FC2ブログ
岐阜大学動物病院で5回目の放射線治療と治療中止@通院6回目
2012 / 06 / 28 ( Thu )
お約束の土手散歩

ライスの肝細胞癌への5回目の放射線治療と、放射線治療の効果を確認するためのCT検査へ、岐阜大学動物病院へ行ってきました。
検査の結果が知りたいというとおさんも一緒です。

こんにちわん

「らいちゅ、きたよ~♪」
とおさんに自動ドアを開けてもらい、本日は堂々の入場です(^^*)
先週、落ち着きがなかったので、外で待つつもりだったけど、

イヤかもしれない・・・。

とおさんが一緒だったので、待合室で待つことにしました。
先週より落ち着いてます。

かあさんは信用できないの~。

悔しいけど、とおさんが一緒だと安心らしいです・・・。
なんだよっ!!
**********
それほど待つことなく「○○さん、○○ライスちゃん、診察室6番にお入りください」と呼ばれ、診察室には渋々入りました。
5回目の放射線治療と、放射線治療の効果を確認するためのCT検査・エコー検査で、1時間半ほどのお預かりです。
その間は、

パンダvsクマ

だだちゃんと、のせのせ自慢大会♪
あ~んど、

仲良し(風)です

ボール遊び♪
でも、ボールを追いかけるのはひとりずつの、ややこしいボール遊び(^^*)
だだちゃん・P太郎ママさん、いつも応援に駆けつけてくれてありがとうございます。
**********
11時半ごろ「そろそろお迎えよろしく」の連絡があり、病院へ戻りました。

一応記念撮影

CT検査・エコー検査の結果、腫瘍はほとんど(まったく?)小さくなっていませんでした。
放射線治療は細胞分裂の早いものほど効果が高く、ライスのような進行の遅いものでは、あまり効かないといわれていたので、そのとおりの結果でした。
ただ、大きさは変わっていませんでしたが、所々細胞が壊死してる部分もあり、まったく効果がなかったというわけではなく、これから徐々に効果が出てくる可能性もあるそうです。
しかし、放射線治療の副作用で肝臓に炎症がみられ、放射線治療は一旦中止にし、1ヵ月後にCT検査で再度確認することになりました。

尿検査の結果は、まだでてませんでした。
**********
肝細胞癌だと宣告されて1ヶ月。
でも「極めて悪性度が低く、ものすご~く進行が遅い」と言われたから希望が持てた。
治療して完治を望んだ。
なのに、腫瘍は小さくならない。
それどころか、治療は中止。
摘出手術もできない。
だったら、どうすればいいの?
これからどうなるの??
今までの治療はなんだったの???
ライスに負担をかけてまでした、この治療はなんだったの????
ここまで効果がみられなかったことはさすがに凹みます。
今後、どうしたらいいのか、どんな方法があるのか、一度、かかりつけ医に相談に行ってこようと思います。

またマックなの~。

らいちゅ、いっぱいいっぱいい~~~っぱいがんばりました◎◎◎◎◎◎
ライスのためにも、一番いい方法を考え直したいと思います。

******************************

◆◇◆2016年10月追記◆◇◆

2012-06-28-ct1.jpg

2012-06-28-ct3.jpg

★2012年6月28日


【体重】
 12.15kg

【問診】
 消火器サポートに変更してから2週間、軟便はほぼ改善した。
 一般状態良好。
 (新しいフードの一日量が多く、一日2回では食べきれないので一日3回にしている)
 朝舌色が白い。以前から。

【CT検査】
 肝外側左葉(大)・・・4.7cm×4.2cm(5月25日 5.1×4.4cm)
 肝外側左葉(小)・・・2.7cm×2.8cm(5月25日 2.7×2.8cm)
 腫瘍内部は一部壊死しており、造影欠損領域が認められる。
 内側左葉に造影剤でび漫性に増強される領域あり。

【放射線治療】
 リニアック⑤ 7Gy(9門照射) 計35Gy

【所見】
 放射線治療は今回で終了とする。
 1ヶ月後にCT撮影と血液検査で再評価を行う予定。
 特に内側左葉に認められるび漫性の病変が消退していくか確認を行う。
 整腸剤を休薬して便の状態の変化を確認していただく。

******************************


なかなか思うようにいかないものですね・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2012-06-28 23:02│ 肝細胞癌&腎機能低下&膵炎 | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif