FC2ブログ
北海道旅行@12日目「斜里~糠平温泉」
2013 / 08 / 13 ( Tue )
夕べは早くに寝たので、すっきりお目覚め。
宿が予約してある日はのんびりしてられないので、早速しゅっぱ~つ!

ジャリンコ道

ジャリジャリと砂利を巻き上げながら、

神の子池

摩周湖の北東に位置する「神の子池」にやってきました。
**********
この神の子池は地下で摩周湖とつながっていて、1日に12,000tもの水が湧き出ています。
摩周湖には、流れ込む川もなければ、流れ出す川もありません。
春にたくさんの雪解け水が流れ込んでも、水位は変わりません。
それは周辺に伏流水を湧き出させているからだそうです。
**********
そのひとつがこの神の子池。

青いよ~。

平均水温8度の神秘的な青い池は、水深5mとは思えないほど澄んでいて、



池の底から伏流水が湧き出る様子も、倒木の間を泳ぐオショロコマの姿もはっきり見えました。
**********
大きな池ではありませんが、とても印象に残った池でした。
次は、

裏摩周展望台

リベンジ摩周湖。
が、

またしても霧の摩周湖

またまた霧の中でした・・・。

残念じゃ・・・。

霧がかかっていることが多いから、3つの展望台を2日に分けて見たのに、霧だらけの摩周湖しか見ることができず残念無念・・・。
**********

羊さん

およ?ありはマ・ト・ン♪
食べたい U(^ω^)U

タワダイラ

地平線の見える大牧場「多和平」にやってきました。
くもってなければ、素晴らしい景色に出会えたんだろうに・・・と同時に、

初パノラマ写真

このカメラもこの旅行でパノラマ写真を撮るために買ったのを、今頃になって思い出したかあさんです。
(クリックで大きくなります)

にゃははっ♪

もうボケたですか~。
ボケてないわいっ!!
**********
そろそろお腹が減ったので、

美味でごじゃる~♪

「道の駅・摩周温泉」で、エゾシカバーガーと摩周ポークバーガー、イチゴミルク&桜餅のジェラードをペロリ。
桜餅のジェラードの中にはもち米(だと思う)が入っていて、今までに食べたことのない食感で、桜餅の嫌いなかあさんでも、と~っても美味しくいただきました。
もちろん、

うんめ~ですよ。

コーンはおイヌ様の元へ~。
おべ。ちゃん、お口大きすぎ~、それに、汚すぎ~~~(^^;)

出る?出るね

次はここね。
今にも熊が出てきそうな道を抜けると、

ボッコボコ

なにやら怪しげなボッコボコが・・・。
**********
泥や水が地中の炭酸ガスによって吹き上げられ、まるで煮立っているように見える小さな泥火山。
温度は約90度もあって、あたりはモンモンと硫黄臭が漂ってます。



ボッケがあるのは、

阿寒湖

阿寒湖です。
屈斜路湖・摩周湖・阿寒湖を制覇したおべ。家です。
だけど、

どこかわからんですね。

「阿寒湖」の文字が見えないんですけど~(ーー;)

泳ぎたいですよ。

ここなら見えるけど、思いっきり逆光だった・・・。

マリモソフト

食べていくと、中から緑の玉がでてきた「マリモソフト」
マリモが有名で、

もっこり・もこりんと♪

まりもっこリに会うのを楽しみにしてたけど、まさかおんなのこバージョンのマリーモコリンがいたとは知らなかった・・・。
だけど、このような観光地ではいかがなものかと・・・。

アイヌコタン

阿寒湖に未練はない・・・。

泳がないの~っ!

やだっ!

泳ぐの♪

入る♪

オンネトー

と、対照的なことをやってくれたのが「オンネトー」

大丈夫ですか?

湖畔をぐるっと回れるというので進んでいったら、

やっぱ、無理・・・。

いやいや、これ無理だから~で引き返してきました。
もしこのまま進んでいたら、えらいことになっていたに違いないっ!

ホントは青くみえるはずなのに・・・。

見る時間や季節によって湖面の色が変化するので「五色沼」とも呼ばれてる「オンネトー」ですが、いまいちなお天気で、ただの普通の色をした湖でした。
というか、自分の太さに気がついてほしい(笑)
**********
ずっと天気が悪かった道東。
夏とは思えない寒さだった道東。
はじめて訪れた道東の旅も、これでおしまいです。
**********

12日目

出発時間・・・7:00
到着時間・・・16:50
移動距離・・・237.6km
給油・・・0回
ソフトクリーム・・・2個
**********

本日の宿泊
★続きも読んでくれる?
スポンサーサイト



【 2013-08-13 23:59│ 2013@夏の北海道 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif