。
**********
このあと、ライスの先生とすっかり話し込んでしまい、終わってライスを車までお送りして戻ってきたら、すぐに呼ばれました。

★腹部エコー
やはりお腹に触れたしこりは肝臓の腫瘍が大きくなったもので、8月22日の5.6cmから3cm大きくなり8.5cmになっていました。
4週間でというより、数日で一気に大きくなったと考えられます。
これが血管肉腫の怖いところです。
肝臓の左端にできたものなので、これ以上左に大きくなることはできず、右側に伸びてきてるそうです。
出血した感じも、内部に変化もなく、そのまま大きくなっと考えられます。
ほかの箇所やリンパ節はキレイで、腫瘍はこのひとつだけなので、もし取っていたら・・・と考えてしまいますが、「たられば」の話をし出したらキリがありません。
★心臓エコー
転移らしきものもなく、心筋もしっかり収縮していて問題なし。
ホントに心筋に異常があるとは思えません。

血液検査の結果

★血液検査
腫瘍が大きくなったことで、貧血が進んでいます。
貧血には
・赤血球は作られている「再生性貧血」
・赤血球が作られていない「非再生性貧血」
・赤血球だけでなく、白血球・血小板も作られていない「再生不良性貧血」
があり、

再生性貧血は、赤血球が作られている以上に減る量が多い状態なので、減った分を戻そうと、どんどん赤血球が作られているから、若い赤血球(網状赤血球)は増加している
・出血の場合は、止血・もしくは輸血
・免疫の異常による溶血の場合は、免疫を抑える治療

非再生性貧血は、赤血球が作られていないので、若い赤血球(網状赤血球)は減少していく。
・抗がん剤投与やガンの骨髄転移などで骨髄自体がダメージを受けていて赤血球が作られていない場合は、どんどん貧血が進むので輸血
・むしろ貧血を改善しようと、骨髄では通常より多くの赤血球が作られてるにも関わらず、骨髄内での免疫の異常で赤血球が破壊されているので、免疫を抑える治療
・その他

白血球・血小板は減っておらず、再生不良性貧血ではないので省略。

若い赤血球(網状赤血球)の数を調べた結果、前回は弱い再生性の貧血とのことでしたが、今回は0.6%と通常の1%より少なく、非再生性の貧血になるそうです。
非再生性貧血の場合は、骨髄検査で骨髄の中に若い赤血球(網状赤血球)がみられるかどうか(多いのか少ないのか)を調べてからの治療になるのだけど、次回骨髄検査をして結果が出てから治療をはじめるのでは、その間に貧血が進んでしまう可能性もあるし、腫瘍のある肝臓で赤血球が変異してしまい、その変異した赤血球を免疫が異物と判断して壊しているだろうとのことで、ステロイドで免疫を抑える治療をして、1週間後に改善がみられるか血液検査をすることになりました。
(ん?これは溶血じゃないの?)
**********
★抗がん剤
貧血の改善を優先するため、抗がん剤治療は中止。
抗がん剤をやめ、免疫を抑える治療になるので、腫瘍が大きくなる可能性があります。

2014-09-19-10.jpg

★内服薬(免疫抑制)
通常ステロイドの量は体重1kgあたり1mgだそうですが、副作用の出る可能性が高い免疫抑制剤のシクロスポリンを使わないかわりに、多めの1kgあたり2mgをのむことになり、なんと1日1回1シート(10錠)と大量に服用することで、肝機能の数値があがるかもしれないとのことでした。
ステロイドといえば多飲多尿・食欲増進ですが、吐き気もあるかもしれないとのことで、念のため胃薬ももらいました。
多飲多尿になるので、服用は朝の方がいいそうで、今日から1週間、お水ガバガバ・おしっこジョボジョボ・腹ヘリへりコ生活です。
**********
今日は説明を受けてから、

ただいま~ですよ。

ご帰還のおべ。ちゃんです。
それだけ深刻な状態ということなのでしょうか・・・。
**********
ここに来て一気に進行した感じで、先生に「今どれくらいの段階ですか」とお聞きしましたら、「最終段階まではいってないけど、その手前」だそうす。

あ~んなこととか、こ~んなこととかしてきたですよ。

こんなにニコニコしているのに・・・。

うんめっ♪

食欲だって、

残してもいいですよ

ライスの分まで狙おうとするくらいあるのに・・・。

背中白くなったな~。

元気なだけに病気が憎くて憎くて仕方ありません・・・。
でも、まだまだがんばってくれると信じています。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-09-19 23:59│ 血管肉腫 | コメント(0) | page top↑
<<ごはんの変更 | ホーム | 岐阜大学動物病院での分子標的薬の中止@通院17回目 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif