またまた想定外
2015 / 06 / 18 ( Thu )
組織検査の結果が出たと連絡がありました。

結果から言うと、1度目・2度目と同じ「高分化型の肝細胞癌」
悩む必要はなかった。というか、やっぱりそっか~。な結果で、悪性腫瘍ではあるけど、今までの経緯を考えると、正直ホッとしました。
しかし、この腫瘍、前回はなかったらしい。
となると、ホッとは出来ない。
だって、3ヶ月で4cmになったことになるから。
今の腫瘍と比べると、大きくなるスピードがかなり速い・・・。
悪性度が低いはずの高分化型なのに、進行が速い・・・。

けどね、何度も何度も穴が開くくらい画像とにらめっこしたかあさんは、前回もあったと思うんだ~。
どっちにしても、大きくなったことは、まぎれもない事実。

放射線が当たってなくて大きくなったんだ。と考えるのが一番。
だけど、内部が広範囲で壊死してるのは、ど~ゆ~ことなのって話。
先生もわからないから、病理の先生に聞いてみたんだって。
そしたら、病理の先生も、「こんなの見たことない」と・・・。

またまた想定外のことを起してしまいました。

いいほうに考えると、放射線の影響が少なからずあって、壊死してしまったんじゃないかと。
けど、急に大きくなったことを考えると、なにか予測不能なことが起こっているんじゃいかと。

分子標的薬だ~放射線だ~で、がん細胞に刺激を与えてしまって、悪性度が増してしまった可能性は十分あるわけで・・・。
でもでも、あれだけ広範囲が壊死してるということは、小さくなる可能性も大いにありえるわけで・・・。

3ヶ月開けるのは怖いとのことで、ちょっと早めに検査することになりました。

らいちゅ、げんきー

今度こそ完治が望めると思ったのに、うまくいかないね。となるのか、
またまたやっちゃってくれちゃったね、となるのか、
1ヶ月後、この想定外が、またいい方向に向いてくれますように・・・。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*
★2016年10月追記
(2015年6月18日の診察記録より)

【TEL】
病理検査結果を伝える。
組織像で見られた層状の壊死領域が今後どのような挙動を示すかまだ不明なため、1-2ヶ月後に再度CT検査をさせていただきたいと伝えた。

*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*


↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-06-18 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif