FC2ブログ
いろいろあって・・・。
2013 / 04 / 25 ( Thu )
どおも、おひさしぶりこ。
こんなにお休みしたの初めてだ~ね~~。
「みんな元気です」と言いたいところだけど、人生最大の体調不良に見舞われておったさちぽんです。
そしてなぜか、家の中で誰かが調子を崩すと

どこも悪くないのに・・・。

「らいちゅもダメかも・・・」となる、ややこし病持ちのライスもグッタリ・・・(ーー;)

木曜は暑かったですよ~。

木曜日・・・昼間は外であれこれしていたけど、夕方から気持ち悪いわ、めまいがひどいわで、今にも吐きそう・・・。
なのに、金曜日のライスの定期検診に行ってしまったのが悲劇の始まり始まり~で・・・。
いつもとは違うめまいに、こりゃまずいぞ!と、耳鼻科の病院へ行って点滴をしてもらったのだけど、時間が経つにつれて症状は悪化する一方で・・・。
ついには、ひとりで歩くどころか、起きることもできなくなり、日曜に救急に駆け込みました。
人生初のストレッチャーに乗せられ、点滴ぶら下げて、ガラガラ・ガラガラ~とあっちの検査室に運ばれたり~、こっちの検査室に連れこまれたり~、テレビドラマでもおなじみの「いち・に・さんっ!」のベッドへの移動も経験し、誰が見ても重症患者・・・。
ひととおりの検査を受けて、脳には異常がないことはわかったものの、原因は???で、翌日耳鼻科でも検査を受けてくれと、入院はまのがれたものの、なんともならない状態で帰宅し、飲まず食わずで寝たきりに・・・。
月曜日はストレッチャーから車椅子に昇格(←?)し、これまたひととおりの検査を受けたけど、原因は???で、痛い痛い点滴を3時間(普通の人なら2時間らしい)受けて帰ってきました。
**********
金・日・月の3日間で3本・10時間近くの点滴と注射・薬の甲斐あってか、水曜あたりからなんとか起きられるようになりましたが、まだふらつきもめまいも健在。
だけど、じっとしていても回復に時間がかかるだけだと言われたので、できるだけ動くようにしてはいますが、頭は傾き、まっすぐ歩けない状態でございます。
そしてなぜか、のどまで痛い・・・。
そんなこんなで、重病人になっていたかあさんです。

おヒマなおイヌ様方

心配して連絡くださったみなさま、ありがとうございました。
ライスもすっかり元気になり、大股おっぴろげてお昼寝、おべ。ちゃんはヒマをもてあましております。
よくなるには時間がかかるそうですが、焦らずゆっくり治療していきたいと思います。
**********
ここからは病院でのあれこれ話。

救急で担当してくれたのが、どうにもこうにもな研修医でありまして・・・。
メモ見たり、何度も「ちょっとお待ちください」と診察から出て行き、違う先生を連れてきたかと思ったら、また同じ検査されたり~で、なんだかと~っても頼りなかった・・・。
しかも、今まで1回も採血で失敗させたことはない、極太の血管を持つかあさんの腕に、思い切りよく針をブスっと刺したはいいが、今までないくらいのイテテテテー(>_<)で、看護師さんに「先生、これ漏れてて痛いと思いますよ、採り直したほうがいいですよ~」と言われる始末・・・。
しかも、採り直した反対の手からも血があふれるという、史上最悪の採血・・・。
だけど、MRI・CTまで撮っていただき、脳腫瘍や脳梗塞の兆候はまったくみられないということがわかったのは、そんな頼りない将来期待大の研修医の先生のおかげ(笑)
床まで血が垂れようが(^^;)、いまだに点滴のあとが黒くなってて痛いとか(ーー;)、細かいことは言わんから、たくさん経験を積んで、立派な先生になってくださいな(^^*)

それより、点滴センターのおばちゃん看護師さんに物申す!
とおさんに「息子さんですか?」はないじゃろーっ!!
いくら、かあさんがよれよれだったとしても、こんな大きな息子を産んだ覚えはないぞぉーっ!!!(`^´)

それからそれから・・・そこのおっさん、鼻血が出たからといって、大きな病院へ来るのはやめてください(^^;)
おばはんも、耳掃除しすぎで血が出たといって、大きな病院へ行くのはやめなさい(ーー;)
おかげで、となりの診察ベッドでそんな話を聞きながら、2時間半も待たされるハメになりましたがな・・・。

と、そんなこんなで、献身的な息子とおさんの介護看護のおかげで、なんとか普段の生活を取り戻しつつあるかあさんです。
だけど、今週末からのゴールデンウィークの予定はすべて白紙になってしまったおべ。家です。
_| ̄|●|||ガックシ

で原因ね・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2013-04-25 23:59│ 新・日記 | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif