かかりつけ医で腎機能の定期検診@3回目
2013 / 11 / 24 ( Sun )
今年の冬は寒いらしいですが、そうなのかな~と思うさちぽんです。
だって、香嵐渓はロングダウン必要なかったも~ん。

どこいくの?

やっほ~い♪
今日もお出掛けなの~~♪♪
と思ったら、

・・・・・。

びょお~いんだったの・・・。
しかも、

やめれ~なの。

針、刺されたの・・・。
**********
予定では2ヶ月後の定期検査でしたが、前回の血液検査後から食事内容を変更したので、ちょっと早いけど血液検査・尿検査をしに行ってきました。

血液検査の結果

腎機能の低下が疑われたのは、7月の岐阜大学動物病院での検査。
脱水の疑いもあったので、そのままの食事内容(高タンパク・低脂肪)で様子をみて2ヶ月後に再検査すると、やはりBUNが高値のままだったので、とりあえずタンパク質を3.6gから2.2gに減らした食事内容に変更しました。
で今回、BUNは29から18に下がり、クレアチニンは1.2から1.5とちょっとあがったけど、どちらも基準値内。
それと、前回調べなかった電解質もお願いしましたら、ナトリウムとカリウムは低値、クロールは高値。
(岐大ではず~っとナトリウムが高かったのに、なんでだ???)
そのほかは肝機能の数値が高値で、それ以外はすべて基準値内。
尿検査の結果は、前回タンパクがプラスだったけど、今回はマイナス。
それと、岐阜大学動物病院の先生に相談したときに、尿比重を調べてもらったほうがいいとのことだったのでお願いしたら、1.024と低く、血液検査の結果とあわせて判断すると、初期の腎機能低下となってしまいました。
**********
7月の定期検診後から調べまくった腎臓食の多くは「低タンパク食」でしたが、中には「超低タンパク食でないと意味がない」というものや、さらに驚くべきことに、「腎不全の患者にタンパク制限をしてもまったく効果がない」というものまであり、実際、今は腎不全の患者にタンパク制限をしないという話も聞きましたが、とりあえず、タンパク質を減らした食事内容に変更はしたものの、もし今回の血液検査の結果に変化がなければ、肝臓のことを考え、元の食事内容に戻すつもりでしたが、BUNが下がったし、体重の減少もみられないので、もうしばらく続けてみようと思います。
ただ、カロリーを補うためとはいえ、今までより脂質と糖質を多く摂らなければならない食事内容が本当にいいのかは不安になります。
まっ、今までと違ったことをするのは勇気のいることだし、今後も定期検査とライスの調子をみていこうと思います。

ちょっと増えた♪

おべ。ちゃんの血液検査と超音波検査は予定通り来月なので、今回は体重測定のみです。

もっとちょ~だいですよ。

体重測定だけなのに、おやつパクパク。
うしろからの熱い視線をまったく感じず、おやつをパクパク食べてきたおべ。ちゃんです(^^*)

やっぱり、年齢には勝てないね・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2013-11-24 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
<<第2弾♪ | ホーム | 香嵐渓@2013 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif