FC2ブログ
東北旅行@8日目「秋田~青森」
2015 / 05 / 01 ( Fri )
昨夜泊まった「道の駅・ことおか」では、無人の、しかもぼっろちい車が何台も夜中まで停まっていたり、休憩所で寝ている人がいたりして、なんかすご~く不気味で・・・。
こ~ゆ~ところで寝るのは、正直言って怖い、乙女のさちぽんです(笑)
**********
そんな、不安な夜が明けると、

菜の花

まぶしいくらいの黄色が広がっていました。
が、

まだ眠いの~。

美しさも、かわいさも、まったく伝わらないのはなぜだろう(´~`;)
**********
さっ、今日も元気に出発しますよ~。

大潟富士

最初にやってきたのは、「日本一低い山@大潟富士」
朝から、

早朝登山

はりきって登山♪
で、

どやっ!

あっという間に登頂(笑)
**********
大潟富士は、高さが富士山の1,000分の1の3.776mで、頂上がちょうど海抜0mとなるように作られた山らしい。
けど、高さが3.776mあるのに頂上が海抜0mっておかしいんじゃね?
だって、普通に聞いたらおかしいでしょ~。
でもね、大潟富士のある大潟村は湖を干拓してできたため、村全体が海より低い海抜0m以下になっているということで納得した、オタンチンのかあさんです。
が、作られた山だから、国土地理院は認めないらしい。
そんな「日本一低い山」、実は「日本一高い山」だとか。
はぁ~、またおかしなこと言ってるよ・・・。
で、よくよく聞くと、湖底の泥の土壌で作った山は、完成後に重さに耐えられなくて崩壊してしまったらしく、その後、中心部に発泡スチロールを詰めて作り直したため、容積当たりの建設費は日本一高い山では?と言われているそうです。
**********
そんな日本一低くて高い?山の山頂から麓を見ると、

おばちゃん、落ちそう~。

おった(^^*)
アイスのオケ?に落ちそうなくらい乗り出したおばちゃんが作ってくれたのは、

ババヘラアイス

秋田名物の「ババヘラアイス」
ババ(秋田の方言でおばちゃんのこと)が、ヘラで作ってくれるアイスだから、ババヘラアイス。
これがね、アイスだけどアイスじゃなく、
シャーベットに近いけど、でも、シャーベットじゃない。
もちろん、ソフトクリームでもなく、
味わったことがない食感で、味も???だけど、バラみたいな盛り付けは熟女熟年のワザ(^^*)
でもね、おばちゃんが何言ってるかさっぱりわからなかったかあさんです。
きっと、かあさんの言葉もわからない人いるんだろうね~。
**********
この大潟富士のあたりは、

再び菜の花と。

菜の花がいっぱいでね♪
それに、

うわっ!!

先が見えないほど真っ直ぐな道。
道路の脇には黄色の菜の花とピンクの桜。
これで青空だったら言うことなし!な風景でした。
**********
ちなみに、琵琶湖についで2番目の広さだった八郎潟をなぜ干拓したかというと、米を作るためだとかで、大潟村ではあきたこまちが作られているそうです。
おべ。家が以前食べてた「男鹿のあきたこまち」も、ここで作られていたのかな。
**********
っと、こんなところで時間くってしまった(^^;)
次は今旅ふたつめの秘湯へ行きますよ~。
で、

不老ふ死温泉

ここがその「不老ふ死温泉」
囲いはあるけど、ここから見えたりして、想像以上の開放感。
それに、様子を見に行く人もいて、覗き見もできたりする。
申し訳ないが、かあさんは入る勇気がない。
とおさんもヤダっといった。
ということで、ここに入るために日程を立てたけど、遠くから見ただけ~(^^;)
まだまだおばさんになれきれてなかったかあさんです。
恐るべし秘湯!
**********
本当はここでお風呂に入って、ついでにごはんも食べるつもりだったので、お昼ごはんがなくなりました・・・。
が、ないのよ・・・。
あるのは海だけで、食べ物屋もスーパーもコンビにもないのよ・・・。
結局「道の駅・ふかうら」で、地元の山菜料理を物色・・・。
「地元の山菜料理」といえば聞こえはいいけど、おばちゃんが、そこらへんで採ってきた山菜だったりする(笑)
だって、あちこちで採ってたもん。
しかも、天ぷらは揚げすぎていたりもする(^^;)
でも、ここしか食べるものを売っていないから、店内は山菜料理を手にしている人ばかりでした。
ええ商売やな(笑)
**********
ここからさらに北上し、

千畳敷海岸

千畳敷海岸にやってきました。

また海なの~。

200年前の地震で海岸が隆起した岩肌が約12kmにわたって畳を広げたように見えるところ。
ということである。
**********
もっと海に近づいてみよう!

そっちは危険が危ないの~。

もっともっとも~っと近づいたら、

ありえないのっ!!

帰るって。

んもっ!!

猛スピードで逃げていきました(^^;)
とおさんも信用ならんらしい(笑)
**********
らいちゅが「もういいの~(怒)」というので、いよいよあの有名人(犬)に会いに行きます。

レオ?

じゃ~ん
「レオ」・・・は以前の名前、今は「わさお」
そう、あのブサカワのわさお♪に会いにきました。
けどさ~、どこがブサイクなの?
めっちゃかわいいんですけど~(*´▽`*)
それに、このモフモフ感がたまらない。
ほら、誰とは言わないけど、貧毛だったからさ~(笑)

わさお

でね、なんと、ここのお店のおねえさん、おべ。県から嫁いできたとか・・・。
で、話をしていると、これまたおべ。県から来たという方がやってきて、青森県にてまさかの地元話に花が咲く。
でも実際は、おねえさんは北部・やってきた人は西部・おべ。家は東部と、同じ県内でも地元にいたら遠距離だったりするけど、旅先だとご近所さんに思えちゃうのが不思議だね。
と、ここで親しくなった(←?)おねえさんに聞いてみました。
「わさお、犬平気?」
へっちゃららしく、ライスもご対面させていただきました。

どなたかいらっしゃいますか~。

まずは、わさおのお嫁さんだと言う「つばきちゃん」にご挨拶。
しかも、おねえさん、扉を開けてくださった。

つばきちゃん

でもね、つばきちゃんはちょっと人見知りらしく、嫌われちゃった(^^;)
しかし、わさおとは見た目が全然違う。
秋田犬というのは、こんなに姿が違うものなのか?

!?

わさおの耳の分厚さにビックリっ!!

耳対決(←?)

らいちゅなんて、こんなにペラペラだぞっ(笑)
もちろん、薄毛だったおべ。ちゃんもペラッペラだったので、耳までモフモフなのは驚いた。
ところで、

かわいい対決♪

こんなこと言っては申し訳ないんだけど、わさおのいる鯵ヶ沢って、ちょっと辺鄙なところだったりする。
それなのに、次から次へと他県ナンバーの車がやってくる。
犬飼いしか興味ないだろう~と思っていたけど、ちょっとした観光地になっていたりするんだけど、

イカ焼き

実はイカ焼きのお店だったりするわけ。
それなのに、お店に入ることなく、わさおにだけ会って帰る人がほとんどだったことに驚きました。
このイカ焼き、めっちゃおいしかったのに、食べないで帰る人は、もったいないことをしたね。
で、ここには、

棒タラ

こんなものも売っていました。
わさおも大好きだと言う棒タラも買わせていただき、ちょっとだけわさおのご飯代に貢献できたかな。
わさおに会いに行くのなら、ぜひお買い物をしていただきたいと思うかあさんです。
**********
さて、ここで困ったことが・・・。
不老ふ死温泉に入らなかったことで、かなり時間があまっておる・・・。
ということで、急遽予定を変更し、

りんご畑

りんご畑を見ながら、

弘前城

弘前城にやってきました。
ゴールデンウィークの弘前城といえば桜が満開で、みちのく三大桜のひとつであるけど、なんせここは、大々的にワンコNGを表明している。
なので、最初から日程に入れなかったんだけど、ほかに行くところがない(知らない)ので、ライスにはちょっとだけ待ってもらうことに、ちゃちゃっと見てくることにしました。
が、

ん?

えぇ~っと、桜はどこかな~。
もしかしたら、違うところにきちゃったのかな~(・・?)
弘前城・・・まさかまさかの散り果てです・・・。

八重紅枝垂

でも、弘前城には30種類の桜が楽しめるということで、八重紅枝垂や、

普賢象

普賢象(たぶん)は見ることが出来ました。
しかし、ちゃちゃっと見てまわるつもりだったのに、

弘前城

入り口にあった「入場料臨時発売所」で、なんの疑いもなく入場券を買ってしまい、順番待ちまでして、くっそ狭い天守閣にも登ってしまいました。
おかげで、1時間をオーバーして駐車料金が発生してしまいましたがな・・・。
なんか、騙された感満載の弘前城でした。
ど~でもええが、

りんごアイス

このあたりのアイスというのは、実に不思議なものです・・・。
**********
このあとは、五所川原でしか作られていないという、世界でもめずらしい花も実も赤いりんご@御所川原が植えられている「赤~いりんごの並木道」へ行ってみましたが、

赤いりんごの花

ここも枯れ気味・・・。
今年の東北は暖かすぎです・・・。

8日目

出発時間・・・7:40
到着時間・・・22:10
出発場所・・・道の駅・ことおか
到着場所・・・道の駅・十三湖高原
お風呂・・・天然温泉・エルムの湯
給油・・・2回(53.48L)
移動距離・・・266.7km
ソフトクリームの数・・・2個

9日目に続く・・・↓ポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2015-05-01 23:59│ 2015@GW東北 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif