FC2ブログ
腎機能の定期検診@6回目
2014 / 05 / 31 ( Sat )
昨日はおべ。ちゃんの病院でしたが、今日はライスの病院です。
そろそろ、かあさんも病院行かなくちゃっ!
病院大好き?なおべ。家です。

いっぱい採るぞ~。

張りきっておしっこ採取に出かけましたが、おしっこしながら動くから、うまく採れませんでした・・・。
「こんなちび~っとで調べられるかな~」なおしっこを持って、

ここはやなの~。

ライスの腎機能の定期検診に行ってきました。

止血ちう

あいかわらず、先生や看護士さんの顔を見ると激吠えです・・・(ーー;)
が、口輪をしたままのおちょぼ口でおやつを食べまくるので、みんなが笑います。
でも、本犬は食べて吠えてに大忙しなんです。
笑い声のある診察室って、やっぱりいいな。

血液検査の結果

★尿検査
やっぱり少なすぎて、尿比重まで調べられませんでしたが、そのほかは異常なし。
ただ、おしっこを何度もしたがるので膀胱炎も調べてもらいましたが、タンパクも出てないし、潜血も出てないので、いちおうエコーを撮ってみることになりました。
★膀胱のエコー
膀胱の壁が厚くなっていて、やっぱり膀胱炎でした。
これくらいなら自然に治るかもしれないので、もうちょっと様子をみるか、抗生剤を飲むか、どちらでもいいそうですが、やっぱり膀胱炎はすっきりしないし辛いので(かあさん経験済み^^;)、1週間抗生剤を飲むことにしました。
また1週間後に尿検査です。
今度はた~っぷり採って、尿比重も調べてもらいます。
★血液検査
腎機能の数値(BUN・CRE)は、どちらも正常値内で、食事療法でうまくコントロールできているのか、そもそも腎機能は低下してないのではないか、という結果でした。
食事内容を元に戻してみてもいいけど、「やっぱり腎機能は低下していて、悪化させてしまった」なんてことになるのは怖いので、このまま腎臓食でいくことにしました。
肝機能の数値(ALT・ALP・GGT)はあいかわらず高く、前回よりちょっとあがっていましたが、これだけ高いと、上がったり下がったりの幅も広いので、まあ現状維持といった感じかな。
薬を飲まずに現状維持なので、がん細胞とうまく共存できているようです。
**********
肝細胞癌と診断されて2年。
もしかしたら、このまま肝細胞癌で辛い思いをせずにいられるかもしれない。と思うかあさんです。

いっぱい食べたですよ

どおも、「ついで」、いや「付き添い」のおいらです。
昨日、手の裏の舐め壊しも診てもらおうと思ったのに、さらっと流されたので診てもらいましたが、抗がん剤治療中は塗り薬も避けたいそうで、薄めたイソジンでこまめに洗い、舐めさせないようとのことでした。
まあ、2~3日すればよくなるでしょう。
**********
昨日今日で、大勢のゆきっつぁんが家出をしました・・・。
でも、きっと明日の日本ダービーで、お友達を連れて帰ってきてくれると思います(笑)

明日は猛暑日になるかもしれないおべ。地方です・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-05-31 17:02│ 病院 | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif