FC2ブログ
病院・ビョーイン・びょうい~ん
2012 / 07 / 03 ( Tue )
本日、病院日和なり(←??)

8時半から健康診断のとおさんは朝飯なし。
14時半から健康診断のかあさんは昼飯なし。
お互いに、朝飯(昼飯)を食べるのを、生ツバのみながらみていたとおさんとかあさんです(^^*)
それから11時半・・・食事規制などないのに食べたがらないライスを連れてかかりつけ医へ。
と、病院三昧&バラバラごはん。
昨日病院に行ったおべ。だけが、しっかりごはんを食べれられました。

だれかのにおいするの。

今までのライスの検査結果をもって、かかりつけ医に行ってきました。
毎回、検査・治療の報告は送られていたようで、おべ。の先生の意見は大学病院と同じでした。
ワタシたちは、摘出手術での完治を希望していましたが、大学病院・かかりつけ医ともに、「もし腫瘍が大きくても1葉だけに留まっていたら摘出手術も可能だったかもしれないけど、2葉にまたがっているので摘出するにはリスクが高い」とのこと。
残念ですが、摘出手術による完治は無理のようです。
この先、腫瘍は大きくなり、痛みが出てくる可能性もあるので、対処療法で過ごすことになるのではないかとのことでした。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*----*
★2017年5月訂正
おべ。の先生の意見は、大学病院とほぼ同じでした。
ワタシたちは摘出手術での完治を望んでいましたが、大学病院では「手術はできない、放射線治療しかない」の説明だけで、どうしても「放射線治療がしたい」という感じにとれていました。
なので、本当に摘出手術はできないのか聞いてみました。
おべ。の先生も、「もし腫瘍が大きくても一葉だけに留まっていたら摘出手術も可能だったかもしれないけど、二葉にまたがっているからむずかしいだろう」と。
先生が以前勤めていた病院で行われた肝臓の手術で、術前はとても元気だったのに、術後の容態が思わしくなったケースがあったことなど聞きました。
ワタシたちが思っている以上に、肝臓の手術に耐えるには、相当な体力が必要だということを知りました。
また、中型犬の寿命は14~15歳。
ガンの進行が遅いことを考えると、先に寿命を迎える可能性もあること。
これらから「リスクが高い」というのは「摘出手術がむずかしい」ということではなく「総合的に判断すると、ライスの場合は摘出しないほうがいいのではないか」ということでした。
今後、腫瘍は大きくなり、痛みが出てくる可能性もあるけど、対処療法で過ごすことになるのではないかとのこと。
放射線治療で腫瘍が小さくなったら、摘出手術も可能になるのかもしれないとのことだったけど、無理して取らなくても、このまま穏やかに過ごすことが、ライスにとって一番いいのかな~と思います。
*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*


早く、帰りたいの。

ただ、少しだけど放射線治療の効果は出ているので、月末の再検査のとき、残りの治療を続けるのか、それとも薬での治療になるのか、今後の方針については、納得いくまで聞いてこようと思います。
**********
今まで1年に1・2回と、ほとんど病院に掛かってこなかったライスだけど、今回だけでカルテにははさみきれないほどの資料が増えてしまったので、ライス専用のファイルを作ってくれました。
これからも、先生がビックリするくらい増やしていこうね。

おうちでは・・・。
やっと出れたですよ~。

おいてかれて、バリケンの中で暴れていたのでしょう。
出したら、ヘロヘロ・・・。
9歳になっても、ひとりでお留守番ができないおべ。ちゃんです(ーー;)

今日は寒かった・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2012-07-03 20:53│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(2) | page top↑
<<とある日のお食事風景 | ホーム | 新たなる心配事? >>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 by: * 2012/07/03 22:08 * [ 編集 ] 】
----

★鍵コメさん
応援、ありがとうございます。
まだ知らないうまうまもいっぱいあるので、がんばってくれると思います。
また、ライスの顔見にきてくださいね。
【 by: さちぽん * 2012/07/04 21:08 * URL [ 編集 ] 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
spacer.gif