膵炎でした
2016 / 03 / 01 ( Tue )
もうなにもしない。
きっと、想像を絶する、おそらくとても短い時間を送ることになる。
そう覚悟したのは昨日の夜。

けど、本当は納得してない。
とおさんの言うことはわかる。

このまま穏やかに・・・。
それはかあさんも同じ。
けど、このままだと、穏やかに。ってのは厳しい。
それに、どうしても納得できないことがある。

岐大の先生が言うとおり、
本当に腫瘍が胃を圧迫して、胃の入口が狭くなって食べ物が流れていかない可能性は十分あると思う。
でも、膵炎ではないかと思っているから・・・。
もし膵炎だったら、これからしようとしてることは、とんでもなくライスを苦しめることになる。

かあさんが納得したいだけなのかもしれないけど、
ほかの先生の意見が聞きたくて、免疫療法でお世話になった病院へ電話しました。

免疫治療の途中で急性膵炎になってしまったので、その後、
お散歩中に吐いて倒れたこと
診察台から落ちて、震えて吐いて麻痺が出たこと
急性膵炎から慢性膵炎になってしまったこと
25日から食べては吐くを繰り返していると、今回の経緯を話すと、
やっぱり膵炎を疑う症状で、可能性もかなり高いそうです。

そして、このままでは、餓死するのを待つしかない。
そうはっきり言われてしまいました。

わかってました。
このままだと、食べても吐いてしまって、ただただ弱っていくのを見るだけだって・・・。
わかっていたけど、そう言われると、涙が出てきました。

本当にこのままなにもできず、餓死するのを待つしかないのだろうか・・・。
そんな不安の中、こちらの先生は、時間外の電話にも関わらず、丁寧にわかりやすく説明してくださいました。

膵炎の治療といえば、入院して徹底的に治療するのが一般的。
なので「入院ですか」とお聞きすると、
入院ができないコはライスだけではなく、
そんなコには、自宅で治療してもらうとのことでした。

まずは、これ以上体力を落とさないこと。

入院すれば点滴で栄養は補給できるけど、自宅での治療だとそれができないので、無理にでも食べさせて、耐えられる体力をつけること。
けど、ただ食べさせるのでは吐いてしまうので、脳に「吐かせない!」と働かせる、強めの「制吐剤」を使い、
強制的に食べさせ、
強制的に吐かせないようにし、
ステロイドで炎症を抑える。

「私ならそうします」とのことでした。

膵炎であれば、治療方法がある。
膵炎なら、なんとかなるかもしれない。

また、おいしく食べられるようになるかもしれない。
また、笑ってくれるかもしれない。
まだ、一緒にいられるかもしれない。

ここまでこんなにがんばってきたのに、
ならなくてもいい膵炎になって、
痛くて気持ち悪くて、
食べたくても食べられなくて、
このままつらい思いをさせ続けてそのままなんて、そんなことさせたくない。
絶対にイヤだ。

本当に腫瘍が胃を圧迫して食べ物が入っていかないのないのなら、病院と検査はストレスになるだけ。
けど、膵炎だったら治療できる。

すぐに結果が出る検査キットがあるそうで、
膵炎なのか、そうでないのかだけは、はっきりさせることにしました。

結果から言うと、

膵炎でした

膵炎でした。
この1週間があほらしく思えるほど、あっさりと膵炎の診断が出ました。

真ん中のふたつの水色のポチ?の、右側のポチが、左側より濃い、もしくは同等の色なら膵炎の可能性がかなり高いという「犬膵特異性リパーゼ」という検査なので、ほぼ間違いなさそうです。

こんなに簡単に判断できるのに、どこでもやってもらえなかった検査です。

まんまや・・・。

いただいた説明に書かれていたことは、今回すべて当てはまっていました。

12月に病院の申し出によって行った生検で急性膵炎になって、
軽度のものだからと、治療しなくていいって。

sれが、1月には急性膵炎から慢性膵炎になった。と言われて、
それでも特になにもなくて・・・。

2月24日から食べてもすぐに吐いてしまって、
食欲不振があって、
腹痛があって、
下痢もずっとあって。

26日にも、
28日にも、
29日は2回も・・・。

1月に膵炎の経過をみたいと言ったら、数値よりライスの状態で判断すればいいって言ったのに・・・。
何度聞いても、膵炎じゃないって言ったのに・・・。

結局膵炎でした。

血液検査①

血液検査も一緒にしてもらいました。
貧血や脱水の心配はありませんでした。
貧血ではないけど、赤血球が薄くて小さいからRDWが高いのでしょう。
今回はちゃんと血小板も測れ、問題もなさそうです。
白血球が高く出てないのが気になるけど、それより、

血液検査②

肝酵素のALTとALPが振り切っていました。
さらに黄疸も出てました。
もともと肝酵素の数値は高いのだけど、1ヶ月前と比べて、ありえないほどあがっていました。

1月29日の検査で、診察台から落ちたときにお腹を打っているので、その影響で一気に肝細胞癌が暴れだした可能性もなくはないと思う。
ただ、アルブミンもしっかりあるので肝機能は低下しておらず、おそらく膵炎からの影響ではないかとのこと。

もし昨日岐大に電話がつながっていたら「CT撮りましょう。っ」てことになったのかもしれないので、知らずに麻酔なんてかけたら・・・と思うと恐ろしくなりました。
とおさんが、「もう検査をしたくない」というのは、
「検査のための麻酔で戻ってこれなくなるのが怖いから」ってのが一番の理由です。
**********
膵炎がどういうものか、膵臓に炎症が起こる経路などを、紙に書いて説明してくださいました。
膵臓からの管が炎症で狭くなって、膵液が逆流しているとか、
胆管が炎症で狭くなって、胆汁が逆流しているとか、
膵臓が炎症を起していて、そこから直接膵酵素がでて、胃や肝臓に炎症を起しているとか。
わかりやすくて、納得いく説明でした。

肝細胞癌でなければ、普通?の膵炎です。ってことだけど、
肝細胞癌である以上、それが原因である可能性が高いのかもしれない。

黄疸が出ていることや、コレステロールが高いので、胆汁が逆流しているのか、狭くなって流れが悪いっぽい。

エコーを撮れば、胆嚢が腫れているとか、肝臓がどうなっているとか、もうちょっと詳しくわかるようだけど、「ではしましょう!」ってことにはなりませんでした。
こちらの先生も、負担になる検査はしない先生です。

原因はどこであれ、膵炎で確定なので、早速電話で説明していただいた治療をはじめたいところ。
が、ひとつ問題が・・・。

これだけ肝酵素の数値が高いと、ステロイドが悪いほうに出てしまう可能性があるそうです。
それと、可能性は低いけど、もし感染性の炎症だった場合、ステロイドを使うと悪化させてしまう。

肝細胞癌が胆管を圧迫していて、胆管の中の胆汁が細菌感染していたら、ステロイドは使えないわけだけど、かといって、炎症を抑えないといけないので、いまはステロイドにかけるしかない状態。

免疫療法をしたときに伝えた、
つらくなく、
苦しくなく、
しんどくなく、
美味しいものを食べて、
穏やかな時間を過ごさせてあげたい。
というのは、かなり厳しいそうです。

とりあえず吐き気止めだけ使って、そのあとにステロイド。でもいいそうだけど、一か八か一緒に始めることにしました。

その薬ですが、

おいらのお薬ですよ~。

うちにあるんです(^^*)
セレニアという強力な吐き気止めと、
ステロイドのプレドニンです。
そう、おべ。ちゃんが飲み残したものです。
おばさんになると図々しくなるもので、「実はあるんですぅ~」と持って行くと、先生は(?_?)な顔してましたが、これでいいそうです。
まあね、おべ。ちゃんのことはチラッとしか言ってないので仕方ありません。
いまさらですが、もっと早くにこちらの病院を知っていたら、おべ。ちゃんにも免疫療法したかったです。

この大きさのセレニアではライスには多いので、半錠を1日2回。
ごはんを食べさせる30分~1時間前に飲ませること。

ステロイドは1日1回1錠をごはんと一緒に。
10錠飲んでいたおべ。ちゃんと比べたら、かわいいもんです(←?)

薬をもらわないのも申し訳ないような気がして(笑)

おいらにもくださいですよ~。

療法食をいただいてきました。
今度はちゃんと療法食から始めたいと思います。
まずはペースト状の大きい缶を少しづつ。
その前にお薬。
が、

・・・・・。

だよね~(ーー;)
ほんのちょっとのi/d缶でお薬を包んだら、一緒に食べてくれました。
その1時間後、

おいち~の。

よくやくごはんです。
大さじに2杯ほどをお湯で溶いたら、ものすごい勢いで食べました。
けど、怖かった。
また震えだすんじゃないかと思って怖かった。
これで吐いてしまったら、もうどうすることもできないのではないかと、本当に怖かった。

なんかへんなの~。

毎回10~30分ほどで震えだしていたけど、40分過ぎても大丈夫っぽい。
けど、動きが鈍くなりました。
自慢のクリクリシッポが、タリタリを超えて、巻き巻きになりました。
痛みなのか、吐き気なのか、何かに耐えている感じにみえます。
けど、

ふぅ~。

なんとか今回は耐え切りました。
ホッとしました。
これでなんとかコントロールできればいいけど、膵炎の原因が何なのかわからないので、やってみないとわかりません。

減りすぎです・・・。

体重も11kgまで減ってしまったので、これ以上減らないように、なんとか薬で吐き気を抑えつつ、少しづつごはんを食べて、乗り切って欲しいです。
これまで数々の奇跡を起こしてきたライスです。
ライスなら、きっとやってくれると信じています。
**********
今回のことに関して、何やってんだー!って思われた方はいらっしゃったと思います。
ご意見もいただきました。
ありがとうございます。
あれだけの症状が出ていたにもかかわらず、どうしてここまで治療をはじめるのが遅くなってしまったのか。
それと、何よりあきらめかけてしまったことを深く反省しています。

これで安心という状態ではないものの、
このまま・・・という状態を回避できて、ひとまずはホッとしています。
焦らず、ゆっくり、少しづつ、けどしっかり確実に回復に向かうよう、治療をしていきます。
そして、今までどおりの、穏やかな時間が戻ってくることを願っています。

また今回も、いつもライスのことを応援してくださる方のお言葉に本当に助けられました。
本当にありがとうございました。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-01 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(2) | page top↑
落ち着いています
2016 / 03 / 02 ( Wed )
急変するような状態ではないんだろうけど、
夜中は何度も何度も息をしているか確認したり、
お腹が上下に動いているのをみて安心したりして、
結局ほとんど眠れずに朝を迎えたさちぽんです。

ネムネム・・・。

らいちゅがグッスリ眠れたのなら、それだけでいいです。

わっ♪

療法食のドライフードはいらな~いって言ってたくせに、缶詰は美味しいらしいです。
それほどお腹が空いているということなのかもしれません。
この1週間、まともに食べてないもんね。
薬が効いて、ごはん食べたあとも、震えなかったし、吐きませんでした。
けど、

・・・・・。

気持ち悪いのか、
痛いのか、
じーっと突っ立って、耐えている感じ。
お腹をかばうように、ゆ~っくりフセをしたりしながら、なんとか耐えています。
**********
昨日の病院は水曜日がお休みなので、かかりつけ医に電話しました。
ほとんど食べていないからか、急激に痩せたような気がするし、
あいかわらず水はほとんど飲まないので、輸液の相談をしました。
ライスの病院嫌いを知っているので、2~3日様子を見て、療法食も食べなくなったり、お水も飲まなくなったら連れてきてくださいとのこと。
それならば~と、

飲むかな~。

ただの水よりはいいそうなので、ひとっ走りしてきました。
息切れしました・・・。
**********
健康な人(脱水ではない人)が飲んでも美味しくないというウワサの真相を確かめようと飲んでみました。
塩味が濃くて、美味しかったです(・・?)アレ???
どうやら、かあさんこそ脱水のようです(^^;)

眠り姫

昼間はひたすら寝ていました。
「出来るだけ体力は温存して」と言われても、
どんなにしんどくても、動いていないと気がすまなかった誰かさんとは違います。
(誰って?そりゃ、おべ。ちゃんしかいないでしょ^^;)
しっかり休んで、体力を温存してください。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-02 23:59│ 新・日記 | コメント(4) | page top↑
今日のらいちゅ
2016 / 03 / 03 ( Thu )
ぱっか~ん

今日は1回ヘソ天になっただけで、あまり調子がよくありませんでした。

・・・・・。

おトイレに外に出たら、フラッフラのヨロヨロ・・・。
ほとんど歩けませんでした。

抱っこしたら、昨日より軽かったです。
あんなにムッチムチしてたのに、手に伝わってくる感触はゴツゴツ。

一気に痩せました。
顔もゲッソリしています。

おべ。ちゃんの痩せ方と似ています・・・。

食べてないからか、んこ。は出ませんでした。
おしっこの色を見ようと、トイレシート持ってお散歩へ行きました。

そんなに黄色くなかったです。
おべ。ちゃん的、普通の色です。

おいち~やつがいいの。

缶詰が足りなくなりそうだったので、夜ごはんはお粥とドライフードにしてみました。
ちょっと食べていらないそうです。

お粥だけでも食べませんでした。
お粥にジャガイモを入れたら、少しだけ食べて、残しました。
ジャガイモだけにしたら食べました。

けど、食べたあと震えました。
療法食でないとダメみたいです。

明日もらいに行ってこよう。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-03 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
うまくいかない
2016 / 03 / 04 ( Fri )
2日寝てないさちぽんです。
眠い。
眠すぎる・・・。
なのに、寝ないコがいます(ーー;)

ウロウロ・ウロウロして、オシッコなのかな~と下に行くと、台所をのぞいています。
ドライフード10粒食べさせて2階に戻ると、
カツカツ・カツカツして、んこ。かな~と下に行くと、台所に鼻を突っ込んでます。
あんなにいらないと言っていたドライフードを50粒も食べました。
とにかくお腹がすいているようです。
明日の朝はおいしいヤツあげるから~と約束して、なんとか寝てもらいました。

ぶっ倒れるか、
インフルになるか、
どっちが先でしょ~(^^;)

おいち~♪

お約束どおり、今朝は小さいほうの、「こっちはみんな美味しいって食べるよ~」の缶詰を半分あげたら、ものすごい勢いで食べ、結局1缶ペロリと平らげました。
ちょっと量が多かったから、大丈夫かな~と心配したけど、ケロッとしてます。
けど、もう缶詰なくなっちゃった。

かかりつけ医に「缶詰ある~?」って電話したら、まさかまさかのお取り寄せ~(◎_◎)
腎サポ缶がないのは仕方ないけど、
低脂肪ならあると思ったのに、置いてないって・・・。

土曜日にもらえばいいや~と思っていたから、1個でいいのに、なんと、ケース単位だそうで~す。

けど今日のごはんがない・・・。
今注文すれば夕方には入ってくるってことだったので、高いの覚悟でお願いしました。

プリッと出たの~。

食べてなかった火曜日、整腸剤と下痢止めを使わなかったら、水曜日の朝、下痢だったので、今はどっちも飲ませているけど、食べてる量が少なすぎるのか、下痢止めを使うと出ません。

昨日は出ませんでした。
やっと出た今朝のブツはいいやつです。
でも、ちょっとだけ血がついてました。
下痢止めは夜だけのほうがいいのかもしれません。

食事の量とお腹との相談です。

ごはん?

今日の昼間は調子がよかったようです。
**********
3日ほど薬を飲んだら病院へ連絡することになっていたので、えいっ!と、あれもこれも聞きました。

今は吐き気止めが効いて、なんとか食べることができているけど、
食べると消化酵素が出て、
その酵素が、どこかに炎症を起こすから、
それをなんとかしないといけないんじゃないかと思うので、
タンパク質分解酵素阻害薬はどうなのか?と聞くと、

ラムネを「お薬だよ~♪」って言われて飲んだら、「効いた!」って言う感じのものらしいです。
**********
エラスポールという注射がいいって聞いたんだけど・・・。

本日2度目のお取り寄せで~す(ーー;)
けど、やってみる価値はあるそうです。
でもでも、5日連続注射になるそうです。

今病院へ行くことは、精神的にも肉体的にも負担になっているから、片道1時間はちょっと迷う・・・。。
なのでダメもとで、かかりつけ医にも聞いてみました。
そしたら、いつもであるそうです(◎_◎)

あると思っていたらなくて、
ないと思ったらあって。

できれば1ヶ所ですませたいのに、うまくいかないですね。

また病院なの・・・。

夕方、かかりつけ医にごはんをもらいに行ってきました。
注射も打ってもらうつもりでした。

が、打ってもらえませんでした。

なんでも、すでにかなりあがっている、AST・ALT・ALP・ビリルビンがあがるという副作用があるとのこと。
それと急性の炎症に使う薬なので、慢性の場合はどおかな~ってこと。
それより、膵炎では使ったことがないから、使うのが怖いそうです。

もう一度、免疫療法の先生に確認しました。
今日は何度も何度もすみません。

リスクは・・・あるそうです。
本当なら、ステロイドを使うのも心配な状態だそうです。
(そうなの?おべ。ちゃんときは、バンバン出されたけどな~)

もうひとつ上(?)の治療をするなら使うのもありだけど、
もしかしたら、肝機能障害が出てしまうかもしれないそう。

今の治療が効いてないのなら使ってみるのもいいけど、
今のところ、吐き気止めとステロイドで落ち着いているので、安全策をとるなら、このままもう少し様子をみるのもいい。

最終的に決めるのは飼い主さんです。とのこと。

いままでは少しでも可能性のあるものはやってきたけど、いまはやらないことにしました。

・・・・・。

さらに体重が減りました。
このあたりで止めないと、ホントにヤバイです。

どん!

ごはんはた~っぷり1ケースあるので、しっかり食べてください。
腎サポ缶みたいに、1缶食べていらな~いとかナシでお願いします。
**********
お薬も効いているようなので、ちょっと多目の150gあげたらペロリと平らげました。
お腹も大丈夫そうです。
ごはんを食べたあとは、動きが鈍り、しばらくはじーっと耐え、
そのあとは、

ちあわちぇ♪

ライスにとって、なにより幸せな時間です。
この幸せな時間が、少しでも長く続きますように・・・。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-04 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
今日も病院
2016 / 03 / 05 ( Sat )
昨夜、オシッコから帰ってきてから、ガタガタ震えだしたライス。
ごはんのあとも大丈夫だったからいいと思ったのに・・・。

ゲップやら、うっぷやらと一緒に、ちょっとだけ何か(ごはん)が出てくるけど、
吐き気止めをのんでいるからか、吐くことはありませんでした。

けど、吐けないから、なかなか震えが止まらず、結局2時半ごろまで起きていました。

そのころになって、ステロイドをのませるのを忘れていたことに気がつきました。
ごめんなさい。

こういうときは温めたほうがいいはずなのに、お布団をかけると嫌がるし、
硬くて冷たい床にお腹をつけていることが多い。
けど、フカフカのお布団に乗せたら、すぐに落ち着き、朝までグッスリ寝ていました。

これでひとつはっきりしました。
長めに歩いたあとはダメだということです。
**********
昨日はあっちの先生にも、こっちの先生にも、何度も何度も電話し、
お友達から教えていただいたことや、
気になることを、一気にぶつけました。

どんな質問をしても、わかりやすく、納得できるまで説明してくださるから、安心して治療ができます。
こんなに当たり前のことが、どうしていままでなかったんだろう。
そう思うと、これまでのことが本当にあほらしく思えます。

こちらの病院ではなにも検査をしていないので、
ちゃんとエコーを撮ってみることにしました。

けど、昨夜ガタガタ震えたので、朝の調子をみてから決めようと寝覚めると、

まだ眠いの~。

普通におはよ~さんのらいちゅです。

どよよ~んな顔しているけど、体調が悪いわけでないので、しゅっぱ~つ、しんこー!です。
微妙に間に合うかどうかの時間だったので、途中で高速に乗り、

よくないの~。

到着。
準備はいいですか?
いいですね。

完全装備

肝酵素の数値は気にはなるけど、血液検査は火曜日にしているから、先生の判断で今回はせず、今日は詳しい膵炎の検査をお願いしました。
結果は後日です。

昨夜のことも話しました。
動くと内臓も刺激を受けるので、敏感な膵臓に影響もあるそうです。
火事と例えられる膵炎、絶対安静の意味もわかりました。

動きすぎたこともあるけど、
それより、ステロイドを忘れたことが、いけなかったようです。
ガタガタ震えるのは、痛みと吐き気と両方からだそうで、ステロイドは痛み止めでもあるので、忘れないよう気をつけないといけません。

よくステロイドは怖いと聞くけど、今のライスにとっては必要な薬だと思います。
今後の状態を見ながら、減量もしていくつもりです。

そのステロイドを使って3日。
状態が悪くなってないということは、感染性の炎症の可能性は極めて低いとのこと。

黄疸が出ているから、胆管閉塞から胆嚢破裂になるのが怖かったので、エコーでしっかり診てもらうことにしました。
ライスはエコーが大嫌いです。
けど、今回は必要な検査だと思い、我慢してもらいました。

胆嚢を探すのが大変でしたが、胆嚢は腫れてなさそうです。
けど、胆泥が溜まってました。
今まで言われたことなかったのに・・・。
コレステロールが高かったので、その影響だそうです。
胆管閉塞が起きないとはいえないので、ウルソは使わないほうがいいとのことでした。

朝ごはんを食べてないから、胃は空っぽで小さくなっているので、圧迫されているかどうかはわからないけど、ちゃんと機能しているそうです。

エコーを撮って、今の治療がベストだということがわかりました。

食べると酵素が出て、それで炎症が起こるから、
ごはんの回数を減らしたほうがいいような気がするけど、
でも、1回の食事量が増えれば、酵素の量も多くなるような気がするので、
どうしたらいいかと聞くと、
膵炎でもみんな同じ症状が出るわけではないし、
同じ治療をすればいいというものでもないので、
ライスに合った方法を探していくしかないそうです。

ちょっと動いたあとは、よくないことはわかったので、
「ライスのいい」を探していこう。

それより、とにかく今は、

目指せ12kg!

これ以上体重を減らさないことが一番。

前回の採血で、3ヶ月前と比べて、びっくりするほど痩せてしまっていたことに先生はビックリしていました。
体重以上に痩せてしまいました。

食べてなくて痩せたという感じではないような気がします。
おべ。ちゃんと同じ痩せ方です。

悪液質ってヤツでしょうか・・・。

ふぅ~。

少しでもいいので体重を戻して、
なんとかお薬でコントロールし、
穏やかに過ごしていければいいなっと思います。

今日も病院おつかれさん。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-05 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
あの日に戻りたい
2016 / 03 / 06 ( Sun )
ライス、今は治療で落ち着いているけど、
あのまま何もしなかったら、
今頃、おべ。ちゃんのところに行ってしまっていたのかもしれない。
そんな状態でした。

元気はあるのに、食べられず、
食べたいのに、食べたら吐いてしまい、
まだまだ生きられる、
生きることをあきらめていない状態なのに、カラダがそうさせてくれず、
そ~やって、ただただ、痛くて、しんどくて、苦しい時間をすごし、どんどん弱ってきてしまっていたんじゃないかと思います。

きっと、桜を見ることはできなかったと思います。

そんな状態でした。
大げさではありません。
本当にそんな状態でした。

慢性膵炎といわれてたので、いつ症状が出てもおかしくない状態だったはずです。
なので、食べては吐くといった症状が出たとき、真っ先に膵炎を疑うべきでした。
それなのに、空腹時間が長くなって吐くことを恐れ、食べさせてしまったことで悪化させてしまいました。
しかも、どうにもならなくて、もうこのまま・・・と、一度は覚悟もしました。

けど、どうしても納得できず駆け込んだ今回の病院で、適切な治療をしていただき、助けてもらいました。
あとでお聞きしたら、
あの時点では今すぐ命に関わるようなものではなかったけど、かなりひどい状態だったそうです。

それを裏付けるような検査の結果が返ってきました。

犬膵特異的リパーゼ・・・1000以上

200以下だと膵炎の心配はないよ~のところ、測定不能の1000オーバー。
膵臓の細胞がガンガン壊れている状態です。

ライスのカラダはウソをついてませんでした。
それにやっぱり数値は正直でした。
**********
それともうひとつ。
昨日のエコーで、想像以上に肝臓の腫瘍が大きくなっていることがわかりました。
正しくは、2ヶ月半前とは、まったく違うものになっていました。
もう肝臓全体がボコボコで、あちこちに転移している状態ではないかとのことでした。

状態は一気に悪化していました。
この短期間で、なぜこんなことになってしまったのでしょうか・・・。

今回の膵炎は、肝臓の腫瘍が原因だと思っています。
逆に言えば、肝臓がこんなことにならなければ、今回の膵炎にはならなかったんじゃないかと思っています。

心当たりがあるだけに、やり切れません。

今回の膵炎で、ライスには一度に、痛みと、つらさと、苦しみを与えてしまいました。
それだけではありません。

ちょっと長く動くと痛みが出てしまうので、今は大好きなお散歩へも行けません。
庭で遊ばせてあげることもできません。

最期まで美味しく食べさせてあげたかったのに、
最期は好きなものを食べさせてあげたかったのに、
今は療法食しか食べさせられません。
明日がどうなるかもわからないのに、
食べることがなによりの楽しみなのに、今は療法食しか食べさせてあげられません。

生きる楽しみをすべて奪ってしまいました。

生かすことはしない。
そう決めていたけど、
好きなものを食べさせたら、痛くて、しんどくて、苦しい思いをさせてしまうから、
そうならないように、薬を飲ませ、療法食を食べさせて、生かすことしかできません。

それなのに、1ヶ月先、1週間先を見るより、今日は1日無事に過ごせた。
今はそんな状態です。
これがライスの現実です。

すべてが狂いだしたあの日に戻りたい・・・。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-06 23:59│ ライス | コメント(4) | page top↑
普通の1日
2016 / 03 / 07 ( Mon )
いらな~い。

ドライフードはいらないそうです。
缶詰は食べて、

だら~ん

今日も無事に1日を過ごせました。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-07 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
んこ。が・・・。
2016 / 03 / 08 ( Tue )
こっち~。

こらこらこらこら、ダメって書いてあるでしょーっ!

でろ~ん

下痢止めを半錠にしたら、ゆるゆるうんこになってしまいました。
しかも、黒い・・・。
どっかで出血してるのかな~。
よくないよね。
黒んこ・・・。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-08 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
食べてます
2016 / 03 / 09 ( Wed )
手作り犬ごはんの師匠と、「スプーン使ってごはんあげるなんて考えられへんわ~」と意気投合したばかりなのに、



まさかのスプーンでごはん(◎_◎)
らいちゅ、実はお上品でしたの(^^*)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-09 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
肉・・・。
2016 / 03 / 10 ( Thu )
お肉がいいの~。

今日はそこそこ食べてくれたけど、療法食に飽きてきてます。
早くお肉食べたいね。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-10 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
うまくいかない
2016 / 03 / 11 ( Fri )
おいち~の食べたいの~。

吐き気止めはごはんを食べる前にのまないといけないので、療法食に包んで食べさせてるんだけど、療法食に飽きてきたので、今朝はのんでくれませんでした。
なので、ステロイドをのませるのが、ちょっと遅くなってしまったら、そのステロイドをのませるための、ちょっとのごはんでも痛みが出てしまいました。

それと黒んこ。が続いているので病院に電話しました。

ステロイドの影響で、消化管から出血している可能性が高いそうで、あまり続くと穴が開いてしまって、それこそ大変なことになってしまうので、いったん止めて様子をみることになりました。
けど、ステロイドをやめると痛みが・・・。
なかなかうまくいかないな~。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-11 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
踏ん張りどころ
2016 / 03 / 12 ( Sat )
1週間ごとに検査をしていきましょう。
ということになっていたけど、今週は行けないのです。

やっちゅけるの~。

車検とタイヤ交換で・・・。
前回の代車@スカイラインには、ほとんど乗れなかったから、今回こそは~と思っていたら、

NOTEかよ・・・。

・・・・・。
けど、せっかくなので、ちょっと乗り回してみたけど、ブレーキが利きすぎてムチ打ちになるかと思いました(笑)

(・・?)

お天気もよかったし、まあまあ暖かかったから、久しぶりに庭に出しました。
カラーがぶっかぶかになるほど痩せてしまっていて、びっくりしました。

とったの~。

食べてなくても、
痩せてしまっても、
元気はあります。
いとしのちかぴーさんを仕留めてご機嫌です。
**********
いったんステロイドをやめて様子をみましょう。ということになったけど、
今朝、吐き気止めを飲ませるために、ちょっと食べさせただけで震えてしまいました。
すぐに落ち着いたけど、ステロイドをのまないと痛みが出てしまうようです。

先生、なんとかして・・・。
と、また電話(^^;)

本当なら入院しないといけない状態のようだけど、性格上、絶対に入院はできないから、
これ以上体重が減って体力が落ちてしまうのは心配だけど、思い切って1~2日絶食しましょう!となってしまいました。
なので、皮下点滴で脱水を予防し、
薬をのむことも膵臓に負担がかかるらしく、吐き気止めとステロイドも注射にし、
治療がうまくいってないようなので、エラスポールも打つことになりました。

1日でも早く・・・と思うも、車がね・・・。
いくらボロっちぃー代車でも、さすがに乗せるわけにいかず、

いまどきね(^^;)

実家から車を借りて、先生の指示の元、かかりつけ医で処置してもらうことにしました。
ひさしぶりのマニュアル車、楽しい(^^*)

あらら・・・。

療法食に飽きてきて、食べないので、必要なカロリーにはまったく足りておらず、ますます減ってました。

きょとん。

3つの病院にかかってるけど、かかりつけ医ではそれなりに落ち着けてます。
これがほかの病院だったら、抑えるのも大変なほど大暴れして、かなりのストレスになるけど、ここでは診察台の上でもキョトンとしてます。
イヤなことしないしね。
たま~に、おやつが出てくることもあるしね(いまはダメだけど)

ハーネスで来てしまったので、腰に点滴してもらって、

ひとコブらいちゅ

ぷっくり。
がんばった点滴のあとは、もうひとがんばりで、ブス!ブス!!ブスっ!!!と、注射3本。

点滴の針がびっくりするくらい太長くて、痛そうなのにへっちゃらだし、
吐き気止めのセレニアは、痛くてキャン!となく子もいると聞いていたけど、これもまったく気にせず。
痛みには強いらいちゅです。

そんならいちゅでも、食べたあとの痛みは、耐えられないような痛みのようなので、なんとか痛みだけはとってあげたくて病院にきたけど、らいちゅはどお思っているんだろう・・・。

食べたあとの痛みだけで、それ以外はなんともないから、お腹はすくらしく、

お腹空いたの~。

リビングの入り口に張り付き、
すきあらば、台所に侵入。
無視してると、

ご・は・ん!

背後から視線が痛い、痛すぎる・・・。
鼻息が当たるほど近づいてくるし・・・。
それでも無視していると、いちいち視界に入ってきて、ごはん・・・と無言でうるさい(^^;)

あと1日我慢して。
少しはよくなるかもしれないから、あと1日我慢してね。
けど、この腹ヘリへリコ、ちゃんと寝てくれるかな・・・。

いまが踏ん張りどころです。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-12 23:59│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
休みのうちに。
2016 / 03 / 13 ( Sun )
お腹空いた。
お腹空いた。
オシッコでるー。
のひと夜を過ごし、

ごはん・・・。

朝から、お腹すいたの~。
さすがに腹ヘリヘリコです。
もうちょっと我慢してください。

過去最低体重更新

お昼前、病院へ。
まる1日の絶食で、過去最低体重を更新してしまいました。
このままでは10kgを切ってしまいます。

どよよよよ~ん

どよよ~んな顔しているけど、
体重も減ってしまったけど、
骨が浮き出てしまうほどやせてしまったけど、
食べてないから、調子はいいです。
皮肉なものです。

今日も注射3本打ってもらって、
皮下点滴でひとコブらいちゅになりました。

食欲がなければ明日も・・・だけど、
腹減ったとうるさいくらいなので、点滴と絶食はおしまい。
明日からは1瓶お買い上げでボトルキープの(笑)エラスポールの注射だけです。
なんとか効いてほしいものです。
**********
お昼からは、

秘密兵器

手に入れた秘密兵器で、

ぶい~ん

芝の手入れ。
昨年はできなかったから、芝のカスがた~んまり溜まっていたらしく、

大収穫?

ごっそり。
これを今まで手作業で、
かあさんひとりでやっていたなんて、びっくりぽん。

秘密兵器だとあっという間だし、
なにより、とおさんがやってくれるから、楽ちん楽ちん。
なんでもっと早く買わなかったんだろ~ね~。

休みのうちに、やれるだけの外作業をしてもらい、
その間らいちゅはというと、

じーっ。

ちらっ。
ぷっくりの背中してても、外に出たいみたいです。
**********
とおさんが芝の手入れを終え、車を取りに行っている間に、

ふかふか♪

かあさんはらいちゅとお昼寝♪
じゃなくて、車様のお布団カバーの作り直し。
まったく、世界地図を残したのは誰でしょうね(ーー;)
(おべ。ちゃんしかいないでしょー)

ふっかふか♪

壊れたファスナーを付け直して、いっちょあがり~。
カバーの世界地図はキレイになって、らいちゅも気に入ってくれたようです。
よかった。
そして、20時半。

待ってましたー!なの。

待望のごはん。
缶詰20gだけど、ペロリと平らげました。
ステロイドは注射で打ってもらっているからか、痛みは出ませんでした。

でろ~ん

あいかわらずヘソ天で、白目のおまけ付き(^^;)

食欲もあるし、
元気もある。
ホントに痛みだけ。
それも食べたあとだけ。
この痛みさえうまくコントロールできれば、穏やかに過ごせるのにな~。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-13 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
痩せちゃった
2016 / 03 / 14 ( Mon )
すぴぴぴぴ~。

痩せちゃったね。
ベスト体重より2kg以上減っていました。

けど、かわいさは変わらない。
いや、増してます(^^*)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-14 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
かわいい(*^^*)
2016 / 03 / 15 ( Tue )
何か?

大きな耳(^^*)
おめめも、本当は大きいんですよ。
本当はね(^^*)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-15 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
新しいごはん
2016 / 03 / 16 ( Wed )
ペースト状の療法食を食べなくなったので、新しいごはんを頼みました。

らいちゅの♪

といっても、療法食です。
朝と昼間の食いつきはよかったのに、夜にはいらないと言い出しました。
まだ22缶も残ってま~す(ーー;)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-16 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
暖かい1日でした
2016 / 03 / 17 ( Thu )
かわいい♪

かわいいらいちゅ(^^*)
と、

こわ~い

こわ~いらいちゅ m)`0´(m
**********

ネコー!

今日は暖かかったから、オシッコから戻ってきてから、ちょっとだけ庭で日向ぼっこ。
ほんとにちょっとだけ(^^;)
10分くらいだったけど、お日様のチカラ、いただけたかな。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-17 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
ぽかぽか日和
2016 / 03 / 18 ( Fri )
お昼寝のジャマしないで~なの。

ごはん、食べてません。
療法食は食べたくないようです。
ほかのものは食べたくて食べたくてしかたありません。

キライなお薬を、かつお節で包むと、
なんでも味わって食べる子が、
絶対に指に歯を当てない子が、
指までゴックン!
喜んで丸呑みします。
ず~っと、お腹は空いています。
好きなもの食べさせてあげたい・・・。

もう療法食やめればいいやん。
やめたいです。

けど、療法食でないと痛がるのです。

先日、鶏胸肉をほんのちょっとあげたら、直後にありえないほどの震え方をしました。
あんなに痛がると、療法食以外はあげられないのです。

なのに、今、唯一食べることができる療法食はどうしてもイヤだといい、
食欲はあるのに、どんどん体重が減ってしまっています。
今日、とうとう10kgを切ってしまいました。

このままだと、どんどん衰弱してしまいます。
食べたいのに、食べたいものを食べられず、本当に餓死してしまいます。

昨夜は、食べたあとでもないのに、痛みで震え出してしまったし、
このままだと、本当に食べたいものも食べさせてあげられず、
ただただ、痛くて、しんどくて、苦しい時間を送るだけになってしまう・・・。

この状態で1週間は厳しい・・・。

痛みがコントロールできないのなら、
もう好きなものを、好きなだけ、たらふく食べさせてあげて、
痛みが出る前に、楽にしてあげるのがいいのかもしれない・・・。

そんなことを考えてしまいます。
ライスにつらい思いをさせてまで、傍にいてほしいとは言えません。

ユキヤナギと。

食べてなくて、やせてしまっても、まだ自分の足で歩けています。

らいちゅ、ユキヤナギが咲き始めたね。
春はすぐそこまで来てるよ。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-18 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
食べられる道
2016 / 03 / 19 ( Sat )
先週までは、治療すれば膵炎はよくなって、必ず回復してくれると信じていたので、
今週はもう一度膵炎の検査と血液検査をするつもりでした。

しかし、この1週間、日に日に状態が悪くなっているから、
今後のことを相談しに病院へ行ってきました。

もおダメなの~。

今朝もごはんは食べなかったし、
病院で別の痛み止めを使ってほしかったから、ステロイドを飲ませなかったら、
途中から、今までにないくらいガタガタ震えだしてしまって、帰ろうかと思ったほど・・・。
けど、帰ったところでよくなるわけではなく、とにかく痛みをなんとかしてほしくて病院へ。

が、思いのほか混んでいるし、
気を紛らせようとしても、どんどん震え方もひどくなって、

ダメって言ったらダメなの~。

震えを通り越して、グッタリ・・・。
限界かも・・・。

泣いてはいけないと思っていても、
そう思えば思うほど、涙があふれてきます・・・。
**********
午前の診察終了時間を30分過ぎたころに呼ばれ、
待っている間の震え方の動画と、
一昨日から、一段と黄色くなってきた白目の写真を見ていただく。

かなりの痛みがあり、黄疸も進んでいるよう。

治療の効果があるように思えないし、
どんどん悪化しているように感じているし、
ステロイドで抑えられていた痛みが、2日前から抑えられないことがあり、
ただの膵炎ではなく、肝臓の腫瘍からくるものだとしたら、
治療しても治らないし、
病院に通うことが負担になると考え、
もう検査も治療もせず、とにかく痛みを取ってほしい。とお願いする。
できることなら、美味しいものを食べさせてあげたい。ともお願いする。

それと、これだけ苦しむのなら、もう終わらせてあげたい。
そろそろ覚悟を決めないといけない時期ではないか。と思っていることも伝えると、
まだあきらめる時期ではないと。

やせてしまっても、
ちゃんと歩いて、
しっかり吠えて、
あちこちのにおいを嗅ぐライスの姿を見て、
ライスちゃんはまだがんばっています。
こんなにがんばっているのに、飼い主さんがあきらめてはいけませんよ。と。

これからは緩和療法に切り替えることにし、
美味しく食べられる方法を、先生が探してくださいました。

ステロイドはこれ以上増やすと、逆効果になる可能性があるそうなので、
事前に聞いていた、今より強い痛み止めを追加してみることにしました。

この薬は脳で痛みを感じなくさせるもので、麻酔に使う薬。
それくらい強い薬でないと、もう効かない状態です。

それに、この薬が効かなくなっても、まだ次があるそうです。
貼り薬の痛み止めは、なかなか管理が厳しいそうだけど、必要になったときには、なんとかしましょう!と。
あきらめることをしない先生です。

ただし、この薬は肝臓に負担がかかるので、さらに黄疸が進むかもしれません。
けど、黄疸が進み、肝性脳症になってしまうと、痛みを感じなくなるのだそうです。

肝性脳症から、意識障害がでるかもしれません。
もし意識障害が出てしまったら、とおさんのことも、かあさんのことも、わからなくなってしまうかもしれません。
けど、痛みを感じなくなり、好きなものを食べることができるのは、ライスにとってはいいことなんじゃないか・・・。

この薬を使えば、好きなもの食べさせてあげられる。
けど、食べさせれば、どんどん膵臓は悪くなってしまうし、
肝臓にも負担がかかる。

それでも、痛くなくて、美味しいものが美味しく食べられるなら、
食べる喜びを取り戻してあげられるなら、
たとえ残りの時間が短くなったとしても、
ライスがライスらしく生きられるなら、
それでいい。
それがいい。

すべてを受け入れ、食べられる道を選びました。

帰るの~。

新しい痛み止めは注射でもできるそうだけど、効きすぎることもあるそうなので、今日はステロイドを打ってもらいました。
そしたら、あんなにガタガタしていたのがウソのようケロッとして、

終わったの~。

らいちゅのクリクリの瞳に輝きが戻りました。
しかも、絶対に待てなかった待合室で、余裕のまったり。
診察が終わったということはわかるようです。
**********
薬は2週間分もらってきました。

???

これがウワサの強い痛み止め。
シロップに鎮静剤が溶かしてあるそうで、のんで30分後から2~3時間効果があるらしく、
効き始める30分後にごはんを食べさせれば、痛みを感じなくなる。とのこと。



今夜は少量の白米と鶏胸肉をブレンダーでドロドロにし、
少しでも負担が減るように、消化酵素を加えて、トロントロンにしたものをあげる。

そしたら、すばらしい食いつき&食いっぷり。

こんなに喜んで食べてくれたのは何日ぶりだろう。
ほぼ1ヶ月ぶりの食いっぷりで、本当に嬉しい。

しかも、震えることもありませんでした。
これで、また食べさせてあげることができそうです。

ただこの薬、効きすぎると、グッタリしてしまうそうで、

なんかへんなの~。

1時間もすると、まさかのグッタリ・・・。

岐大で麻酔から醒めるときと同じ感じで、フラフラして、腰が引けて、口が開いていたり、
オコタに入ろうとするも、途中で力尽きる・・。

ちょっと効きすぎなので、先生に相談しないとね。

それと、

元気注入ちう

おうちで皮下点滴も始めました。
昨日病院で手取り足取り教えていただいたのに、
うまく入っていかなかったり、
針が抜けてしまったり、
液体がピューピュー飛び出してしまったりで、
ドタバタの1日目でした。

らいちゅ、うまくなるまで付き合ってね。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-19 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(2) | page top↑
おそと
2016 / 03 / 20 ( Sun )
おそと♪

お天気もよかったから、窓を開けていたらお外に出てきたらいちゅ。

ちかぴーさん、らぶ♪

とおさんの傍がいいみたいです。
そんなとおさんは、

・・・・・。

芝のお手入れの続き。
せっかくあけた穴の上に乗ったらダメなのにね~。
前も言ったのにね~。

ごはん・・・。

食べれるようになったら、台所が気になってしょうがないらいちゅです(^^*)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-20 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
3連休最終日
2016 / 03 / 21 ( Mon )
2月に新東名が開通したら、河津桜見に行く?とか、
3月の3連休に、霊犬神社行って、箱根まで行っちゃう?とか言ってたのが、
まさか、この短期間で、こんな状態になってしまうなんてね。
たった2ヶ月前のことが、もうず~っと、ず~~っと前のことのように感じます。
**********
そんな3連休最終日は、

お外♪

ちょっとだけお外。
すっかり笑わなくなり、

・・・・・。

シッポもタリタリ。
けど、

おしっこ出たら帰るの~。

少しだけだけど、ちゃんとお散歩にも行ってます。
★続きも読んでくれる?
【 2016-03-21 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
桜はまだまだ。かな
2016 / 03 / 22 ( Tue )
名古屋も岐阜も、桜が咲いたんだって。
年々早くなっていきますね。

桜っておいしいの?

毎年、お散歩しながら見ている桜ポイントまでは、もう行けないから、おべ。ヒルズシティー(←?)の桜はどおだろう。
けど、

彼岸桜?

ソメイヨシノより先に咲く、公園の彼岸桜(たぶん)は、まだまだカッチカチだから、きっとまだまだかな。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-22 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
まだまだ。
2016 / 03 / 23 ( Wed )
ごはん♪

食欲、あります。



小走りもできます。
食べられるようになってから、調子いいです。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-23 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
ごはん事情
2016 / 03 / 24 ( Thu )
慢性膵炎と言われてしまったからには、この先はうまく付き合っていくしかないわけで、
今度は本格的に食事内容を見直すことにしました。

しかし、食事というのは実に難しい。
肝細胞癌で慢性肝炎、腎機能も低下、慢性膵炎のライスに合う食事ってどんなん?

肝臓には高タンパク・高エネルギーだ!ってのもあれば、
高タンパク・高エネルギーはダメ!だとあったり。

腎臓は低タンパク・高脂肪だったのが、
最近はタンパク制限をしないとかあるし・・・。

癌には糖質はダメだとか、そんなことあるかっ!とか、
ケトン食とか言う、究極の低炭水化物・超高脂肪とか、
動物性のものは摂らず、玄米と葉っぱ食っとけ!とか、
極端な食事療法で治ったなどという、胡散くさいものがいくらでも出てくる。
しまいには、水晶とか壺買っとけばいい。なんてところに行き着きそうで怖い怖い(笑)

ただ、膵炎は低脂肪ってのは確か。
さらに、慢性膵炎に低タンパクはよろしくないとかある。

いったいどれを信じていいものやら・・・。
トホホです・・・。

トホホ・・・ではあるけど、細胞の再生や機能回復にはタンパク質が必要らしいので、

膵臓と肝臓は、適度な良質なタンパク質と低脂肪。
腎臓は低タンパクで、カロリーを補うために高脂肪。
食べすぎは注意。
といったところかな。

180度違う食事だな。

今までは進行の遅い肝細胞癌より、
どんどん進んで、回復できない腎機能低下の進行を遅らせるために腎臓食にしてきたけど、
今優先するのは腎臓ではなく、いつ暴れだしてもおかしくない膵臓。
でも、今回の膵炎は肝細胞癌からくるものって先生は言っていたから、肝細胞癌をなんとかするのがいいんだろうけど、もうなにもできないし、しない。

なので、なんとか膵炎が暴走しないようにするしかない。
膵炎の痛みは相当のものらしいし、命に関わることもあるので、この慢性膵炎が急性増悪になることを避けるのが一番。

優先順位は、膵臓→肝臓(腎臓)→腎臓(肝臓)かな。

肝臓と膵臓なら、低脂肪・適量のタンパク質・消化がよくて控えめと、似たような内容っぽいので、なんとかなりそうな気がする・・・ような気がする・・・かも(←頼りないな~)
とにかくやみよう!

膵炎ならこれ~の、1週間しか食べなかった低脂肪のドライフード
どっちにしようか迷ったもうひとつの低脂質のドライフード
腎臓食
基本食
が、どんなもんか調べてみた。

  タンパク質 脂肪
低脂肪 20% 5%
低脂質 21% 5~10%
腎臓食 12.5% 14%
基本 20% 30%

ちゃんと考えられているのね~。
これを体重12kgのライスの必要量と、今まで食べていた手作り食も計算すると、

  給与量
(g)
総カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂肪
(g)
低脂肪 175 605.5 35.00 8.75
低脂質 216 721.4 45.36 10.80~21.60
腎臓食 170 627.3 21.25 23.80
手作り食 210 542.0 32.35 21.08
手作り食(12月末~) 205 495.0 32.35 16.08

腎臓に~と思って考えたはずの手作り食のタンパク質が意外と高くて、かあさんの作るごはんがいい加減なことが判明しました(◎_◎)
おかしいな~。
ちゃんと計算したはずなんだけどな~(^^;)
これで腎機能が低下しなかったのは、やっぱり腎機能は低下していなかったんじゃないの?と、また往生際の悪いことを言ってしまったことは聞かなかったことにしてください(^^;)

今までのごはんだとカロリーが低いけど、体重は維持できていたので、これくらいでよしとし、
タンパク質の量は、同じくらいか、ちょっとだけ増やして、
脂肪を減らした分は、炭水化物で補うしかない。

先生からは炭水化物は控えめに~と言われているけど、
食べないなら炭水化物でもOKとも言われているので、

・タンパク質・・・35~40g
・脂肪・・・10g以下
・総カロリー・・・550kcalは欲しい
のごはんを作りたい。
作れるだろうか・・・。

少なくて、ツルツルの脳ミソをつかって考えたのが、

・白米・・・150g
・鶏ムネ肉(皮なし)・・・100g
・スキムミルク・・・12g
・低脂肪のドライフード・・・45g

・タンパク質・・39.88g
・脂質・・・5.61g
・総カロリー・・・541kcal
・総量・・・307g
これに野菜。

栄養バランスはあとで考えることにして、これくらいならいいんじゃいだろうか・・・。
あとは、体調とお腹の調子をみて、
やっぱり腎臓も気になるので、ネフガードを使い、
膵炎は活性酸素が増えるってことだから、抗酸化物のサプリに、
教えていただいた消化酵素も買い足し、
膵臓に負担のかかりにくい、MCTオイルも足そうと思う。

それが、さあ実践!そう思っていた矢先に、まさかの膵炎増悪。
**********
あれから1ヶ月。
なんとか回復を目指してきましたが、膵炎の1週間は長すぎました。

状態は一向に改善せず、
療法食以外のものを食べると、痛みで震えだす。

もともと小食で、しかもドライフードは好きではないライスは、当然療法食を食べたがらなくて、体重は減る一方・・・。
ほかのものを食べたいというライスに、食べたくない療法食を無理やり食べさせる日々・・・。

これでホントにいいの?
よくない・・・。

ライスはそんなこと望んでない。
もちろん、かあさんも。

強い痛み止めを使って、痛くなく美味しく食べられる道を先生が探してくださり、再び食べる喜びを取り戻せることになったのが先週の土曜日のこと。

ライスごはん①

ようやく「膵臓にいいごはん♪」に見直した、手作りごはん再開。
たくさんの量は食べられないから、以前のようなおじやにはせず、白米が水分を含んで増えすぎない程度に鍋で温め、

ライスごはん②

それを、少しでも消化がよくなるようにと、ブレンダーでドロドロに砕き、

ライスごはん③

さらに、食べる前に分解させてしまおう!と、消化酵素を入れてトロントロンに。
もはや、見た目も楽しむごはんとはいえない、栄養補給のための流動食にしか見えないけど、
それでも、

らいちゅ、おいちい♪

美味しい♪美味しい♪♪と喜んで食べてくれます。
もう一度こんな姿を見られるのは本当に嬉しい。
嬉しいけど、これを食べれば、カラダの中では炎症が広がっていき、どんどん悪くなっていくのは確実なわけで・・・。
それをわかっていながら食べさせているのがつらい。

膵臓にいいごはん♪に見直したごはんが、今は確実に膵臓を悪くし、残りの時間を短くしています。
皮肉なものです・・・。

↓ポチっとお願いします。 にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-24 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
14歳10ヶ月
2016 / 03 / 25 ( Fri )
らいちゅ、14歳10ヶ月になりました。
いつもより美味しいものを~と思っていたのに、状態が悪化して、食べさせてあげられませんでした。

かわいいおばあちゃん♪

昨夜は夜中に何度もトイレに行き、あまり寝ていないようです。
しかも、朝から震えが止まりません。
ちょっと動くと、ガタガタ震えています。

朝っぱらから先生に電話し、
痛み止めをのんで様子をみて、それでも効かないようであれば注射を。ということになりました。

ダメなの~。

痛み止めは2時間ほどしか効きませんでした。

ジッとしている間はいいけど、ちょっと動くと震えだします。
しかも、今までにない震え方です。

今までは、食べたときだけ痛みが出ていたので、
食べられることを目的とした、
3時間ほどしかもたない痛み止めと、ステロイドでコントロールしていて、
ちょっと前まではこれで効いていたのに、もう効かない状態になってしまったように感じます。

ずっと効く貼るタイプの痛み止めに切り替えたいと、昨日相談したばかりなのに、
もうそんな状態になってしまったのでしょうか・・・。

吐き気もあり、うっぷと一緒に茶色い液体が出てくるようになりました。
かなりにおいもあります。

それとまた黒いうんこをしています。
どこかから出血している可能性が高いことから、ステロイドは中止になりました。

痛みが続くようになったし、
ステロイドも使えないので、
貼るタイプの痛み止めに変えたいけど、
取り寄せになってしまうことは聞いていたので、「これから取りに行きます」と言うわけにいかず、
「岐阜大学で取り扱っているか聞いてみてもいいですか。」とお聞きすると、
「ぜひ聞いてみてください。」とのこと。

先月、ライスが苦しんでいるとき、なにもしてくれなかった大学病院。
もう二度と行かないと決めたのに、
そんなくだらない維持は捨てて、大学病院に電話をしました。

そしたら、「ある」とのことで取りに行くことに・・・。

ちょっと動くだけで痛みがでるので、
車での移動はしんどいだろうと、とおさんに取りに行ってもらい、
痛み止めの注射をかかりつけ医で打ってもらおうと思うも、午後の診察は16時から。
しかも、いつもの先生が不在・・・。
さらに何をどう使えばいいかわからないから、指示がほしいとのこと・・・。

それに、かかりつけ医の診察が始まるまで待って、
それから岐大まで取りに行って、
帰ってきて貼って、
効果が出るまでの時間を考えると、
一緒に岐大へ行って、
注射も打ってもらって、
パッチも貼ってもらうのが一番いいのではないかと思い、連れて行きました。

車の中では落ち着いていました。

お久しぶりなの~。

歩いてきて、
あいかわらず吠えるので、
2ヶ月ぶりの先生は???な顔していました。

こんな性格だから、そんなに悪くないように見えるけど、
本当は痛くて痛くて、歩けるのが不思議なくらいです。

うちのコたちは、どうしてこんなにがんばっちゃうんだろう・・・。
**********
検査はせず、
ずっとお腹が膨れているように感じていたので、触診だけしてもらいました。

肝臓の腫瘍は、肋骨の奥に、なんとなく触れる程度で、それほど大きくはなってないだろうとのことでした。

こんな性格のライス。
自分で歩いて、
緊張しているから、それほど緊急を要するようには見えないけど、
本当は痛くて痛くて仕方ない。

なのに、先生は急ぐ様子もなくパッチの説明をはじめたので、とおさんが「先に注射打って」とお願い。
貼るタイプの痛み止めは効き始めるまで半日ほどかかるので、効果が出るまでのつなぎとして、12時間ほど効く、レペタンという痛み止めを先に打ってもらいました。

30分ほどで効くという注射が効きだすのに、それなりの時間がかかりました。
それだけ強い痛みがあるんだと思います。
**********
説明をしないといけないのはわかっています。
麻薬だから、なおさらのことはわかっています。

けど、正直言って、パッチの説明はどうでもいいです。
効くまで12時間かかるんだから、これも早く貼ってください。

再びとおさんが言いました。
「先にパッチも貼って。」

パッチを貼る位置も、あ~だの、こ~だの言ってます。
緊急性がまったく感じられません。
能書き、うんちくはいりません。
1分1秒でも早く貼ってください。

結局腰に貼ることになり、腰の毛を、思いっきり刈られました。
これがもう生えそろうことはないのに、思いっきり刈られました。

それなのに・・・あんなに思いっきり刈ったのに、うまく貼れません。
能書き、うんちくばかり並べていたのに、全然貼れません。

パッチ自体がくっつくのかと思っていたけど、くっつきません。
上からテープで押さえようとしても、テープもくっつきません。

先生も困っています。
困られても、こっちが困ります。

ほかのテープ探してきてください。
ほかの先生に聞いてきて下さい。

くっつかないテープは、何度やってもつきません。
手を出したかったくらいです。

このテープで押さえたら?
結局、手も口も出しました。

あんなに刈る必要ありませんでした。
すっかり細くなってしまった腰にできたハゲが悲しくて、本当に悔しかった。

こんなことなら、うちで貼ればよかった。
早くおうちに帰りたい・・・。

パッチは3日効くものだけど、早く切れてしまったり、週末を挟むことを考えて飲み薬もだしてもらいました。
なぜか5日分もありました。

なんとか落ち着いて診察室を出たけど、
念のため、ステロイドと吐き気止めも打って。とお願いしました。

なんでこっちが言わないといけないんだろう・・・。
**********
注射で打った痛み止めも、
貼るタイプの痛み止めも、
モルヒネをしのぐ鎮痛作用があるものです。

脈が遅くなったり、
眠ってしまったりするほど、効きすぎることもあるそうです。

そんな強い痛み止めのおかげで、うちに帰ってきてからも痛みは治まっています。

新しい痛み止めが効いて、また食べられますように・・・。
また笑ってくれますように・・・。

★2016年10月追記
(2016年3月25日の診察記録より)


【体重】
 9.6kg

【問診】
 痛みが激しく、ずっと震えていて伏せをする時もお腹をかばっている。
 ステロイド(5mg/head)とブトルファノール(最大量とのこと)を投与していたが効果が薄くなってきて、強い鎮静剤を処方してほしい。
 嘔吐が間欠的にあり、吐物は褐色(消化管出血が疑われる)
 体重は10kgを切っている。
 自宅で皮下補液を行っている。

【身体検査】
 体重減少(BCS 1-2/5)
 可視粘膜および皮膚黄染
 外観および触診上、肝臓腫瘤は肋骨を超えた腫大はなさそう。
 左肋骨下に触知。

【処置】
 17:00・・・レペタン 0.1mg/head SC (0.01mg/kg)
        →30分後くらいから震え軽減、目つきが変わってくる(楽そう)
 17:30・・・フェンタニルパッチ4.2mg 貼付。
 18:00・・・セレニア 1ml SC
        プレドニゾロン 5mg SC

【処方薬】
 デュロテップMTパッチ4.2mg・・・2枚
 トラマールカプセル25mg・・・1回1C 1日2回 5日分

【所見】 
痛みの原因は肝臓腫瘍による周囲臓器の圧迫、肝炎および膵炎など複合的に生じているものと思われる。
黄疸が顕著に認められることからも病状はかなり進行していると思われるが、病院では活動性がまだかなり高く、また食欲もあるとのことで、積極的に緩和療法を行いQOLを改善させてあげる必要があると思われた。
食事に関しては嘔吐する危険性があることから症状に応じて絶食させていることだったが、体重減少が激しく悪液質に陥っており、制吐剤と鎮静剤を使用しながら少しずつでも与えたほうが良いのではないかと伝えた。

フェンタニルパッチは貼付後効果が出てくるまで最短12時間程度要するため、それまでの”つなぎ”としてレペタンを皮下投与した。
(レペタンの効果持続時間葉6-12時間程度)
フェンタニルパッチの効果は3日が限度なので、28日17時に貼り替えていただくよう指示。
それ以降については再度連絡いただき、追加処方するか相談させていただく。

トラマドールはフェンタニルパッチの効果が週末切れてしまった時のために処方。


↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-25 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
生命力
2016 / 03 / 26 ( Sat )
岐大で出してもらった痛み止めのパッチがよく効いて、朝までよく寝てくれました。
が、起きてきたら、フラフラ、ヨドがダラダラ、目がトロトロ。
効きすぎてます。
とても食べられる状態ではありません。
なので先生に連絡。

やはり効きすぎているようなので、とりあえずはがして、
いったんカラダから薬を抜いてから、貼りなおしてほしい。とのこと。

薬が抜けるまで3時間ほどかかるそうです。
それと、半分に切って使えるかも聞くと、たぶんいける。とのこと。

なんかへんなの~。

11時にパッチをはがしました。
しばらくすると、フラフラもヨドもおさまり、目もしっかりしてきました。

が、このままだとパッチが完全に切れるであろう12時間後には、またあの猛烈な痛みが覆いかかってくるはず。
なので、自己判断で半分だけ貼ったのは14時30分。

19時過ぎ、これも自己判断で残りの半分も貼る。
動いたついでに、皮下点滴。
針が太くなって短時間ですむから、点滴をされる方も、する方も、だいぶ慣れました(^^*)

その後も、ライスは痛み止めが効いて落ち着いています。
けど、いまは痛み止めで痛みは抑えられているけど、金曜日からのことを思うと、もうそれがどういう状態かはわかっているつもりです。

21時頃。
かあさんは、とある人に、
とおさんは今かかっている先生と電話。
ライスの状態を話し、どうするのが一番いいかを聞く。

どちらもほぼ同じ返答でした。

うっぷと同時に出てきてしまう茶色い液体は、多くの命を看取ってきた経験上、そのときが近くなってくると、出ることがある症状だそうです。
やっぱりそうなんだ。そう思いました。

おべ。ちゃんが亡くなったあと、鼻から出てきたものと同じにおいがしていたから・・・。

先生は、痛み止めが効きすぎてもいい。
いや、効きすぎるほどの痛み止めで、痛みが抑えられて、
食べたいとも思わなくて、
ただただ眠ることが出来るなら、
それが一番つらくなく、穏やかに過ごせる。

私ならそうします。
と、はっきりおっしゃったそうです。

それが聞けて、ふぅ~と肩の力が抜けました。
とおさんもかあさんもそう思っていたから・・・。

いっぱいがんばったもんね。
もうカラダは限界超えてるもんね。
ゆっくり眠ろうね。

けど、そうはいきませんでした。
途中でパッチをはがしたのが間違いでした。

ずっと落ち着いていたのに、23時頃から震えだす。
パッチをはがして、きっかり12時間・・・。
金曜日と同じ、いや、それ以上の震え。
それと、吐き気も。
うっぷと一緒に出てくる茶色の液体の、色も濃度も量もにおいも増してきました。

もらってきた痛み止めを飲ませる。
あの痛みから解放されるのであれば、このまま眠ってしまってもいい。
今朝、効きすぎているようなら半分で。と言われたけど、1カプセルのませることに。
けど、苦いのか嫌がる。

胃に何か入れれば、吐き気も痛みも出ることがわかっていながらも、
痛みが取れるのであれば・・・との思いで、強引に飲ませる。
けど、結局吐いてしまった。

吐き気なのか、
唾も飲み込めないのか、
むせる&何かが戻ってくるを、休みなく繰り返し、相当しんどそう。

パッチが効き出すまで、おそらくあと3時間。
それまで耐えられるのだろうか・・・。

うっぷと一緒に出てくるものや、
唾を詰まらせてしまうんじゃないだろうか・・・。

痛みに耐えられずショック状態になってしまうんじゃないか、
吐血して逝ってしまうんじゃないだろうか・・・。

そんな状態が、ひたすら続きました。

そんなもう動ける状態じゃないのに、急に外に行きたいというので、

気持ちいいの~。

庭に出すと、じーっと立って、
ゆ~っくり、庭の隅々まで見渡しているように見えました。
ありがとう。
そう言っているように見えました。

とおさんも同じことを思っていたみたい。

そして、ゆっくりフセをしてウトウト。
この時期にしては、空気はひんやりしていて、
冷たい風が心地よかった。
す~っと痛みも吐き気も止まった。

そっか、おべ。ちゃん、お迎えにきてくれたんだね。

おべ。ちゃんにはお願いしていました。
「ねえちゃんがつらくなる前に迎えに来てね」

ライスにも言ってありました。
「つらくなる前に、おべ。ちゃんとこに行くんだよ」

やっとかあさんの願い聞いてくれるんだ。
そう思った。

けど、2度あることは3度あるわけで、ライス耐えました。
耐え切りました。

らいちゅ、ちゅおいコ

1時半すぎ。
パッチが効いてきて落ち着きました。

この小さくなってしまったカラダのどこに、そんな力があるんだろう。

もう楽にしてあげよう。
そう思ったことが何度もあったけど、
あれほどの痛みに襲われても耐え、
まだまだ生きたいというライス。

かあさんが思っている以上に、強くてたくましいコです。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-26 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
不思議
2016 / 03 / 27 ( Sun )
ぶるんぶるん!

今の状態で、なぜこんなことが出来るのか不思議でならない。

うふふ♪

好きなだけ、生きてください。
好きなように、生き抜いてください。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-27 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
悔しい
2016 / 03 / 28 ( Mon )
ここのところ、ソファに乗らなかった?乗れなかった??のに、

ふふっ♪

ひょいっ!とな。
しかも、

でろ~ん

ヘソ天(◎_◎)
だから、

・・・・・。

かあさんの隣はさみしい・・・。
**********
と、昼間はかあさんとイチャイチャ(←?)し、
夕方以降は、

点滴前の儀式

とおさんとイチャイチャ(^^*)
皮下点滴前の儀式でイチャイチャ。

けど、あいからわらずジッとしていないから、今日は針が抜けちゃった(^^;)
もちろん輸液もぴゅーぴゅー(^^*)

点滴が終わっても、

2016-03-28-4.jpg

イチャイチャは続く・・・。
幸せな時間(^^*)
**********
しかーし、皮下点滴で脱水は防いでいるけど、やっぱりのどは渇くわけで・・・。

あんなに水をのまなかったコが「水がほしい」というんだから、相当乾いているんだと思う。
けど、水をガバガバのむと痛みが出るから、



氷でガマン。
これなら一気に胃に入らないし、口を湿らせるにはいい。
と、教えてもらいました。

けど、器から持ち出して床に落としちゃうから、うまくなめられない。

らいちゅ、イライラするのーっ!!



細くなってしまった足でもしっかり踏ん張って、
一生懸命ガリガリ・ガリガリ。

こんな姿を見たら、
またよくなってくれるんじゃないかと思っちゃう。

悔しくて、
悔しくて、悔しくて、
悔しくて、悔しくて、悔しくて、たまらない・・・。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-28 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
おいちいやつ♪
2016 / 03 / 29 ( Tue )
なに?なの~。

かわいすぎる顔で寝ていたから覗き込んだら、にらまれました(^^ゞ)

落ちそう(^^;)

今日はソファだけじゃなく、

らいちゅん家

らいちゅん家にも入っていきました。
何日ぶりだろうね@オコタ
**********
そんなライスの今の楽しみは、

2016-03-29-4.jpg

これ♪
今日はただの氷じゃないよ。

ブドウ糖

この、クッ○ーラムネ(大)みたいな、ブドウ糖の砕いたものが入った氷。



今日はクルクルまわってイライラするの~。のらいちゅと、



またライスの好きなものを作ってあげることができて嬉しいかあさんです(^^*)
明日も食べようね。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-29 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
がんばってます
2016 / 03 / 30 ( Wed )
暖かかった今日。
おしっこから帰ってきてから、

ふぅ~。

ちょっとだけ外の空気を吸う。

もおいいの~。

ほんのちょっとだけね。
しんどそうな顔してるけど、

なにか?

寝ているときはそうでもなく、目もしっかりしています。
それに、

シワシワーっ!!

シワシワもムキムキも健在(^^;)
***********
そんなシワシワは、大人しく皮下点滴をさせてくれるはずもなく、

抑える係り・・・とおさん
針担当・・・かあさん

と、いつもふたり掛り(^^*)

けどね、抑える係りさん、なんでもかんでもチカラ任せにするから、逆に暴れるわけで・・・。
なので、今日はカメラ係りに回ってもらったら、

ふぅ~。

と~ってもお利口さんにできました。

ところで、皮下点滴を手取り足取り教えていただいた病院からは、「速いのはかまわない」と聞いているんだけど、



速すぎない?
超ハイスピードなんですけど、大丈夫なのかしら?

たのちくないの~。

そんなこんなで、みんなで楽しく、がんばってま~す。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-03-30 23:59│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 前ページ
spacer.gif