スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 -------- --:--│ スポンサー広告 | page top↑
あらら、どおした?
2017 / 12 / 19 ( Tue )
2017-12-19-1.jpg

なかなかどおして、ご立派シッポのヴィクは、今日も絶好調~。

そして、

2017-12-19-2.jpg

こちらのシッポさんは、朝から何度も何度もおトイレに行くも、
オシッコが出ない。

2017-12-19-3.jpg

向きを変えても、全然出ない。

1日中どころか、ずっとおトイレに出たり入ったりして、
夕方になっても回数は増えるばかりで、まったく出ない。

病院だな・・・と思うものの、捕まらないだろうし・・・。
捕まっても、診れるかわかんないし・・・。

でも、このままではな~で、とりあえず病院に電話。

おそらく膀胱炎じゃないかって。
できればエコーを撮りたいけど、できるかな~っと。

捕まらなければ、お薬だけ取りに来て~と。

ドンの避妊手術したときの抗生剤が残っていると伝えると、
それを飲ませて様子見。となりました。

でもね、尿管閉塞だったら怖いし・・・。

ってことで、

2017-12-19-4.jpg

1時間の捕獲作業を経て病院へ連行。

あんなに逃げ回ってたのに、
来る途中はあんなに鳴いてたのに、

2017-12-19-5.jpg

いとも簡単に洗濯ネットの中へ・・・。
バスタオルもまったく必要なく、エコー室へ消えていきました。

エコーの結果、膀胱にはほとんどオシッコがたまってなくて、
膀胱の壁がかなり厚くなっていて、やはり膀胱炎でした。

結構ひどい膀胱炎だったらしく、
抗生剤・ステロイド・止血止めの注射を打ってもらい、
明日から1週間抗生剤を飲むことになりました。

本当はオシッコの検査をして、原因が石なのか、菌なのかを調べたほうがいいのだけど、
うちの固まる砂のおトイレでは採れない・・・。

おトイレを交換して、オシッコ採取にチャレンジしようと思う。

そしてそして、病院では超いい子ちゃんだったので、

2017-12-19-6.jpg

念願の爪切りもしてもらいました。

いい子だと褒めてもらったよ(^^*)

2017-12-19-7.jpg

小さい小さいとは思っていたけど、前回から100gほどしか増えておらず、
おべ。ちゃんもビックリなチビッコなポピーです。

2017-12-19-8.jpg

一昨日、おトイレの砂が少ないな~とは思っていたけど、
もう少し使えるな。っとそのままにしておいたことで我慢させちゃったのか。
もしくは菌が入ってしまったのか。
それとも急に寒くなったからかな。

ごめんね。

がんばってお薬飲んで、ぬくぬくして早く治ってね。

↓ポチっとをお願いします。



スポンサーサイト
【 2017-12-19 23:59│ ポピー | コメント(0) | page top↑
おかあにゃんのこと
2017 / 01 / 22 ( Sun )
2017-01-22-6.jpg

この子、覚えていらっしゃる?
そう、この子

避妊手術をしてから、ごはんを食べにくるようになり、
最近ではほぼ1日中庭にいることが多くなり、
できればうちのコにしたいな~とは思いながらも、
先生とも、この子は絶対に家ネコにはなれないね~なんて言ってたくらい凶暴だった、マカドンのおかあさん。

それでも、毎日声をかけていたら、ある日突然、触らせてくれるようになり、
でもこの子の性格なら、おばあにゃんと一緒に自由なお外生活のほうがいいんだろうな。と思い、保護はせず、朝晩、ごはんをあげてました。

けど、そのうちネコ嫌いのお隣さんになんか言われるんじゃないかと思っていたけど、
やっぱりその日がきてしまいました。

それが18日のこと。

夕飯の支度をしていたら、パン!の音とともに、おかあにゃんが慌てて逃げて行ったから外を見ると、お隣の息子がエアガン?を撃ちながら、おかあにゃんを追いかけていた。

呼び止めて、
なにやってんのっ!
猫に向けて撃ったやろっ!!と言うと、
壁に撃っただけだで、やってないという。

けど、息子の立っている場所に壁はないという、見事はウソっぷり。

もともと、超音波をうちに向けて置いたり、
娘が大声出して猫を追い払っていたり、
猫を見ると、一家そろってギャーギャー言っていたのは知っていたけど、
直接害を与えるようなことはしていない(と思っていた)から、
ネコ嫌いだし仕方ないな・・・くらいにしか思っていなかったけど、
さすがに今回は見逃せない。

お母さん呼んで来い!というと、渋々呼びに行き、
出てきた母親の最初のひと言は、逆切れして、ネコに餌をやるな。だった。

さらに、うちの敷地内に野良猫を入れるな。だとか、
自分の敷地内でなにをやろうが勝手だ。とか。
犬がうるさい。だとか、
犬が大きくて怖い。だとか、
娘が犬嫌いになったのは、お宅のせいだ。とか、
犬に服を着せて。だとか、
1日中うちにいてなにやってんだ。とか、
なんかおかしな話になってきて、
庭に植えてあるアスパラの滴が落ちてきて冷たい。とか言い出す始末。

いやいや、いまはそういう話じゃないから。

お宅の息子が猫にエアガン?を撃っていたから、
いくら野良猫が嫌いでも、それはやってはいけないことだし、
流れ弾が散歩中の人にでも当たったら危ないから、注意しただけなのに、
息子がやったことが、まったくわかっておらず、
食物連鎖の頂点は人間だから、ネコはいらない。
だから、何をやってもいい。
という考えて、全く話にならない。

さらに、息子はこういう遊びが趣味らしく、普段からやっているといい、
今後もやめない、やめさせないという。

ダメだこりゃ・・・。

いまさらだけど、恐ろしい人が隣に住んでいたんだなって思った。
こういう子が事件とか起こすんだよなっと思った。

これ以上関わって、逆恨みにでもあったら怖いし、
おかあにゃんの命を奪いかねないと判断し、翌日の夜、保護しました。
**********
今後どうしたらいいか、病院に相談すると、
まだマカドンとも、もちろんヴィクとも会わせることはできないので隔離して、
触れるようになったら連れてきて。と。

とりあずヴィクの車用のケージに、段ボールハウスとおトイレを入れて過ごしてもらうも、
狭いケージと、外に行けないストレスで翌日から下痢P-。

触れないことはないから、
んこ。持って、土曜日に病院へ行ってきました。

2017-01-22-1.jpg

思ったより小さかった。
ドンと同じくらい。

2017-01-22-2.jpg

飼い猫でも診察室の壁をのぼったりするコもいるそうだけど、
血液検査もすんなりさせてくれて、とてもお外の子だったとは思えない落ち着きっぷり。

マカドンのほうがよっぽど大変でした(^^;)

血液検査はすべて黒字で問題なし。
白血病、ネコエイズ検査も陰性。

んこ。に虫はいないそうだけど、なんちゃら菌がいっぱいで、
おそらくストレス性の下痢。

ストレス性の下痢なら、ワクチンは打てないこともないし、
病院はストレスになるだろうから、できれば1回ですませたかったけど、
抗生剤と整腸剤・下痢止めを飲んで、下痢が治まってからに打つことに。

ノミもダニもいなさそうだけど、念のため薬を点してもらいました。

おばあにゃんもそうだったけど、
お外生活なのに、ノミもダニもいないなんて、どこで暮らしているんだろう。
**********
猫エイズも大丈夫だったので、少しづつマカドンと慣らしていっていいそうなので、

2017-01-22-4.jpg

ご対面。
ほら、おかあにゃんだよ~。

それにしても、ドンちっさっ!
というか、足短かっ(^^;)

2017-01-22-3.jpg

マカドンはおかあにゃんが気になって気になって仕方ない様子で、
チョロチョロちょっかい出していたけど、おかあにゃんも平気みたい。

親子ってわかるのかな~。
**********
★3日目。



おかあにゃん家がいい踏み台に(^^;)

狭いおうちではストレスになるので、

2017-01-22-5.jpg

リビングに出したら、
お外を見つめるおかあにゃん。

自由なお外が恋しいよね。
けど、おうちの中は温かいし、安全だってこと、そのうちわかってくれるかな。

子猫と違って、成猫さんがうち猫になるには時間がかかるだろうけど、
ゆっくりでもいいから、ここが安心な場所になってくれるといいな。

ということで、またまた家族が増えたおべ。家です(^^*)

↓ポチっとをお願いします。



【 2017-01-22 23:59│ ポピー | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。