FC2ブログ
岐阜大学動物病院での定期検診@通院7回目
2012 / 07 / 26 ( Thu )
今日から夏休みで4連休のとおさんです。
初日の今日は予想最高気温37度と、恐ろしいおべ。地方を脱出し、

すっきし!

ライスの肝細胞癌への放射線治療の中止から1ヶ月が経つので、経過をみるための検査に岐阜大学動物病院にやってきました。
が、ここ岐阜市の予想最高気温も36度だそうです(>_<)
9時半でもあっちっちーでお散歩どころではないので、ちゃちゃっとなかよく連れションして、
(動物病院なのに、トイレがないのはなぜだっ!?)

開いた♪

いざ、決戦の地へっ!

ここ、病院だったの・・・。

待合室では、相変わらず落ち着かない・・・。
診察室では、もっと落ち着かないらいちゅです。
**********
ここ1ヶ月間も特に変わったことはないことを伝え、CT検査・エコー検査・血液検査で1時間ほどのお預かり。
らいちゅ、いってらっさい♪

また寝てた。

エコー検査では、変化を確認できず。
血液検査の結果、ALT・AST・ALPは正常値を大幅にオーバー。
2ヶ月ほど(かかりつけ医からでは3ヶ月半)薬をのんできたけど改善がみられないし、上限の量をのんでいるのに効果が出ないということは、「薬が効いてない・効かない」のではないかということで投薬は一旦中止・・・。
放射線治療に続いて、薬も中止になってしまいました。
これからどうなるのかな~。
もうできることはないのかな~。
いままではなんだったんだろう・・・。
しかしCT検査で腫瘍が小さくなっていることがわかりましたっ!
進行が遅い腫瘍なので、「放射線治療の効果はすぐにはでない」もしくは「効果はないかもしれない」といわれていたけど、壊死した部分も増え、今後も徐々に小さくなることが考えられ、摘出できるかもしれないことでしたが、放射線治療が中止となった原因である、肝臓の炎症は治まってませんでした。
ようやく放射線治療の効果がでてきたばかりなので、この先、まだ小さくなる可能性もあること。
6週間続けて全身麻酔をかけての検査と放射線治療で、肉体的・精神的なダメージがあるだろうから、いますぐ手術はせず、また大きくなりだしたときに考えようと思います。
ライスにはまだまだ時間があるので、今後の検査で状態・変化を見ながら考えていこうと思います。


******************************

◆◇◆2017年5月訂正◆◇◆

あれだけ放射炎治療を強くすすめたのに、あとになって、「進行が遅く、悪性度が低いため、放射炎治療の効果が出るまで時間がかかる。」と言われたこと。
「肝細胞癌には放射線治療は効かない。」と言われたことに唖然としたことを覚えています。

そしてその言葉通り、放射線治療をしている1ヶ月間では腫瘍は小さくならず治療は中止。

けど、放射線治療開始から2ヶ月。
放射線治療中止から1ヶ月経って、ようやく腫瘍が1センチほど小さくなりました。

画像を見せてもらいましたが、明らかに小さくなっているのが確認できました。
それに、放射線治療をはじめる前と今では、黒い部分(壊死した部分)も増えて、「今後もさらに小さくなることが期待できる。」と言いながらも、「摘出できるかもしれない。」とのこと。
あれだけ、「腫瘍が5センチと大きく、二葉にまたがっているから摘出手術はできない。放射線治療しかない。」と言っていたのに、1センチ小さくはなったけど、二葉にはまたがったままなのに、摘出手術ができるかもしれない。とのことに疑問を感じました。

1ヶ月前の検査で放射線治療の効果がほとんど出なかったことと、病院に預けることがライスにとって相当ストレスになっているはずだということから、この1ヶ月でとおさんとは「もう治療はしないでおこうか・・・」と話していたので、いきなり摘出できるかもしれないと言われても、その場ではどうするか答えられませんでした。

このままでは、腫瘍が小さくなることはあっても、なくなるまではいかないだろうとのこと。
けど、いまある腫瘍が、この先悪性度の高いものに変わることもないそうです。

最初に手術はできないといわれ、検査日を含めると、6週間連続で全身麻酔をかけて放射線治療をして1ヶ月。
まだ精神的・肉体的ダメージが残っているだろうし、やっと放射線治療の効果も出てきたし、まだ腫瘍が小さくなる可能性もあるだろうから、もう少し様子を見て、今後の検査で状態・変化を見ながら、どうするかは考えていました。

放射線治療が中止となった原因である、肝臓の炎症は治まってませんでした。

まさか、放射線治療をしてない病変があるとは思っていませんでした。
その病変が放射線治療の炎症だということになっているとも思ってもいませんでした。

******************************


らいちゅ、今日もいっぱいいっぱいがんばりました◎◎◎◎◎◎ 

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

2012-07-26-ct2.jpg

2012-07-26-ct3.jpg

★2012年7月26日


【体重】
 11.94kg

【問診】
 一般状態良好。
 整腸剤をの毎日飲まないと軟便が続く。

【CT検査】
 肝外側左葉(大)・・・4.6×2.7cm(5月25日 5.1×4.4cm)
                        (6月28日 4.7×4.2cm)
 肝外側左葉(小)・・・2.3×1.7cm(5月25日 2.7×2.8cm)
                        (6月28日 2.7×2.8cm)

 腫瘍縮小。
 腫瘍内部は一部壊死しており、造影欠損領域が認められる。
 また小腫瘤では造影剤で増強されにくくなっている。
 内側左葉に造影剤でび漫性に増強される領域あり。

【所見】
 内服は効果が得られないようなので休薬とした。
 腫瘍の縮少により手術が適応となるかもしれないとお伝えしたところ、今のところ手術は希望してないとのこと。
 次回9月7日に再度CTで確認する。

******************************


おべ。ちゃーん(怒)
★続きも読んでくれる?
【 2012-07-26 22:55│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif