FC2ブログ
岐阜大学動物病院での定期検診@通院12回目
2013 / 07 / 22 ( Mon )
スーパーの試食コーナーにて、1センチ角のうなぎで土用の丑を済ませたさちぽんです(笑)
うなぎなんて、何年ぶりだろ(^^;)

記念?撮影

久しぶりに病院前でパチリ。
さ~て、今日病院に来たのはらいちゅかな~?
それとも、おべ。ちゃんかな~~??
正解は、

らいちゅ、きたの~。

らいちゅ。
ライスの肝細胞癌への放射線治療中止から1年1ヶ月。
ちょっと間隔をあけて、前回から3ヶ月後の定期検診に行ってきました。
**********
最近、お散歩の途中で座り込む回数が増えたことや、朝ご飯を食べたがらないことなどを伝えると、「去年も夏はそうだったね~」と、ちゃんと覚えていてくれました。
さすが、愛人(笑)

なにするの~っ!

そんな愛人先生から「今回もおとうさんに押さえてもらったほうがいいかな~」と提案があったので、診察室で前処置をすることになりました。
あんなに「押さえていましょうか」と申し出ても、「大丈夫です!」と言っていたのに、とおさんが抑えていたほうが楽に処置ができることがわかったようで、納得してもらえるまで1年かかりました(^^*)

らいちゅに触れるなんて、百万年早くってよっ!!

だけど、世界で6人しか触ることのできない、こぉ~んな怖い顔するコを、いままでどうやって押さえてたんだろと、いまでも疑問です。
そんな性格のライスは、

らいちゅ、負けないっ!!!

鎮静剤を打っても「まだまだ、寝ないもんっ!」と、しつこ~く頑張るらしく(笑)、先生曰く、「ライスちゃんは、なかなか鎮静剤が効いてこないんですよ。いつもですよ」だそうです。
人(犬)一倍、世話も時間もかかるけど、

もうダメ・・・。

はい、おやすみなさい・・・で、愛人(笑)の手に抱かれ、ストレッチャーに移動(^^*)
今日もCT検査と血液検査で2時間のお預けです。

早く、帰るの~。

CT検査の結果、腫瘍の大きさはあまり変化がなく、そろそろ放射線の効果がなくなってきたようで、今後この大きさを保ってくれるのか、それともまた大きくなってくるのかはわからないそうです。
それと、最初は炎症かもしれないと言っていたモヤモヤ部分も、やはり腫瘍のようで、少しずつ大きくなってきています。
このモヤモヤ部分、最初にCT検査したときにはなく、1ヶ月放射線治療をしたあとのCT検査で、急にこの大きさでみつかったことや、そのあとの放射線治療が中止になったことを考えると、放射線治療による二次癌なのではないかと思っていますが、「放射線治療なんてしなけりゃよかった」とは思ってません。
もし放射線治療をしなかったら、間違いなく1年前より状態は悪くなっていただろうし、もしかしたら「今」がなかったのかもしれない・・・。
腫瘍がなくなることはなかったけど・・・
二次癌ができてしまったのかもしれないけど・・・
治療に踏み切ったことで、1年前とは比べ物にならないくらい、今は状態がいいライスです。
先生に「ライスの放射線治療は、どれくらいの効果があったのですか」とお聞きしましたら、「思っていた以上に効果があったのだと思います」とのことでした。
ただ、この先腫瘍が大きくなってきても、新たに腫瘍ができても、手術も放射線治療もできないそうです。
肝細胞癌に抗がん剤も効きません。
できることは、痛みや苦痛を和らげる、緩和療法になります。
1年頑張って治療したおかげで、元気を取り戻しはしましたが、残念ながら、肝臓の前方・横隔膜近くに数箇所の影がみつかり、CT画像を見ると、ライスの肝臓はボコボコで白い影ばかりなのが現状です。
ただ救いなのは、ほかの臓器への転移がないことです。
**********
血液検査の結果は、少しだけ肝機能の数値が上がり、さらに腎機能の数値も高くなっていました。
脱水か、造影剤による一時的なものなのかもしれないけど、一時的でも上がるのは、造影剤が腎臓の負担になっているからだそうです。
経過をみるだけの肝細胞癌より、腎臓への負担を考え、今後は定期検診の間隔を3ヶ月から6ヶ月に伸ばすことにしました。
腎臓については、かかりつけ医で定期的に検査をしていき、食事も考え直さないといけません。
それに、暑くなると疲れやすくなるので、しっかり体調管理し、この夏も元気に乗り切ってほしいです。
まだまだ楽しいこといっぱいあるから、がんばらなくちゃね(^^*)

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

2013-07-22-ct1.jpg

★2013年7月22日


【体重】
 12.32kg

【問診】
 暑くなってから、散歩をあまり行きたがらず朝ご飯もあまり食べたがらない。
 便の状態は良好。
 元気はある。

【CT検査】
 肝外側左葉(大)・・・2.4cm×0.7cm
    (4月19日)・・・2.3cm×0.7cm
     (2月1日)・・・2.8cm×1.5cm
   (11月16日)・・・3.2cm×1.6cm
     (9月7日)・・・3.7cm×2.0cm
    (7月26日)・・・4.6cm×2.7cm
    (6月28日)・・・4.7cm×4.2cm
    (5月25日)・・・5.1cm×4.4cm

 肝臓左葉横隔膜付近の病変は前回とほぼ変わらず。
 ただしさらに頭側に点状に造影される領域あり。

【所見】
放射線治療を行った部位に関しては前回以降さらなる縮小は認められないが、増大傾向はなく経過は良好と考えられる。
左葉横隔面に認められている病変にも増大はないが、周辺に点状に造影される部分があり腫瘍の浸潤がが起きているかもしれない。
血液検査の結果で肝酵素値の若干の増加が認められ、今後の経過は要注意。
ただし腎数値が徐々に上昇していること、腫瘍の増大があった時にも更なる治療は望んでいないことなどから、検診の間隔を延ばすこととなった。
腎数値に関しては2ヶ月後くらいにHDにて血液検査(+尿検)を行っていただくことに。

******************************


やっぱり、おべ。市は暑い・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2013-07-22 23:46│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif