11月
2014 / 11 / 01 ( Sat )
とおさん、今週はお仕事に行かないらしい・・・。
それならば、ええかげんエンジンオイル換えに行って来い!
ついでに、昨日買ってきたツッパリ棒を交換してきて!!
そのかわり、その通話中にプチッと切れる壊れかけのスマホ買い換えてきてもええから~。
っと、上手いこと言って、こき使ってやったさちぽんです。

・・・・・。

行っちゃうの~。
行ってらっしゃいですよ~。
っと、見送り、

おいてかれたの・・・。

不貞寝・・・。

目は閉じて寝ましょう!

笑い寝(^^;)

お昼寝日和♪

と、それぞれ思いは違っても、やることは同じ@お昼寝をしていたら、

お帰り~なの♪

結局スマホは交換できずに帰ってきました。
もうちょっとゆっくりしてきてもよかったのに(笑)
**********
まだまだやってほしいことは山のようにあるけど、まだ2日あるし、今日はこの変で勘弁してやった優しいかあさんです(^^*)

夜になると・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2014-11-01 23:59│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
換毛期
2014 / 11 / 02 ( Sun )
もうお風呂には入れないおべ。ちゃん。
なので、次のおべ。ちゃんのお風呂のとき一緒に入れようと思っていたライスもそのままです・・・。
そんなライス・・・ここ最近で一気に始まりました。

もわ~ん

抜け毛が・・・。

こんもり

ガッツリゴッソリ抜けて、

おちり、スースーするの。

スリムになりすぎて、風邪引かないか心配(笑)
**********
ちなみに、

もったいねいですよ。

あいかわらず抜ける毛がないおべ。ちゃんです(^^;)

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-02 23:59│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
2014 / 11 / 03 ( Mon )
3連休なのにね。
最終日はお天気もよかったのにね。
おうちの中で、のんびり過ごしたおべ。一家です。

来たですよ

今年もやってきました。

オレンジのボールいっぱいですよ

柿♪
いつも1番上にはお菓子とかお菓子とかが乗っかってるんだけど・・・ないね(・・?)
いつもは1番下に味噌とか味噌とか入っているからほじくってみたんだけど・・・ないね(^^;)

柿だけ・・・。

なんと、今年の第1便は柿オンリー・・・(ーー;) 

食べるですよ。

さっそく催促お礼の電話しておきました(笑)
2便・3便は期待できるかな(^^*)

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-03 23:59│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
目隠し
2014 / 11 / 04 ( Tue )
急に寒くなって、なかなかお布団から出られないさちぽんです。
起きたくない・・・。

特等席

ライスもネオも特等席(だった)@窓辺。
特に左側が人気で、何度も交代しながらお庭番を努め、誰かが通るたびに、ふたり揃って吠えるのが日課でした。
でも、急に立ち上がったり、大声を出したときに出血する可能性もあるので、なんとかならないものかと思い、

特等席

目隠しをしてみました。
最初は目隠しをこじ開けようとして突っ張り棒をぶち落としていてライスですが、強力?(100均のくせに400円のヤツ)なものに変えたらあきらめたみたいで、吠えることはなくなり、なかなかいい感じです。
だけど、

おいらのお布団

最近はすっかりお布団のコになってしまい、ライスと特等席を争うこともなくなりました。
それに、この数日でますますお腹も張ってきて、今にも破裂しそうなほどパンパンになってしまい、動くのがしんどそうで寝てばかり・・・。

おやすみですよ。

毎日、朝が迎えられるか不安でなりません。。。

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-04 23:59│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
食欲はモリモリなんだけど・・・。
2014 / 11 / 05 ( Wed )
もうお散歩には行けないおべ。ちゃんですが、朝と夜にうんちょをしに、ちょっとだけ外の空気を吸いに行っています。
今朝も出すもの出してすっきりし、帰ってきたら、

ご・は・ん♪

ごはん♪

はやくっ!!

今朝はふたり揃って腹ヘリヘリコ。
ガッツガツごはんを平らげて、

そっとしといてですよ。

そのあとはお昼寝。
その間にこっそり2食目のごはんを用意しに行ったつもりが、

もうごはん?

バレてました(^^;)
食欲だけは落ちません。
**********
午後のごはんもキレイに平らげ、

ねえちゃんよりはやく食べるですよ~。

もちろん夜ごはんのお皿もピカピカ☆にしてくれました。
が、あとで吐いてしまい、夜のお散歩では立ち止まって動かなくなりました。
今日はしんどかったのか、ずっとうつ伏せで寝ていて、食べるとき以外はほとんど動きませんでした。

ミラクルムーン

今夜は171年ぶりの「後の十三夜」
ミラクルムーンというそうだ。
雲が多くて見えなかったけど、奇跡・・・起きてほしいな・・・。

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-05 23:59│ 新・日記 | コメント(5) | page top↑
執念?
2014 / 11 / 06 ( Thu )
とにかく、1日中眠くて眠くてたまらないさちぽんです。
秋だね~。

ごはん、ちょ~だいなの

おべ。ちゃんのくれくれビームが激しすぎて、おべ。ごはんをダバ~っと床にぶちまけてしまったかあさんです。
そしたら、このあと、ノコノコやってきた、

あるっ!

このお方の

ここに、あるっ!!

しつこかったこと、しつこかったこと(^^;)

これこれ~なの♪

このたったひと粒のために、ずっとこの場所から離れませんでした。
ついこの前まで、「ごはんいらない~い」と言っていたコはどこの誰でしたっけね~???
**********

そっとしといてくださいですよ。

おべ。ちゃん、時間が経つにつれて、お腹がプヨプヨしてきました。
また出血してるのかもしれません。
夜ごはんも戻してしまいました。
今日は朝と夜ではまったく違う表情になっていました・・・。

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-06 23:59│ 新・日記 | コメント(4) | page top↑
グッタリで通院@24回目
2014 / 11 / 07 ( Fri )
昨日の昼から急にフラフラしだし、あんなに食欲もあったのに、今朝ははじめて朝ごはんをいらないと言い出したおべ。ちゃん・・・。
病院は来週の予定でしたが、週末が来るので、今週も診てもらうことにしました。
**********
いつもなら特等席で寝ているのですが、今日は後でグッタリです・・・。

歩けないですよ・・・。

病院について車から降ろすも、フラッフラ・・・。

もう歩けないですよ・・・。

そんな状態でも、ゆっくりゆ~っくり、自分の足で入ってこれました。
が、呼ばれても動くことができず、先生とかあさんふたり掛りで持ち上げて、

ありがと~ですよ。

そのまま診察台へ~。

また増えた・・・。

どんどん痩せてきているのに、体重は増えてます。
ここ数日でさらに腫瘍が大きくなったように感じるし、お腹がプヨプヨしているので、また出血しているんだと思います。
**********
いつもは検査室で検査になるのですが、

ありはなんですか?

今日はこのまま診察室の診察台の上で検査となりました。
**********
★腹部エコー
前回の出血したときよりは少ないけど、お腹の中に液体がありました。
出血と、おそらく腹水も溜まっているとのことです。
やはり腫瘍も大きくなっていて、腸管を圧迫しています。
そのため、軟便になっているそうです。
もうお腹のどこにプロープを当てても、腫瘍が映ります。
「岩」とはよく言ったもので、本当に岩のようにカッチカチのかたまりが、さらに勢いを増して大きくなってきています。
もうこれ以上ないほどの大きさなのに、まだ大きくなるなんて、一体どこまで大きくなったら気がすむのでしょう・・・。
**********
腹水はあまり抜くのはよくないらしく、腹水検査はしませんでした。
血液検査の結果も早く出してもらうそうで、40分ほどで呼ばれました。

血液検査の結果

★血液検査
歩くどころか、立っていることが不思議なくらいの貧血です。
出血を止めるため、血小板が多く使われたようで、かなり減っていました。
**********
極度の貧血のため、生命の維持に必要な酸素が体内に行き渡らず、肝臓や腎臓などの臓器が酸素不足でうまく働けておらず、意識がもうろうとしていてもおかしくない状態です。
そんな状態ですが、フラフラしながらも自分の足で歩き、眼もしっかりしていて、先生は驚いてました。
貧血でフラフラなのと、腎機能がうまく働いていなことで口をクチャクチャしていていて、貧血のつらさより、気持ち悪い感じなので、先生は「強めの吐き気止めを注射し、あとは自然に任せて・・・」という感じでしたが、「輸血をして腎臓や肝臓に酸素が行き渡れば、少しは楽になるかもしれない・・・」ともおっしゃったので、少しでも楽になるのなら・・・と輸血をお願いしました。

おいらをおいてくですか?

状態が状態なので、ゆっくり時間をかけてやりたいとのことで、お迎えは5時間後の16時ごろです。

らいちゅも寝不足なの~(ウソコケっ!!)

待ち時間は寝不足解消のためのお昼寝と、

わっせわっせ♪

先月の出血からネオに付きっ切りで、ライスのお散歩もしっかり行けていなかったので、のんびりとお散歩。

秋だね~。

空や草木を見るのも久しぶりで、すっかり秋の景色に変わっていました。
**********
16時ちょっと過ぎ、

終わったですよ~。

あんなにフラフラだったのに、先生を引っ張って戻ってきました。

こんなもんか~。

輸血量は300ccと少なめでしたが、今の状態だとこれくらいだそうです。
ただ、輸血してヘマトクリットが16%なので、あまり改善されてはいませんでしたが、この状態からの4%は大きいとのことです。
輸血の効果がいつまで続くかはわからないそうで、もしかしたら、明日にもまた下がりだすかもしれないし、1週間くらいは持つかもしれないとのことでした。

帰るですよ~。

吐き気止めとステロイドも注射してもらい、朝はノソノソ歩きだったのに、帰りは小走りで病院を出て行きました。
さすがに階段は無理だろうとスロープを歩き、とりあえずオシッコを~と思うも、ひとりはイヤだそうで、車に向かって一直線・・・。

オシッコするですよ。

大好きなねえちゃんを車から降ろすも、ただいまの挨拶もなく、無視して勝手にひとりで歩き出し、

止まらないですよ・・・。

蛇口が壊れてんじゃないの?ってくらい大量のオシッコをし、車に戻りごはんをあげましたが、口の中に入れるもすぐにペっとだしてしまいひと粒も食べませんでした。

お水をくださいですよ。

輸血後はノドが乾くそうで、お水はガバガバ飲みましたが、あまり飲ませると吐いてしまうかもしれないとのことだったので少なめです。

ちょっと復活したですよ~。

ちょっとだけ元気になったおべ。ちゃんですが、もし今日輸血をしなかったら、週末を越すのは難しい状態だったそうです。
もう本当に残された時間は短いようで、帰りはどうやって帰ってきたか覚えがないかあさんです。

疲れただけですよ。

ごはんは食べないかも・・・と、帰りにあれこれ買ってきましたが、夜ごはんはしっかり食べてくれました。
しかし、その後はいつものニコニコが消え、自分では立てなくなってしまいました。
輸血なんてしてしまったがために、ただただしんどい時間を延ばしてしまったのかもしれない・・・と思うと、はじめて「もういいよ」と言っていました。
今夜は寝るのが怖くて怖くてしかたありません。

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-07 23:59│ 血管肉腫 | コメント(5) | page top↑
でびゅ~
2014 / 11 / 08 ( Sat )
2014-11-08-1.jpg

確かお布団で寝ていたのに、こんなところからおはよ~ですよ。
夜中にお水を飲んでいたり、おしっこをしたりと、昨夜より足音がしっかりしていて、ちゃんと朝を迎えられたおべ。ちゃんです。

2014-11-08-2.jpg

今朝もドライフードはいらないというので、鶏ムネ肉の山盛りをドン!と出したら、ガッツガツ食べ出したので、食べ終わる前に~とお薬投入~。

2014-11-08-3.jpg

山盛りのお薬もちゃんと飲んでくれました。
**********
昨日の朝うんちょをしたなりだったので、外に出すと、

2014-11-08-4.jpg

すぐにプリっ。

2014-11-08-5.jpg

もういっちょプリプリっ。
さらにプリプリプリっ!
さすがに3回目はゆるめでしたが、すっきりしたようで、ちょっとだけ庭で外の空気を吸い、ボールをくわえてご機嫌さんでした。
**********
ついにおべ。ちゃんもハニカム胴着でびゅ~しました。
が、お腹がパンパンになりすぎてSサイズでは小さく、

2014-11-08-6.jpg

かあさんお得意の継ぎ足し♪
ファスナーが黒なのは、買いに行く時間がなかったからです(^^*)

おべ。ちゃん、がんばれっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-08 23:59│ 新・日記 | コメント(0) | page top↑
ありがとですよ
2014 / 11 / 09 ( Sun )
お昼過ぎ、らいちゅととおさんとかあさんに見守られながら、それはそれは立派に旅立ちました。
おべ。ちゃんらしく、最期の最期まで本当に忙しいコでした。
今まで応援してくれて、ありがとうございました。

おいら、おべ。です。

おいら、おべ。
みんな、いままで応援ありがとですよ~。

おべ。ちゃん、よくがんばったねっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-09 20:14│ 血管肉腫 | コメント(24) | page top↑
明日・・・。
2014 / 11 / 10 ( Mon )
11月11日11時に、たくさんの想い出と、山盛りの荷物を持って、お空に向けて出発します。
もしお時間があれば、空を見上げてやってください。
そして、大きく手を振って見送ってやっていただけたら、きっとおべ。ちゃんも喜んでくれると思います。

ちょっと行ってくるですよ

おいら、ちょっと旅に出てくるですよ。
今度は長い旅になるかもしれないけど、きっと・・・必ず・・・絶対に戻ってくるですよ。
それまで、バイバイですよ~。

おべ。ちゃん、いってらっしゃいっ!のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-10 21:14│ 血管肉腫 | コメント(15) | page top↑
お空へ・・・。
2014 / 11 / 11 ( Tue )
おべ。ちゃんが眠りについてから、まったくといっていいほど近寄らなかったライスですが、今朝出発前にカラダをキレイにしていたら、こっそりお布団に乗っかってました(^^*)
らいちゅなりの、精いっぱいのお別れをしたのだと思います。

らいちゅに任せなさいなの~♪

キレイになったら、最後の家族写真を撮って、
先月の出血以来行けなかったお散歩コースを1周し、
いつもはちょびっとしかもらえなかった食パンを1袋買って、
大好きなボールに、お気に入りのクッション
大好きなバナナ1房と、りんごに柿
大好きな焼き海苔1袋に、最後に食べていたドライフード
大好きなねえちゃんとお揃いのカラーと、水遊びと雪遊びの服
旅行先で撮った家族写真に、四極踏破証明書
ちゃんと帰ってこられるように住所と、途中でわからなくなったら電話できるように電話番号を書いたメモ。
見送りに駆けつけてくれたmayuさんからは、たくさんの紙風船
とおさんとかあさんからはお手紙と、昨日履いた靴下(笑)
それと、持ちきれないほどのたっくさんの想い出を持って、

11がいっぱい♪

11月11日11時、11歳5ヶ月15日と、ちょっと短かったけど、濃すぎる犬生を終え、元気よくお空に昇って行きました。
**********
おべ。ちゃんのお骨は11歳とは思えないほどしっかりしていて、8~9歳並だったそうです。
それと、あれだけのお薬と悪いところがあったにもかかわらず、当日の朝まで自分の足で歩いていたとは、相当体力があったんだね。と褒められ、ガンにさえならなければ、もっともっと長生きできたのにね。っとも・・・。
それだけに、血管肉腫が憎たらしくてたまりません。
でも、にっくき血管肉腫はとおさんとかあさんが粉々にやっつけてきました。
そして、

ただいまですよ~。

キレイなところだけおうちに帰ってきました。
おべ。ちゃんは、これからも大好きなねえちゃんのとなりです。

ありがとですよ~。

全国のおいらファンのみなさん、大きく大~きく手を振ってのお見送り、ありがとですよ~。
これからはねえちゃんをよろしくですよ。
しかし・・・昨日履いた靴下はどおですかね~と思うおいらですU(^ω^)U

おべ。ちゃん、お帰り~♪のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-11 22:52│ 血管肉腫 | コメント(5) | page top↑
最期のこと
2014 / 11 / 12 ( Wed )
書くか書かないべきか迷いましたが、残しておかないと忘れてしまいそうだし、おべ。ちゃんのがんばりを残しておきたいと思い、最期のことを書くことにしました。
もし読んで不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。
**********
前日の夜ごはんの「鶏ムネ肉」をいつもどおりペロリと完食し、そのまま玄関で寝ていましたが、前々日と同じく、寝ていた場所で少しだけ吐いてしまいました。
雑で乱暴なおべ。ちゃんですが、これが意外と神経質のキレイ好きで、嘔吐物を目の前にしては寝ていられず、ササッとお布団に移動して寝転がっていました。
そのころから、やたらとお水を飲むようになりました。
しかし、いつものように豪快に飛び散らかすのではなく、飲んでは口をクチャクチャを繰りかえし、ヨダレを垂らさなかったコが、寝ているアゴの下にオヨダの海を作り、口の周りはネタネタになってました。
きっと気持ち悪かったのでしょうね。
そして、夜には伏せの状態から起きようとしても立てなくなり、オシッコも出なくなりました。
それが、

それ、ちょ~だいですよ。

夜飲んだお薬が効いてきたのか、自分で歩けるようになり、22時にはしっかりした瞳で、オコタに入っているかあさんの横で「それちょ~だいビーム」発射。
さっきの状態からは考えられないほど元気になりました。
寝場所も自分で決め、なんと夜中にはソファにも飛び乗ったので、これならまだまだ大丈夫!と安心したものの、本当は最後によく寝ていたソファの乗り心地を感じたかったのかもしれません。
そのあとは、あっちでゴロン、こっちでゴロンと、何度も寝場所を移動しながら朝を向かえ、ちゃんとひとりでお水を飲みにいったので、いつものように「オシッコしておいで」と言うと、スタスタとトイレに行き構えてみるものの、やはり出ませんでした。
その直後、急にフラフラしだし、ダラダラと滝のようにヨドを垂らし、壁にもたれかかりながらも歩き始めました。
オシッコがでないことでパニックになったのか、それともさらに貧血が進んだのかもしれません。
このとき、はじめて、このまま逝っちゃうのかも・・・と思いました。
そのまま倒れてもおかしくない状態だったので、ギュッと抱きしめて「おべ。ちゃん、よ~がんばったね、もういいよ」と言いましたが、それでも、かあさんを振り切ってリビングを出て階段の下まで行き、2階を見上げていました。
リビングで寝だして21日、その間一度も2階へあがろうとはしなかったし、見上げることもありませんでしたが、自分の足で2階で寝ているとおさんとライスを呼びにいったのです。
もうおべ。ちゃんの中では旅立ちの準備が始まっていたのですね。
急いでライスととおさんを呼ぶと、いつものようにライスのにおいを嗅いで、安心したように見えました。
ライスも怒ることなく、おべ。ちゃんに嗅がれてました。
今度は外を見ていたので、とおさんに抱きかかえられ、庭に出ました。
「オシッコは?うんちょは出る?」と聞いてみましたが、もう立っているのがやっとの感じで、それでも瞳はボールを探していたので持ってくると、くわえようとしましたが、鼻汁を付けただけで、さすがに無理でした。
もしかしたら、くわえようとしたんじゃなくて、お別れの挨拶だったのかもしれません。
小雨も降ってきたので、おうちの中に戻り、お布団に乗せたら落ち着きました。
前日の夜からおしっこをしていないのも心配だったので、診察開始時間の9時にかかりつけ医に電話して状態を説明すると、おそらく貧血が進んで、体内が酸素不足ではないかとのこと。
おしっこは「出ない」のではなくて、「作られていない」らしく、お水を飲んでも飲んでも体内に吸収されず、脱水状態だそうです。
点滴をすることもできるけど、点滴をすればさらに血液が薄まって貧血が進み、反って辛い思いをさせてしまう可能性があること。
でも、うまくいけば少しは楽になるかもしれないとのこと。
そして、無理にでも連れて来てくださいという状態では決してないこと。
などから、このまま家で過ごすことにしました。
日曜日の午後は休診になりますが、「もし状態が落ち着いて、点滴をしたい」ということであれば、電話をくださいのとこでした。
状態も落ち着いていたので、朝ごはんには豚もも肉を用意しましたが、はじめて食べませんでした。
前日の夜も吐き気止めが効いてきたころに元気になったので、吐き気が止まれば食欲も出てきてごはんも食べてくれるのだろうと思い、せめて吐き気止めの薬だけでも・・・と、大好きな鶏レバーに突き刺して口の中に入れてみましたが出してしまいました。
少量の水で溶いてシリンジで口の中に入れてもみましたが、ペロリともせず、口の中に残ったままでした。
「まあええやろ・・・」
ずっとあきめなかったとおさんが、はじめて言いました。
そのままお布団で落ち着いていたので、かあさんは台所で朝ごはんの準備をはじめたら、顔をあげて、ずっと見ていたそうです。
もちろん、食べている間もジッと見ていました。
ちょっと動いて疲れちゃったんだ・・・少し寝たらまたよくなるよね。
そう思っていたので、オコタに入ってテレビを見ていると、おべ。ちゃんもお布団からしっかりした瞳でこっちを見ていたので、水分補給にとペットスエットゼリーを水で溶いて少量をシリンジで口の中に入れてみましたが、ペロリとするどころか、様子が変わってしまったので、傍でずっと手を握っていました。
11時頃だったと思います。
苦しいとか、しんどいとか、辛いとか、まったくそんな感じには見えず、呼吸も規則正しくしていたのですが、11時40分には意識がなくなり、次第に呼吸は大きくゆっくりに変わり、12時32分、「えっ?今のが最期なの?」と言う感じで自然に呼吸が止まりました。
最期の10分はとても苦しそうな呼吸で、しんどそうな顔をしていましたが、すでに意識がなかったことで、おべ。ちゃんが苦しむことはなく、本当に立派で、あっという間の最期でした。
**********
ゆっくりも、のんびりも知らないおべ。ちゃん。
いつでもどこでも忙しいおべ。ちゃん。
一度言い出したら聞かない頑固なおべ。ちゃん。
止めるかあさんを振り切って、ライスととおさんを呼びにいき、庭でボールにお別れをした10分ほどだけが辛そうでしたが、自分のしたいことだけはしっかりやって、4時間弱のあっという間に逝ってしまいました。
おべ。ちゃんらしいっていえば、おべ。ちゃんらしいけど、かあさんにはなにもさせてくれないまま逝ってしまうなんて、ずるいです。

なに食べてるですか?

すべてやりきったあと、安心してお布団で寝ていた9時の写真が最後の写真になりました。
まだ眼もしっかりしています。
**********
我が家に来て11年2ヶ月と16日。
脾臓を摘出して8ヶ月と13日。
脾臓の血管肉腫で余命2~3ヶ月、抗がん剤治療をしても6ヶ月の宣告を受け、抗がん剤治療をしながら元気に
ゴールデンウィークには四国へ行き、
お誕生日旅行には関東へ行き、
今年の夏休みも北海道へ行ったし、
悪化させてしまうことも覚悟の川遊びもして、
前日の夜ご飯まではしっかり食べ、
最期まで自分の足で歩き、
とおさんのいる日曜日を選び、
かあさんの願いどおり、苦しむことなく、
たくさんの笑顔と、楽しい想い出だけを残してくれました。
あれだけの状態になりながらも、最後まで楽しく笑って過ごせたのは、持って生まれたその明るくて前向きな性格と、誰もが驚くほどの気力と体力・精神力があったからだと思いますが、逆にその性格が、何度「もういいよ」っといってもがんばり続けさせてしまったようです。
でも、この根性こそがおべ。ちゃん!褒めてあげたいと思います。

かわいいおてて

おべ。ちゃん、いままで一緒に歩いてくれてありがとう。
ちょっとだけ休んだら、またかあさんのところに帰ってきてね。
でもね、かあさんはせっかちだから、そんなに長くは待てません。
おべ。ちゃんも忙しいコだから、いつまでも待てないはずです。
なので、大急ぎで帰ってきてください。
そしたら、また一緒に歩いていこうね。
今度はもうちょっと、ゆっくり、のんびりと・・・。

11歳5ヶ月15日・・・本当にあっぱれ!の犬生にポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-12 23:59│ 血管肉腫 | コメント(10) | page top↑
旅立ち直後から、うちに帰ってくるまでのこと。
2014 / 11 / 13 ( Thu )
おべ。ちゃんが息を引き取ってから旅立ちまでのことを、ここに残します。
**********
★11月9日
当日の朝から息を引き取るまでの4時間弱のことははっきりと覚えているのですが、そのあとのこと・・・となると、なにをしていたのかはっきり思い出せませんが、なんとか記憶をたどってみました。

おべ。ちゃんに、
「ホントによ~がんばったね」
「いままで楽しかったよ」
「ありがとう」
を、た~~~っくさん伝え、とおさんと一緒にいっぱいいっぱい泣きました。
その涙は、後悔の涙ではなく、感謝の涙です。
いっぱいナデナデしたあとは、
オシッコやうんちょで汚れないようシートを敷き、
鼻から血が出てくるだろうと、顔の下にシートを敷き、
ドロドロになるのは大好きだったけど、汚れるのがキライだったおべ。ちゃんが気持ちよく寝ていられるようにしました。

そのあと、母に電話をしました。

我が家には車が1台しかありません。
その1台しかないライスネオ号をとおさんが仕事に乗って行ってしまっていたのですが、先月の出血後からは、なにかあったらすぐに病院へいけるよう置いておいてもらい、平日だけかあさんの実家から車を借りていました。
毎週日曜日の午後には父が車を持ってきてくれることになっていたのですが、おべ。ちゃんが旅立ってしまい、母に電話すると、その意味をすぐにわかってくれました。
それと、おそらく鼻から出血するのだろうと思い、詰め物を買ってきてほしいと頼み、カラダをキレイに拭きました。

14時頃、父と母と妹が、おべ。ちゃんに会いに来てくれました。

すでに硬直が始まっていて、舌を噛んだ状態だったのを妹が戻そうと試みたのですが、顎関節はガッチリ固まって動きませんでした。
オシッコがあちこちにつかないよう、足を後に伸ばしていたら、ピンピンに伸びたまま固まってしまい、うんちょが出るかもしれないと、自慢のシッポを上に向けていたら、上向きのまま固まってしまいました。
おべ。ちゃん、なんだかおかしな格好になってしまいました。

まだ鼻から出血はしていませんでしたが、詰め物をすると、体内に残ったり、ガスが発生するなどして、腐敗が進んでしまうかもしれないから、できるだけ出てくるものは出したほうがいいと・・・。
なるほどなるほど・・・の納得です。

さらに、この気温で明日1日置くと腐敗してしまうから、保冷剤で冷やして、できれば保冷バッグのようなもので覆って、出来るだけ中の冷気を逃がさないようにしたほうがいいと・・・。
おべ。ちゃんをギンギンに冷やすことに抵抗はあったものの、キレイなまま送ってやりたかったので、家中の保冷剤をかき集め、車中泊で目隠しするために作ったけど失敗作(^^;)の銀マットでカラダを覆い、顔だけは出しました。

鼻からは徐々に液体が出始めました。
キレイな顔につかないよう、ちょっとだけ鼻を下に向けたら、ポタポタどころか、滝のように流れ出てきました。

夕方になって、お花と線香と線香立てを買いにいきました。
おべ。ちゃんのまわりが、ちょっとだけにぎやかになりました。

とにかく口の中のにおいがすごくて、溜まった歯石を取り、口の中を拭き、歯磨きスプレーもし、保冷剤を交換しました。
夜には鼻からの液体に血が混ざり始めました。

この日は、リビングにお布団を敷いて、久しぶリに4人揃って寝ました。
**********
★11月10日
とおさんは仕事が休めないそうで、ライスネオ号に乗って出かけていきました。
かあさんは、朝から毛だらけの部屋を掃除し、保冷剤を交換し、お口の中をキレイに拭きました。
爪切りはどうしようか迷ったのですが、もうお散歩に行けなかったので、かなり爪が伸びていたので、思い切って切りました。
でも、切った爪を捨てられず、ティッシュに包んで仕舞いました。
鼻からの液体が完全に血に変わり、量も少しづつ少なくなってきましたが、止まる気配はありません。

14時頃、うさぽんさんとmayuさんが、お花を持っておべ。ちゃんに会いに来てくれました。
おべ。ちゃんのことを話したら涙が止まらないんじゃないかと思いましたが、なぜか笑いが止まりません。
それだけおべ。ちゃんが楽しいコだったのだと、あらためて感じました。

うさぽんさんとmayuさんと入れ替わるように、妹と甥っ子姪っ子がお花を持って会いにきてくれました。
本当はおべ。ちゃんが怖くて(というか、乱暴すぎて^^;)あまり触れなかった甥っ子と姪っ子でしたが、いっぱいナデナデしてくれました。

続いて母が、いつものように仕事を終えて、買い物に行く前に寄ってくれました。
毎日母が買い物に行く前に寄ってくれて、頼んだものを一緒に買って来てくれたため、ずっとおべ。ちゃんと一緒にいられて、離れることはありませんでした。
これには本当に感謝しています。

そのすぐ後、なぜかとおさんが帰ってきました。
一気に家の中がにぎやかになりました。
おべ。ちゃんも喜んでいたのかもしれません。
とおさんが帰ってきたので、久しぶりに母の車に乗り込み、買い物に連れてってもらいました。
先月の出血以来の外出ではないでしょうか・・・。

鼻からの血がネットリしてきました。
また口の中のにおいがきつくなってきたので拭いていたら、口が開いてきたので、奥までキレイにすることができました。
今日はかなり暖かかったのに、途中で保冷剤を変えることを忘れていたので、慌てて交換しました。
息を引き取ってから1日半ほど経ちますが、お腹は温かいです。
まだがん細胞が生きているのでしょうか・・・。

夜になって、おべ。ちゃんの瞳から涙が出てきました。
なにかやり残したことがあるのでしょうか・・・。
それとも、最期の挨拶だったのでしょうか・・・。

寝る前に保冷剤を交換し、この日もリビングにお布団を敷き、4人で寝ました。
4人で寝る最後の夜です。
**********
★11月11日
いよいよお空に昇る日がやってきてしまいました。

朝から、とおさんとふたりでカラダを拭きました。
ずっと左側を上にしていたので、ひっくり返したら右側はボサボサで、オシッコも出てきました。
途中で向きを変えてやればよかったです。
もうすっかり硬直は解けていたので、おかしな向きのシッポも、ピンピンに伸びた後ろ足も、定位置に戻りました。
何度拭いてもにおいの残るお口を、最後にキレイにキレイに隅々まで拭いて、舌も噛まないように戻しました。
鼻からの出血はかなり少なくなりましたが、「車に乗せるときに出てくるかもよ」と教えていただいたので、詰め物をしました。
これがなかなか難しかったです。
お腹には青くなっているところがありました。
出血したところでしょうか・・・。
あの太い血管も見えなくなりました。
ずっと保冷剤で冷やしていたのに、ほかの部分に比べて、お腹は冷えてません。
2時間ほどかけて、ピカピカのおべ。ちゃんになりました。
とても穏やかで、幸せそうな顔をしています。
本当に寝ているようです。
でも、もうおべ。ちゃんは、あのキラキラの瞳でかあさんを見てはくれません。
さみしいです・・・。

最後に家族写真を撮り、10時半・・・家を出て、最後のお散歩です。
我が家に来て、お散歩に行けるようになってから、先月の出血まで、毎日歩いたお散歩コースをゆ~っくり1周し、ミーニャを送ったお寺に向かいました。

ここから旅立ちます

動物供養の古い古いお寺です。
住職もしくは僧侶が、ちゃんとお経を読んでくれるし、ミーニャのお骨上げのとき、とても親切に説明していただいたので、ここに決めました。

11月11日の11時、11歳のおべ。ちゃんは大好きだったものをいっぱい持っての旅立ちです。

よく、「そこにいるような気がする」とか、
「今、そこにいた」
と言う話を聞きますが、今まではそんなこと絶対にないと思っていましたが、お経を読み上げ始めると、おべ。ちゃんが楽しそうに走り回っていました。
かあさんの方を見てはくれませんでしたが、赤いハーネスをつけたあの動き、間違いなくおべ。ちゃんでした。
ただ、「こっちにおいで~」とか「行かないでっ!」という思いはまったくなく、とにかく不思議な気分でした。
散々お寺の中を走り回ったあと、すっと元の場所に消えていきました。
「おいらは大丈夫ですよ~」と言っているかのようでした。
そう思いたかったけど、でも本当は何かから逃げているようにも見えました。

いよいよ最後のお別れのときがやってきてしまいました。
あれもこれもと持たせすぎてしまい、おべ。ちゃんが埋まってしまっていましたが、いっぱいっぱいナデナデして、「ありがとう」と「早く帰っておいで」と伝え、かあさんの大切なかわいいかわいいおべ。ちゃんは、

行っちゃったの~。

ライスも見守る中、一気にお空へ昇っていきました。
おべ。ちゃんはちゃんとライスにお別れをしたのでしょうか・・・。
ライスもちゃんとお別れができたのでしょうか・・・。
**********
戻ってくるのは14時とのことでしたが、14時に行ったら、すでに待っていました。
あいかわらず、あわてん坊さんですね。

おべ。ちゃんのお骨は病気に侵されていないところは真っ白で硬く、しっかりしていて8~9歳並だったそうです。
ちゃんとカルシウムも摂れていて、食事に間違いはなかったと褒められました。
腫瘍は肝臓の右側と左側の2箇所と、リンパ管に転移もあったようです。
長い間ステロイドを服用していたため、薬は体内に吸収されず残っていましたが、(後日、よくよく考えたら、あれは乾燥剤ではないかと・・・。病院でも確認したら、カラダに薬が残っているなんてありえないそうです。)ここまでの量の薬を飲んでいたにも関わらず、旅立つ数時間前まで歩いていたのは、相当体力があったのだと、また褒められました。
おべ。ちゃんが褒められて、かあさんは嬉しいです。
それと、うんちょも残っていました。
そして背骨の1つだけに、4箇所穴が開いてました。
「ボルトを埋める手術をしましたか」と聞かれましたが、「去勢」と「脾臓摘出」しかしておらず、いままで見たことがないそうです。
最後の最後に大きなナゾを残してくれました。
おべ。ちゃんは出生にもおかしなことがあって、最初と最後にナゾを残してくれました。
もう解明のできないナゾです。
お骨は出来るだけ持って帰りたいと思いましたが、「病気に侵されたところまで持って帰らなくていい」と言われ、キレイなところだけを出来るだけ拾い、最後の最後に、「おとうさんとおかあさんで、悪いヤツを粉々にやっつけてやってください」とのことだったので、あの憎たらしい血管肉腫を、これでもかってくらい叩きつぶしてやりました。
これでもう、おべ。ちゃんは血管肉腫に苦しめられることはありません。

ただいま~ですよ。

身軽なカラダになったおべ。ちゃんは、大好きなおうちに帰ってきました。
でも、もうどこを探しても、おべ。ちゃんの姿はありません。
空っぽになったおべ。ちゃんのバリケンを見たら、涙が止まりませんでした。
もうおべ。ちゃんのぬくもりに触れることはできないと思うと、涙があふれて止まりませんでした。
おべ。ちゃん、なんでいないの?
辛いとか苦しいとかじゃなくて、ただたださみしいだけ・・・。
このさみしさは、いつまで続くのでしょうか・・・。

おべ。ちゃんって、ホントにすばらしいコだね。のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-13 23:59│ 血管肉腫 | コメント(2) | page top↑
やっと。
2014 / 11 / 15 ( Sat )
先週の今頃は、まだかあさんのとなりでニコニコしてたのにね。

何かが足りない・・・。

今日は初七日だそうです。
ついこの前我が家に来たと思っていたのに、もう随分と傍にいないような気がします。
まだ6日しか経ってないのにね・・・。
**********
いつからか、おべ。ちゃんの病院へ行く以外はどこにも出かけず、ずっとおうちでおべ。ちゃんの傍にいたかあさんですが、

織部ヒルズ

久しぶりに外に出ました。
でもそれも、おべ。ちゃんのものを買うため。

いがぐりもち

そこでこんなものを見つけました。
そ~いえば、毬栗にも果敢に挑んでいたっけね。
口から血が出てきても、それでも必死にくわえようとしていて・・・あのときは大爆笑した。
**********
人のものは滅多にもらえなかったけど、食べないかもしれない・・・と、金曜日の病院帰りにプリンとアイス買ったのに、結局食べずに逝っちゃったおべ。ちゃん・・・。
でも、もうなんでも食べられるから、とおさんとかあさんだって食べたことのない「いがぐりもち」を、おべ。ちゃんに買って帰ってきました。
それと、

おいらはここにいるですよ~。

やっと写真立て&(100均じゃない)お線香立てを揃えることができました。
これで、振り返るとニコニコのおべ。ちゃんと瞳が合います。
そ~いえば、名前が決まるのも1週間かかったんだったよな。。。

おべ。ちゃん、よかったね。のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-15 23:21│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
すっかり秋・・・。
2014 / 11 / 16 ( Sun )
この1週間が夢だったらいいのに・・・と思うさちぽんです。

・・・・・。

久しぶりに庭に出たら、その変わりように驚きました。
**********
秋ナスの収穫を楽しみにしていたナスは枯れ枯れのシワシワ・・・。

・・・・・。

我が家のシンボルツリーのトリネコもツルッパゲ・・・。
ツルッパゲと言うことは、

ポツン・・・。

枯葉がドッサリ・・・。
その中心には、主のいなくなってしまったボールがポツリ・・・。
**********
まだまだ葉は青く、草もボーボーで、当たり前のようにおべ。ちゃんが元気に走り回っていた1ヶ月前からは想像できないほど季節は進んでしまっていました。

・・・・・。

ゴーヤもすっかり枯れ枯れになってしまって、まるで廃墟のようなおべ。家・・・。
おべ。ちゃんの大好きだった庭が、こんなことではいけませんね。

らいちゅがもらったの~♪

とおさんとかあさんとらいちゅ?で、黙々と片付けをしたら、

キレイになった♪のか?

枯葉の下から、おべ。肥料で青々しているところが出現・・・。
我が家にはおべ。ちゃんが残したものがいっぱいで、その存在は大きすぎます・・・。

ここも・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2014-11-16 21:05│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
怒ってる??
2014 / 11 / 17 ( Mon )
寒いね・・・。
寒いの大嫌いのさちぽんです。

早くかえるですよ~。

とある日のこと、お線香がジュっと腕を焼いた。
別の日には、お線香の灰が手に落ちた。

もしかして、おべ。ちゃん怒ってる??

今日中に食べるですよ~。

プリン持たせるの忘れたから?
アイスを持たせるのを忘れたから??
お供え物に~と買った大福が半額だったから???

それとも、おべ。ちゃんがくれた最後の機会に素直になれなかったから?
大好きだった人にお別れをさせてあげられなかったこと。
それだけが、唯一の後悔です・・・。

おべ。ちゃん怒らないでね。のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-17 21:32│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
ライスのこと
2014 / 11 / 18 ( Tue )
いつもそこにいたおべ。ちゃんがいなくなって1週間。
一番心配していたことは、ライスのことでした。

ひ・と・り♪

もともとベッタリ仲良しではないし、どちらかと言うと、ひとりが好きなライス。
おべ。ちゃんが入院したときも、まったく気にすることはなかったので大丈夫だとは思っていましたが、あのときはひと晩だけだったし、次の日には元気に帰ってきたから、気にならなかったのかもしれない。
でも、2日・3日・・・1週間もいないとなれば、さすがに気がつくはず。
あ~みえて意外と繊細だから、いないことがわかったら、落ち込んでしまうのかもしれない・・・。
そしたら、ストレスで病状を悪化させてしまうかもしれない・・・などなど、心配していました。
が、おべ。ちゃんが動かなくなっても知ら~ん顔。
おべ。ちゃんがいなくなっても、まったく探す気配もなく、

今年も来たの~♪

オコタ生活もはじめて、

おいち~の。

ごはんもモリモリ食べて、

おしっこ行くの~。

お散歩も元気に行って、

ひゃっほ~い♪なの。

ひとりで爆走して、なんだか絶好調(^^;)
むしろ、とおさんとかあさんをひとり占めできて、ご機嫌で過ごしています。
この1ヶ月、ずっと我慢していたから、そのストレスを発散してるのかもしれません。
いや、もしかしたら、11年間我慢し続けていたのかもしれません。

らいちゅのちかぴーさん♪

ライスが今までと変わらず元気でいてくれることに救われています。
これからは、おべ。ちゃんを感じながら、ライスとの時間を大切にしていきたいと思います。

1回だけ・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2014-11-18 19:54│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
第2弾は・・・。
2014 / 11 / 19 ( Wed )
まだまだおべ。ちゃんの、あ~んなことやこ~~んなことなど、書きたいこと、書いておかなといけないことはいっぱいあるけど、今日は普通の日記を書こうと思います。

第2弾の柿

第2弾の柿が送られてきました。
ふふっ、今回は柿以外のものも入っています(^^*)

何に使うんだ???

毎年必ず入っている、使い道のない「コーンスターチ」
今年はプライベートブランドに格下げ(笑)
それから、

またとおさんが太るぞっ!

かあさんは食べない、甘いもの。
それに、頼んでおいた白味噌は、

ツブツブがイヤらしい。

とおさんがキライなこうじ味噌(^^;)
そして、

デカ過ぎるぞっ!!!

・・・・・( ̄▽ ̄;)
数々の困ったヤツが送り込まれて、どうしたらよいものか悩むかあさんです。
第3弾のために、また抗議お礼の電話しておかないとね(笑)

おべ。ちゃんなら、喜んでかぼちゃ食べたのにね・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-19 19:48│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
治療日記を・・・。
2014 / 11 / 20 ( Thu )
思い出すのは辛いことだと思い、このままおべ。ちゃんのことには触れないようにしようと思いましたが、思い出せば出すほど、あらためておべ。ちゃんの素晴らしさを感じています。

血管肉腫で余命6ヶ月と言われながらも、楽しい時間を過ごし、
誰にも気付かれないよう、ゆっくりゆ~っくり旅立ちの準備をはじめ、
かあさんに心の準備をさせてくれて、
辛い姿、苦しい姿を残さないギリギリのタイミングを選んで旅立ったおべ。ちゃん。
最期までニコニコでがんばったおべ。ちゃんを一番知っているかあさんが、そのすべてを封印してしまおうなんて、とんでもない勘違いをしていたのだと気がつきました。

おべ。ちゃんのすべてを、ここには残しておこうと思います。

にっぱにぱ♪

いつもニコニコだったおべ。ちゃん。
ニコニコが一番似合っていたおべ。ちゃん。
だから、楽しいことだけ書いていこう。
もう気分の重くなる病院日記は書かないでおこう。
そう決めたのは、肝臓に転移が見つかった6月20日のことでした。
だから、書くのも読むのも楽しくない病院日記は、その日から書いてきませんでした。

でも実際は同じ経験をした方々や、今同じ思いをしている方々の日記は、とても参考になったし力にもなりました。
「少しでも役に立つのであれば・・・」と、多くの方が残してくださった詳しい治療記録で、
知らなかったことがわかるようになり、
わからなかったことが理解できるようになり、
どうしても理解できないことは先生に聞いて、少しづつ知識が増えていきました。

動物の医療も日々進化しています。
5年前は当たり前だった考え方も、今は違うかもしれません。
2~3年前は主流だった治療も、今は変わっているかもしれません。
先生によって治療方針の違いもあるだろうし、病院によってやれることやれないこともあります。
だから、いろんな方がいろんな治療をしています。
この先、誰かの参考になるのかも。と考えると、記録を残すことも大切なことではないかと思い、下書きのままになっている
6月20・27日
7月11・18・25日
8月7・22日
9月19・25日
10月3・10・17日
の12日分の治療記録を通院した日付で、こっそりUPしていくことにします。

負けないでっ!ですよ。

いまも、あのにっくき血管肉腫と闘っているワンコさんとその飼い主さんのお役に立てたら・・・との思いです。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-20 19:38│ 新・日記 | コメント(5) | page top↑
病院へ
2014 / 11 / 22 ( Sat )
今週は3連休なんですね・・・。
連休初日の今日は、

で、今週はなに買うの?~なの。

そこそこ早起きして、とおさんと一緒に新聞を読んだあとは、

ここは・・・。

とおさんのお膝に入って病院へ行き、

らいちゅは踊らないの~。

病院の駐車場で、とおさんとダンスを踊り、

もっとちょ~だい。なの♪

看護師さんにおやつをもらって、元気にお礼を言って、

うまうまなの~♪

フィラリアのお薬をもらって帰ってきました。

まあまあかな

薬の副作用で減ってきていた体重も、ごはんの量を増やしたことで、ちょっとだけ戻り、絶好調の日々を送っています。
おべ。ちゃんの分も、うぅ~んと長生きしてね。
**********
おべ。ちゃんも11年通った病院。
最期の最期まで本当にお世話になったのでお礼を言いに行ったのですが、なんとおべ。ちゃんの先生は海外出張でいらっしゃいませんでした。
おべ。ちゃん、まだお別れを言いたくないのかな・・・。

ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-22 20:12│ 病院 | コメント(0) | page top↑
薄情なのかな・・・
2014 / 11 / 25 ( Tue )
おべ。ちゃんが血管肉腫と言われたときのあの苦しさから、おべ。ちゃんを失ったら、苦しくて苦しくて、なにも手につかないのではないかと思っていましたが、思ったより普通に過ごせている自分に驚いてます。

うひょうひょですよ

「いままでの写真も、過去の日記も見られない」と聞きますが、とおさんもかあさんも、おべ。ちゃんの写真も過去の日記も毎日見てますが、涙がでることはありません。
むしろ、笑いがあふれてきます。
写真のおべ。ちゃんはどれもニコニコしているから・・・。
思い出すおべ。ちゃんはすべてニコニコしているから・・・。
どのおべ。ちゃんからも、「つらい・苦しい」をまったく感じることはなく、楽しい思い出ばかりが浮かんで、自然とニコニコしてしまいます。
これがおべ。ちゃんの持つ不思議な力なのでしょうか・・・。
それとも、涙の出ないかあさんが冷酷な人間なのでしょうか・・・。

苦いヤツですよ~~~。

おべ。ちゃんに触れられなくなってまだ2週間。
おべ。ちゃんのいない生活になれてきてしまっている自分が怖いです・・・。

おべ。ちゃん、今どこにいるの?・・・ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-25 19:05│ 新・日記 | コメント(6) | page top↑
かかりつけ医へ・・・。
2014 / 11 / 26 ( Wed )
おべ。ちゃんの先生、水曜日に帰ってくると聞いていたので、夕方病院へ行ってきました。

最後の病院

うちに来たときからずっと通った病院です。
最初は病院が大嫌いで、
病院に入るのも拒み、
診察台に乗せようとすれば大暴れし、
なんとか乗せても、すぐにダ~イブ!
先生が近づこうものなら、肛門腺をブチ撒き、
それはそれは大変で、今では考えられないほど手のかかるコでした。
そんなおべ。ちゃんを見かねた院長先生の提案で、週に1回おやつだけを食べに8ヶ月通いました。
そのおかげで、すっかり人間大好きっコになり、毎回行くたびにおやつをもらい、大好きな看護師さんにナデナデしてもらって、病院へ行くのも楽しみのひとつだったようです。
先月は行けなかったので、最後に行ったのは9月27日。
このときも、大好きな看護師さんにおやつをもらって、ワシャワシャしてもらってご機嫌でした。
まさかこれが最後になるとは思ってもいませんでした。
先週行ったとき、看護師さんは「ネオが来るのを、いつも楽しみにしていた」とおっしゃってくれました。
乱暴だったころから知っている看護師さんなので、きっと特別なコだったのではないでしょうか。
おべ。ちゃんをここまで人懐っこいコにしてくれたのは、おべ。ちゃんが大好きな看護師さん?おべ。ちゃんを大好きな看護師さん??と、かかりつけ医のみなさんのおかげだと思っています。
おべ。ちゃんが逝ってしまった日の夕方、時間外にもかかわらず、連絡をくださいました。
本当に最期の最期までよくしていただきました。
もっともっとおべ。ちゃんと通いたかったけど、今日でおべ。ちゃんの診察券を出すのは最後です。
これからは、もっともっと手のかかるライスと通い続けます。
ライスにはおべ。ちゃんの分も長生きしてほしいです。

2014-11-26-3.jpg

かあさんが大切なコを見送るのは、おべ。ちゃんが2度目。
とおさんははじめてです。

最初に見送ったミーニャは、病気に気付いてあげられなかったし、もうやってあげられることもなかったし、最期を看取ることもできませんでした。
なので、ずっと後悔し続けました。

だから、もう二度と後悔しないよう、「やれること・できること」はすべてやる。
ちゃんと最期は傍で手を握って声を掛けて看取ろうと決めて、ライスもネオも迎えました。

おべ。ちゃんにはやれることはやったし、最期を看取ることもできたので、後悔はしていないつもりです。
ただ、おべ。ちゃんはまったく苦しむことなく旅立ったのだと思っていましたが、なにせはじめてなので、実際はどうだったのか聞いてきました。

数ヶ月寝たきりになるコもいるし、
最期の数日は意識がなくなるコもいるし、
何度も痙攣を繰り返すコもいるし、
苦しむコは多いそうですが、

おべ。ちゃんは、
当日の朝まで自分の足で歩き、
一度も痙攣を起すこともなく、
呼吸が乱れることもなく、
徐々に意識がなくなったことで、
まったくといっていいほど苦しむことはなかったのではないかとのとこでした。

ただ、1日半経ってもお腹だけが温かかったのは、肝臓が熱を持っていたのではないかとのこと。
やはり、肝臓も腎臓もがんばりすぎるほどがんばっていたようです。

最期は貧血による多臓器不全でしたが、貧血は腫瘍が原因です。
血管肉腫には多い過程だそうです。
**********
それと、「薬が残っていた」ということについても聞いてきました。

数日前にふと思ったんです。
「体内に薬が残っていた」という、背骨の上のあの水色のものって、乾燥剤じゃない???と・・・。

おべ。ちゃんは焼き海苔が大好きだったので、奮発して1袋持たせました。
そう、腰の上あたりに入れました。

調べたら乾燥剤は燃えないそうです。
で、水分を含んでいない無水塩化コバルト剤は青色だそうで、まさしくこれでした(^^;)
ほかにも、「ガンは黒く残る」と葬儀屋?は言うそうですが、そうとも限らないそうです。
だとしたら、リンパ管に転移していたというのも怪しいものです。
あのときはすべて鵜呑みにしてしまいましたが、冷静になって考えると、「薬が残っている」なんてありえませんよね(^^;)

ねえちゃんが降ってきたですよ・・・。

いつまでも笑わせてくれます。
いや、おべ。ちゃんだから、笑って話せるのかもしれません。
ホントに不思議で面白いコです。
おべ。ちゃんのためにも笑っていかないといけませんね。

これからもよろしくねの↓ポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-26 22:38│ 新・日記 | コメント(2) | page top↑
はたせなかった約束
2014 / 11 / 27 ( Thu )
今年は秋を感じる余裕がありませんでしたが、ようやく空を見上げる余裕が出てきました。

真っ赤なおてて

ねえおべ。ちゃん、今年は例年になく紅葉がキレイだよ。
「秋になったら一緒に見ようね」と約束したのに、その願いを叶えることはできませんでした。

お散歩♪

毎日おべ。ちゃんとも歩いたお散歩コースを、

かあさんとらいちゅ

ライスとふたりで歩いています。
けど、ライスはのんびり過ぎて、お散歩ってこんなんでいいのかな~と思ってしまいます。
おべ。ちゃんとの忙しいお散歩が懐かしい・・・。

↓ポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-27 23:12│ 新・日記 | コメント(3) | page top↑
岐大へ・・・。
2014 / 11 / 28 ( Fri )
おべ。ちゃんがお世話になった大学病院へお礼を言いに行ってきました。
病院に近づくにつれて、

雨が・・・。

雨が降ってきました。
**********
ずっと感じていたことなんですが、おべ。ちゃんには心残りがあるのかもしれません。
お空に昇った日もくもっていました。
その後数日間は、お昼前後になると、急に雲が出てきていました。
自分が先に行くのはいいけど、置いていかれるのが大嫌いなコだったので、誰にも置いていかれることがないよう、一番最初に逝ってしまったのだと思っていたけど、でも、気がついたら誰もあとをついてきてくれなくて、ひとりになってしまってさみしい思いをしているのかもしれません。
おべ。ちゃんは納得してお空に還っていったのだと思っていましたが、それはかあさんが作り上げた理想のおべ。ちゃんであって、本当はもっともっと一緒にいたかったのかもしれません。。。
かあさんも、もっともっと一緒にいたかったです。



次の予約は11月13日の10時のままになっている診察券。
もうおべ。ちゃんに次の予約はありません。
これを出したら、次回来院予定日が空欄になってしまうかも・・・と思ったら、どうしても出すことができなかったので、ライスの検診の後に、おべ。ちゃんの先生を呼んでもらい、

おべ。ちゃんの診察記録

8ヶ月間の診察記録と、画像データをいただいてきました。
(そのうち、病状の経過と治療の内容はまとめたいと思っています)
それと、最期はどういう状態だったかお聞きしました。
やはりかかりつけ医の先生と同じで、貧血で臓器が酸素不足なり、多臓器不全と考えられるそうです。
金曜日の時点では肝臓に正常な部分も残っており、肝臓は働ける状態だったとのこと。
前日の夜からおしっこがでなくなり、大量にヨドを垂らしていたことなどから、腫瘍のあった肝臓は最後まで働けていて、腎臓が限界を超えたのではないかな。
腎臓は壊れ始めると、あっという間に状態が悪くなるし・・・。
そして最期の最期は心臓の酸素が不足し、不整脈から心不全を起こしたのではないかとのことでした。
血管肉腫は血栓ができやすいそうですが、血栓がどこかで詰まったとは考えにくい状態だったそうです。
**********
血管肉腫で8ヶ月。
決して進行は遅くありませんでしたが、ずっと診ていただいた先生からも、「本当によくがんばりました。」と褒めていただきました。
輸血もギリギリのタイミングで、あの日しなかったら、とおさんの帰りを待つことができなかったかもしれない状態だったそうです。
あんなにがんばれたのは、いや、がんばらせたのは、やはりあの明るくて前向きな性格であったからだそうで、ライスの先生も同じことをおっしゃいました。
そして、最期のことを話すと、どの先生も驚いて、なぜか笑います。
みんなを笑顔にしてくれる、これがおべ。ちゃんなんだな~と思いました。
これ以上なにを求めるの?というくらい最高のコで、おべ。ちゃんはかあさんの自慢です。
**********
それから、

飲めなかった薬

うちにおいておいても使い道がないだろうと、おべ。ちゃんが残した大量の薬は、誰かに使ってもらうつもりで持っていきましたが、

帰ってきた薬

抗がん剤・免疫抑制剤は劇薬なので病院で処理してもらい、止血剤と端数は引き取ってもらい、肝臓に関する薬・ステロイド・吐き気止め・胃薬は、ライスが使うかもしれないので、手元においておいたほうがいいとのことで、持って帰ってきました。
ちゃんと使用期限まで入れてくれました。
それと、

おべ。ちゃんのパラディア錠は

なぜか数があってないパラディア錠はライスが使うことになりました。
ライスは10mgと15mgを飲んでいるので、10mgはそのままで、

らいちゅのパラディア錠に・・・。

50mgは半分に割ってもらい、ライスの1回分の25mgにしてもらいました。
**********
パラディア錠の発売から7ヶ月。
ようやく血管肉腫にはパラディア錠が効く分子を持っているのが分かってきて、本来なら効果があるはずだそうです。
ただ、血管肉腫の現在の治療は抗がん剤のドキソルビシンを使うのが一般的で、まだ未知数のパラディア錠は抗がん剤も効かなくなった最後の治療薬になっているのが現状です。
抗がん剤が効かなくなると言うことは、簡単に言えば悪性度が増すと言うことであって、そうなるとさらに進行スピードも速くなり、パラディア錠が追いつかない状態だそうです。
ネオを見てきて、血管肉腫の進行は恐ろしいほど速いと知りました。
ネオには効かなかったというより、使うのが遅かったのだと思っています。
最初から抗がん剤は使わずに分子標的薬を使っていたら、結果は違っていたのかもしれません。
ただし、今の時点でこの選択は賭けのようなもの。
それに、ネオが血管肉腫と分かった2月は、まだパラディア錠はありませんでした。
あと1年・・・いや半年早く発売していたら・・・と思ってしまいます。
血管肉腫の治療はなかなか進まないと聞きますが、実際はどうなのか聞いてみると、
10年前は摘出するだけで、抗がん剤を使うことはなかったそうです。
それが抗がん剤を使うことで、2~3ヶ月の余命が、6ヶ月と倍ほど延命できることがわかり、今年の4月には、さらに効果が期待できそうな分子標的薬が発売され、この先は抗がん剤と分子標的薬を併用することになるのでないかとのことでした。
ほかの悪性腫瘍に比べてあまり進んでないように感じるものの、治療方法も変わり、少しづつ成果も上がってきているようです。
いずれ完治が見込めるものになることを願っています。

今年は分子標的薬元年だそうです。

ネオがいたからこそ、分子標的薬の存在を知り、
分子標的薬のおかげで、今のライスがあります。
「ねえちゃんは、まだまだ生きるですよ~」
ねえちゃんが大好きだったおべ。ちゃんが、そう言っているように思えます。

↓ポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-28 23:05│ 血管肉腫 | コメント(0) | page top↑
2度目の分子標的薬治療3回目@通院20回目
2014 / 11 / 28 ( Fri )
おべ。ちゃんのことがあって、なかなか行けなかった血液検査へ行ってきました。

前方よ~しっ!なの。

本当はかかりつけ医でするつもりでしたが、おべ。ちゃんの先生にお礼も言わないといけないので岐大での検査です。

どおも~なの。2014-11-28-9.jpg

自分で自動ドアを開けて、

じゃあね~なの。

もう帰るそうです。
おいっ!!

大丈夫なの?なの。

いとしのちかぴーさんと一緒なら大丈夫~♪と、ヒョコヒョコ歩いていても、シッポは正直で、

・・・・・。

椅子に座ると、もう誤魔化せません。

助けて~なの。

怖すぎて、誰かに訴えておりました・・・。
今日は待合室で待っている間、ガッタガタ震ってました。
**********
11時に呼ばれて、

らいちゅはナイスバディなの。

まずは体重測定。
最近腰回りが大きくなったような気がしたので増えていると思ったら、なんと減ってました・・・。
先週の土曜日には12.1kgあったのに・・・今朝ごはんを食べたないからかな~。
**********
パラディア錠を再開したのが10月5日。
最初は2日に1回飲んでいましたが、続けるとどうしても粘膜便になってしまいます。
といっても粘膜便になるのは1回だけで、前回のようなひどい下痢をすることはなかったので、本当は薬を止めるほどではなかったのですが、どうしても続けることができませんでした。
数日休薬し、お腹の調子がよくなったら再開を繰り返していましたが、やはりお腹の調子を崩すことがあったので、途中から3日に1回にしてきました。
そんな飲み方だったので、本当なら28回飲むところを、結局17回しか飲むことができませんでした。

前回は52日のうち、30mg(体重1kgあたり2.5mg)を21回服用
今回は53日のうち、25mg(体重1kgあたり2.0mg)を17回服用

期間はほぼ同じですが、今回は量も回数も少なめだったので、もしかしたら効果のない飲み方だったのかもしれないので、腫瘍の大きさを確認するためにCT検査もすることになりました。
それと、肝細胞癌にパラディア錠が効いた症例がないらしく、生検をしたいとの申し出がありました。

調べるのは、
・分子標的薬が効く分子をどれくらい持っているのか。
・飲み続けたことで、がん細胞に変化があったかどうか。
などです。
それと、放射線治療をした最初の腫瘍は生検をして高分化型の肝細胞癌の診断を受けましたが、今ある腫瘍は針を刺すのが難しい場所であることから生検はしておらず、おそらく同じ高分化型の肝細胞癌ではないかとのことで経過をみてきましたが、これではっきりさせることができます。

ライスへの負担は、
・ちょっと麻酔時間が長くなることと、生検なのでお腹に針を刺すこと。
・この腫瘍は横隔膜近くの奥のほうなので、針を刺すのが難しい場所であることから、もしかしたら細胞が採れない可能性もあるとのこと。
などです。

元々、今後の分子標的薬の役に立つのであれば・・・とはじめた治療なので、断る理由はありません。

なにするの?なの。

ということで、検査は血液検査・尿検査・CT検査・生検と、超音波検査も。
それに、歯石取りと爪切りも~(^^*)
いつものように、VIP待遇?の診察室で処置です。
**********
右前足にグリグリ針を刺されるもうまくいかず、はいやり直し・・・(ーー;)
2度目で確保できるも、力が入っていて血液の出が悪く、検査分の血液が採れず、足りない分は右後足からぶちゅ~と抜かれました。
鎮静剤と麻酔?を入れて、

おやすみ~なの。

グッタリ・・・。
もう意識はない状態だそうです。

行ってくるの~。

今日は生検があるので、お迎えは2時間後の13時半です。
らいちゅ、いってらっしゃい。
**********
ちょっと遅れて、

ただいま~なの。

らいちゅご帰還。
元気に先生を引っ張ってきたライスの口には口輪がありません(◎_◎)
なんと、先生が持っていました。
喰われますよ・・・。
**********

出ちゃったの~。

どうしても体重が減っていることに納得できなかったので、もう一度体重を量らせてもらったら、さらに減っていました。
どうやら、検査室でうんちょしたようです・・・(^^;)
食欲は落ちてないので、おそらく副作用です。
もうちょっとごはんの量を増やそうと思います。

血液検査の結果

★血液検査
・白血球が正常値を下回っていました。
これはパラディア錠を飲み続けていることの副作用です。
・Naもあいかわらず高めですが、腎機能の数値は落ち着いてます。
・肝機能の数値はちょっとあがっていました。

尿検査の結果

★尿検査
特に問題はないそうです。
**********
それと、ライスがほとんど水を飲んでいないことがわかりました。
というのは、ネオがいなくなってから、まったく水が減らないのです。
なので、血液検査・尿検査・水分摂取量などを踏まえて、腎機能が低下していると考えるより、脱水の可能性が高いのではないかとのことです。
なんとなくそうではないかと思っていたので、やっぱりな・・・と言う感じです(^^;)
ただ、今の食事でも問題はなさそうなので、食事内容は変えずに、ちょっとだけおやつを解禁しようと思います。

CT画像

★CT検査(10/3)
腫瘍は6.9cm×4.4cm(5.2cm×3.3cm)と大きくなっていました。
全体に大きくなったというより、胆嚢側に伸びてきたように見えました。
**********
考えられるのは、
・今回の飲み方では、あまり効果がなかった。
・薬剤耐性ができてしまって、パラディア錠が効かなくなった。
ですが、おそらく、お腹の調子ばかり気にしていた今回の飲み方では効果がなかったのでないかとのこと。
CT検査をしなかったら、効果のない飲み方を続けるところでした。

理想の飲み方は「30mg(体重1kgあたり2.5mg)を2日に1回ですが、これを続けるとひどい下痢になります。
いくら効果があっても、生活の質を下げるような治療をしないのが我が家の治療方針なので、
・30mgを3日に1回にするか、
・25mgを2日1回にするか、
のどちらかの飲み方になるのですが、

こんな感じらしい

薬の効き方には、
・一気に薬剤の血中濃度を上げるもの(赤)
・できるだけ薬剤の血中濃度を保つもの(青)
の2種類があって、パラディア錠はゆるやかに効くもののようなので、できるだけ血中濃度を保てる飲み方がいいのではないかとのことで、

らいちゅのお薬

これからは25mgをちゃんと2日に1回飲ませることになりました。
ただし、ライスの体調が最優先です。
QOLの低下をしてまで続けるつもりはないし、先生もそうおっしゃっているので、ひどくお腹の調子を崩すことがあれば休薬します。
**********
ネオが飲めなかった10mgと50mgはライスが飲むことになり、50mgはライスの2回分になるので、半分に割ってもらい、足りない10mgと15mgをもらってきたつもりが、

あらら?

かあさんの計算間違いで、10mgが1個余分でした。
お高いお薬なので、先生もしっかり計算してくれたのにね(^^;)
これで14回分なので、12月24日までです。
**********
それと、白血球が減ってしまったので、

円形脱毛症にも効くらしいです。

造血機能の回復を促進する「セファランチン」という薬をのませることになりました。
先生からは、本当に効果があるのかないのかよくわからないものだと聞いていたので、帰ってから調べてみたら、なかなか不思議な薬でした。
この面白い薬、1日2回・1回2錠なので、28日分だと・・・なんと112錠(◎_◎)

どっさりっ!

薬を束でもらうなんて初めてです。
これが1万円札だったら、どんなに嬉しいことでしょう(笑)

じゃあね~なの。

白血球がさらに減ってしまってはいけないので、年末年始の休みに入る前に血液検査をすることになりました。
ライスにはまだ内緒です(^^;)
**********
それと細胞は採れたそうで、結果はわかり次第連絡くださるとのことでした。
右前足に2回、右後足に1回、お腹に2回、合計5回も針を刺されたというのにケロッとしています。
本当にワンコは我慢強いです。

おいち~の♪

いつも検査のあとはごはんを食べないのですが、めずらしく食べました。
しかも、ドライフードをガッツガツと・・・。
**********
先生はネオがいなくなってからのライスの様子をとても心配していました。
そろそろ3週間になりますが、その心配はまったくといっていいほどないように感じています。
涼しくなったこともあってか、最近はやたらと元気で、時々おべ。ちゃん入ってるんじゃない?と思うことがあります。

いっぱい針刺されたの~。

血管肉腫に効果があるといわれた分子標的薬でしたが、おべ。ちゃんには効果がありませんでした。
でも、もう出来ることがないと言われていたライスに使ってみたら、驚くほどの効果がありました。
なんとも皮肉なものです・・・。
だからこそ、おべ。ちゃんの分も、ライスは長生きしないといけません。
ライスの中で、おべ。ちゃんが生き続けてくれるのだと思っています。
**********
★2016年10月追記

2014-11-28-ct2.jpg

(2014年11月28日の診察記録より)


【体重】
 11.70kg

【問診】
 本日病態解明のため再生検、免疫染色の許可をいただく。

【CT検査】
 内側左葉の腫瘍増大・・・6.9cm×4.4cm
 その他遠隔転移を含めて病変認めず。

【超音波検査】
 肝臓腫瘤・・・高エコー源性の塊状病変として描出される。
 5.1cm×4.6cm

【病理検査】
 内側左葉の肝臓腫瘍および周囲の正常肝に対してそれぞれコア生検。
 (18Gエースカット針)
 免疫染色 (KIT,PDGFRβ,VEGFR2) を依頼。

【所見】
腫瘤の縮小を認めた10月3日から約2ヶ月が経過し本日再検査を行ったところ、残念ながら腫瘍の再増大が確認された。
生活に支障が出る程の下痢が出ていたことから10月3日以降パラディア錠の減量を行ったが、おそらくそれが原因で腫瘍が増大したものと考えられる。
他にはトセラニブに対する耐性を獲得した可能性が考えられるが、まずは投与量をできるだけ増やしてみて再評価を行うべきであると相談の結果決まった。
減量に関しては、投与量の減量(30mg/head→25mg/head)だけでなく軟便があった際には投与間隔も延ばしていたため、2日に一回の投与を出来る限り続けてみていただくこととなった。
それで許容できない下痢が続き腫瘍の増大を招くようであれば、再度放射線治療に関しても検討していただくこととなった。
今回は白血球数減少を認めたことからセファランチンの併用を開始。
次回12月24日は血液検査のため来院。


らいちゅ、お疲れさん・・・↓ポチっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-11-28 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(4) | page top↑
お預け・・・。
2014 / 11 / 30 ( Sun )
いい加減お風呂に~と思っていたのですが、白血球がガタ~ン!と下がってしまったライス。
抵抗力が落ちて感染症にかかりやすくなっている状態なので、先生からも「風邪には気をつけて」と言われており、お風呂はもうしばらくお預けです。
**********
なので、

抜けます♪抜けます♪♪

ブラッシング♪

気持ちいの~♪

やさし~く、ていね~~いに、ブラッシング♪♪
ご機嫌を損ねたら大変です。
しかし、

美白美人♪

かわいいお顔もずいぶんと白くなったね・・・。

あってはならないもの・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2014-11-30 23:59│ 新・日記 | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif