岐阜大学動物病院での分子標的薬の中止@通院17回目
2014 / 09 / 19 ( Fri )
おべ。ちゃんを預けたあとは、ライスの番です。

ライスの肝細胞癌への放射線治療中止から2年2ヶ月。
放射線治療をした腫瘍はなくなったけど、放射線治療の炎症が腫瘍になり、それに対しては何も治療法がないと言われ続けていたけど、分子標的薬のパラディアのいう薬を試して1ヶ月半。
副作用は少ないと言われているはずが、下痢の粘膜便が続くのでやめることにしたことを報告するため、岐阜大学動物病院へ行ってきました。

みんながらいちゅを見るの~。

待合室もいっぱいなので、今日は入り口横のトイレへつながる通路ではなく、一番奥の検査室へつながる通路でこっそ~り&ひっそ~り潜んだのですが、外に出たいから入り口に向かおうと必死で・・・でも、待合室には人がいっぱいいて、目が合って声なんかかけられちゃうと、吠えて吠えて吠えまくり・・・。
しかも、裏?だから、先生の出入りが多く、見つめられちゃうと、吠えて吠えて吠えまくり・・・。
それに、

あれ、ガラガラゆ~やつ・・・。

大っキライな、ストレッチャーも控えていて、
(ストレッチャーが動くときのガラガラの音がキライなのでR)

外行くの~。

ここなら・・・と思ったのですが、まったく落ち着きませんでした・・・(ーー;)
しかも、いつもならすぐに呼ばれるのに、今日は全然呼ばれない・・・。
で、もう限界・・・。

らいちゅはここなの~♪

外で待つことにしました。
余裕かまして待合室をのぞいておりますが、かわいいシッポは正直です(^^;)
**********
10時40分ごろ、よ~~~~~やく、先生が外まで呼びにきてくださいました。

過去最低体重更新!

体重は増えてると思ったのに、食べなかった旅行後に記録した最低体重を、まさかまさかの更新・・・。
なぜだっ!?
ただし、ごはんの内容を変更した16日から、ちゃんと食べているので、すぐに戻るはずです。
**********
今日も検査はありません。
体重を量って、薬をもらうつもりでの予約でした。
しかし、続く下痢はパラディア錠の副作用と断定し、何度も先生と連絡を取りながら、なんとか3ヶ月は・・・と続けてきましたが、あまりにひどいので、7月28日からはじめた分子標的薬@パラディア錠による治療を、3ヶ月どころか、2ヶ月を待たずに断念することにしました。
ライスの肝細胞癌は進行が遅く、薬や治療の効果が現れるのも時間がかかるので、2ヶ月で腫瘍が小さくなるとは考えにくく、効果を確認するための、全身麻酔によるCT検査もしないことにしました。
なので、今の時点で効果があったかどうかはわかりません。
とおさんは絶対にある!と、わけのわからん根拠を唱えているので、少しは効果があってほしいです。
放射線治療も、以前照射した部分と重複する箇所があるため、ほかの臓器に影響が出る可能性があることから、こちらも断念することに.・・・。
これでまた出来ることはなくなってしまいました・・・。
この先はなにか症状がでたら、その都度対処療法で過ごすことになります。
そのため、こちらでの全身麻酔による定期検診をしたとしても、「また大きくなりました」となるだけなのが目に見えていて、ライスに負担がかかるだけなので、もうやめてもいいかな・・・と考えており、次回の予約はしませんでしたが、まったく状態を知らずにいるのもな~と思うし、正直言ってかかりつけ医1本にしてしまうのは不安があるので、様子をみながら今後検診を受けるかどうかは決めたいと思います。
それと、一時BUNがあがったことから腎機能の低下を疑って2ヶ月ごとに検診をしてきましたが、もうずっと正常値内で落ち着いているので、もしかしたら一過性のもので腎機能は低下していないのかもしれないとのことでしたが、腎臓はあるところを過ぎると一気に悪くなるので、これからもかかりつけ医で2ヶ月ごとに血液検査と尿検査は続けます。

もう来ないの~。

放射線治療中止後、もう何も出来ることはないといわれていたライスにとって、分子標的治療は希望の光でした。
主に肥満細胞腫が対象の治療薬だけど、ほかの腫瘍にも効果があるということもわかってきているようで、肝細胞癌に効くか効かないかはわからないけど、この先の動物医療の力(おおげさだな^^;)になれば・・・との思いと、飲み薬なので、通院・検査のストレスもなく、ライスの負担にならないだろうと思い試してみることにしましたが、残念ながらライスには副作用が強く出てしまい断念することにしました。
**********
パラディア錠は体重1kgあたり3.25mgを服用することになっているそうですが、この量を使うとほぼ100%で消化器系の副作用がでるそうです。
そのため、ライスは2.5mgと少ない量からはじめましたが、それでもあれだけの下痢を起してしまいました。
ちなみに最低量は2.3mgだそうです。
パラディア錠も抗がん剤ですが、従来の抗がん剤との違いは、正常細胞にはダメージを与えず、がん細胞だけを攻撃するという夢のような薬であり、理論上は副作用が出ないないということでしたが、実際は副作用が強く出る薬のようです。
今年の4月に発売になったばかりのお薬です。
これから改良に改良を重ね、多くの病気に効くものが出てきて、どんな病気も治ってしまうような、そんな薬ができたらいいな~と思います。

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

★2016年8月29日


【TEL】
 混合ワクチンを打ちたい。
 パラディアを飲んだ日に便がかなり柔らかくなり、飲まない日は少しよくなる。
 →整腸剤と一緒にのませてみていただくよう指示。

★2016年9月9日

【TEL】
 軟便が続く。
 1日休薬すると便は形が出てくるので、パラディアによるものだと思う。
 →休薬前に効果を判定するべきだが、軟便の程度によってはやめることも可能。
 効果がある場合でも投薬からどれくらいで縮小が見られるかわからないので、2ケ月の時点でCTをとってもあまり参考にならないかもしれない。
 放射線治療に関しては、前回ほどしっかりと当てきることはできないだろう。
 そうすると縮小がのぞめないこともありうる。
 9月24日に今後の相談(それまで3日に1回に減薬する)。

★2014年9月19日

【体重】
 11.65kg

【問診】
 初診から28ヶ月、RT終了から26ヶ月経過。

(お話のみ)
 パラディアを飲むと、軟便がひどい。
 3日に1回に減薬し、整腸剤を飲んでても下痢をすることがある。(かなり改善はした)
 朝はあまり食べないが食欲は変わらず。
 パラディア投薬期間は現在2ケ月弱。

【所見】
CT検査提案するも今日は希望されず。
パラディアは今日から休薬。
放射線治療も行わない。
ただし経過は見ていきたいとのことで、次回(TEL入る)CT検査を行うこととなった。
また2-3ヶ月ごとに紹介病院で血液検査を行っていただく。

******************************


↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-09-19 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(4) | page top↑
<<予定変更の検診@通院16回目 | ホーム | 決断 >>
コメント
--とおさんは絶対にある!に1票!--

私もそう思います。お二人がこんなに考えて、ライスさんもこんなにキライなあれこれを乗り越えているのだからあるに決まってます。

動物医療ってほんとに進展がわかりにくく、獣医さんの選択基準もなかなか難しいと思うことがしばしばです。なんていうのかな、『本気』が伝わってこなくって、こちらも本気がうまく伝えられなくって、それはまぁ、私の勉強不足が最大の問題でもあるのですが、結局人間性に頼るだけになってしまうのが現状です。

余談ですが、腎細胞癌を乗り越えるのに薬投与をあきらめた、現在13歳のワンちゃんのブログでもいろいろ勉強させていただいてます。よければのぞいてみてください。タイトルは『雑種犬風のひとりごと』9月3日の記事で過去を振り返られていますが、高齢犬との付き合い方など私には参考になることが結構あります。
【 by: りくくうれん * 2014/09/25 11:01 * URL [ 編集 ] 】
----

★りくくうれんさん
「ある」と思って入れはあるし、
「ない」とおもっていたらない。
なので、「ある」と思うことにしました。
そうそう、合う合わないもあるだろうけど、
先生によって全然違うんですよね。
今はなんだか忙しくて、時間ができたらのぞいてみます。

【 by: さちぽん * 2014/09/25 21:04 * URL [ 編集 ] 】
--コハちゃんライオン達は…--

うちの2にゃん肥大型心筋症は進行してゆくのみ…病院に連れてってもエコーして進行具合を確認するだけ、しかも必ず帰宅後は危篤状態くらいまで具合が悪くなるんで(。-_-。)薬は続けるが病院には連れて来ないよ!宣言を先生にしてきました。治らない悪くなる一方と言われるのは辛いです。
【 by: えあねお母 * 2014/10/03 22:28 * URL [ 編集 ] 】
----

★えあねお母さん
そのうち慣れるかな~と思って連れていくんだけど、やっぱダメだね(^^;)
【 by: さちぽん * 2014/10/06 21:16 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif