FC2ブログ
もう1度だけ。
2014 / 10 / 02 ( Thu )
分子標的薬による治療をやめてから、
朝も夜も、モリモリごはんを食べ、
夕方も夜も、プリプリうんちょをして、
快腸・絶好調の生活を送っているライス。

これでよかったんだ・・・と思いました。

らいちゅ、絶好調なの~♪

しかし、先週の土曜日(27日)に、腎機能の定期検診でかかりつけ医で血液検査を行ったところ、2012年4月からほとんど下がることがなかった肝酵素の数値が、今までみたことがないくらいまで下がるという、予想もしなかった結果がでました。

ライスのカラダの中で、なにかが起こった。
起こっている・・・。

なにか原因があるはずです。
前回の7月25日からの2ヶ月の間で、変えたこと、変わったことってなに?

ごはん?
確かに食事内容は変えました。
でも、朝のドライフードと夜の手作り食を、それぞれ半分づつにしただけで、1日で食べる内容は変わってないし、変えたのはつい最近の9月16日だから、まず関係ない・・・と思う。
ほかはなにかある??
あるのはひとつだけ・・・。
そう、分子標的薬だけ・・・。

正直言って、効果はないと思っていました。
だから、下痢になったとき、続けたいというとおさんと、岐阜大学動物病院の先生を振り切って、強引にやめる方向にもっていきました。
なのに、まさか効果があったの?

かかりつけ医では分子標的薬のことはよくわからないそうなので、週明けの月曜日(29日)に岐阜大学動物病院の先生に連絡しました。

ちょうどこの週末に分子標的薬のセミナーに出席していたようで、現時点での効果などを聞いてきたらしく、肝臓の腫瘍に効果があったという報告もあったとのことでした。
ただ、ほとんどのコで副作用はあったようで、先生方も服用量を加減しながら使っているそうです。

そんな手探り状態のこのタイミングで、何かしら変化があったライスは、と~ぜん貴重な存在になるわけです。
「量を減らしてでも、続けてほしい。」
「早いうちに、検査をしたい。」
と、いままで積極的じゃなかった先生も、ガッツリ食いついてきました。

でもね~、分子標的薬をやめた時点で、とおさんと今後について話し合ったんです。
全身麻酔と造影剤の影響を考え、大きな変化がない限り、岐阜大学動物病院での定期検診はやめて、かかりつけ医で血液検査とエコーで経過をみていこうと・・・。
だから、かかりつけ医でエコーを撮ったんです。
ただ、ちょっと予定外だったのが、かかりつけ医のエコーは画像が荒くて、はっきりした大きさがわからなかったということ。
これだと今後変化があってもわかるのかな?と、ちょっと不安に思ったのも事実です。
それと、毎回お腹の毛を剃らないといけないのも、ちょっとな~と。

なので、今なら・・・もしかして効果があったのかもしれない今なら、岐阜大学動物病院で検査してみるのもいいかも・・・。
岐阜大学動物病院なら、分子標的薬をのむ前の画像もあるし、
のんだ後の画像があれば、実際に効果はあったのか、
もしあったのであれば、どんな変化や効果があったのか
が、わかるのではないかと思い、検査を受けることにしました。

効果があるといいね。

いろいろ考えはあると思います。
わざわざライスに負担をかけなくてもいいのに・・・と思われるでしょう。
でも、今後の分子標的薬による治療の発展のため、これはライスがやらなければならないことだと思いました。
実験台になるわけではありません。
未来の希望のためです。

もしかしたら、すでに希望の光になっているのかもしれません。
そう願いたいかあさんです。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-10-02 23:59│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif