今後ともよろしくお願いいたします
2016 / 06 / 15 ( Wed )
いまが一番かわいい時期だから、早く里親さん探したほうがいいよ。
そう病院で言われたから、最低限のことをお約束してくれる方に~と思いました。

茶色いの。は保護した翌日に、家族としてお迎えしたい。と話がありました。
けど、まとまりませんでした。

とりあえず目のショボショボが治って、ワクチンもすんだら、
ちゃんと幸せにしてくれる家族を探すつもりでした。

けど、一緒に暮らしていると、それぞれの性格もわかってきて、
茶色いの。は臆病で、馴染むのに時間がかかりそう(ーー;)
グレーの。はおっとりおとぼけさんで、誰とでもどこででも生きていけそう(^^;)

なにより、いつもふたりでコロコロと遊んでいて、とっても仲良しさん(^^*)

なので、ふたりを離すことはできないな~と思うようになり、
そうこうしているうちに、とおさんもかあさんも、ふたりから離れられなくなってしまいました。



このままこの子達と、この子達中心に暮らすのが一番いいのはわかっている。
けど、やっぱりまた犬と暮らしたい。
グレーの。はよしとして、臆病でビビリンの茶色いの。は犬と暮らすことができるのか・・・。

この子達の命を一度はあきらめた理由もあり、
やっぱりふたり一緒にかわいがってくださる方に家族になってもらったほうがいいんじゃないかと・・・。

けどね、かわいいんですよ@茶色いの。
かわいすぎるんですよ@グレーの。

それに、茶色いの。ライスに似てるんですよ。
グレーの。おべ。ちゃん見てるみたいなんですよ。

ずっと、おばあにゃん、おかあにゃんに関わってきたこと。
これまでの複雑すぎる経緯に導かれるように、
ライスが旅立って1ヶ月の昨日、我が家の家族として迎えることにしました。

情が移ってしまうのが怖かったのと、
名前は本当の家族つけてもらいたかったから、茶色いの。グレーの。と呼んできたけど、おべ。家の一員となったわけなので、

2016-06-14-3.jpg

茶色いの。改め、マカ(男の子)
グレーの。改め、ドンナ(女の子)

と名づけました。

この先、いろんな試練が待ち構えているんだろうけど、
ふたり一緒なら乗り越えられると思います。
マカとドンが幸せであることを一番に考えていこう思います。

どうか、今後もふたりの成長を見守ってやってください。

さちぽん
**********
このおうちが終の棲家になるとは思ってもいなかったこの日。

2016-06-14-4.jpg

朝から、あ゛ぁーっ!

2016-06-14-5.jpg

あ゛あぁーっ!です(ーーメ)

作っておいて、こりゃのぼれるな・・・と思っていたけど、どんくさいドンもあっさりクリアしました。
なので、足がかけられなければいいかな~と、カバーを付けることに。
が、



わらわらと寄ってきて、あ゛あぁぁぁーっ!です(ーーメ)

2016-06-14-6.jpg

寸法間違えてパッツンパッツンで、洗濯バサミが大活躍の進化した脱走防止アイテムは、爪が引っかかりにくい生地を選んだつもりなので、しばらくは大丈夫のはずです。
ね、マカちゃん(^^*)

2016-06-14-7.jpg

今日もいっぱい遊んで、イタズラもして、満足したらおうちへ~。
ヘソ天にもなれるようになったし、これからも安心して暮らしてくださいね。

↓ポチをお願いします。

【 2016-06-15 23:59│ 保護ネコ | コメント(4) | page top↑
保護猫@7~8日目
2016 / 06 / 13 ( Mon )
2016-06-12-2.jpg

★7日目
**********
茶色いのに遅れること2日。
グレーのが、ようやくソファーにのぼれるようになりました。
けどね、見ての通り、茶色いのは、さらにレベルアップしています。
グレーの、ちょっと、いや、かなりドンくさいです(^^;)

昨日、脱走防止のため作ったヤツも、

2016-06-12-1.jpg

クリアするのも時間の問題みたい(^^;)

今日もいっぱい遊んで、

2016-06-12-3.jpg

かあさんのお膝の中は幸せでいっぱいです。
どおしましょ(*^^*)

2016-06-13-1.jpg

★8日目
**********
朝からかわいい顔して、

2016-06-13-2.jpg

やってくれました。
毎日新しい「楽しい」を見つける、遊びの天才。



今日はスリッパが「楽しい」の相棒。

本当にやんちゃだけど、遊び疲れると、

2016-06-13-3.jpg

おうちの中に入っていきます。
かわいいだけじゃなく、かちこいです(^^*)



かちこいので、かみかみしても、もう歯が刺さることはありません。

寝ぼけているときは、おっぱいを探しているし、
あんまりごはんも食べないから、哺乳瓶とか買っちゃおっかな~(^^*)

2016-06-13-4.jpg

まだまだ赤ちゃんの、

2016-06-13-5.jpg

ず~っと見ててもまったくあきない、赤えびと車えびです(笑)

↓ポチをお願いします。

【 2016-06-13 23:59│ 保護ネコ | コメント(0) | page top↑
保護猫@5~6日目
2016 / 06 / 12 ( Sun )
★5日目
**********
日に日になれてきて、
やれることも増え、
どんどん自由になってきて、
だいぶ心を開いてくれて嬉しいな~って思っていたら、

2016-06-10-1.jpg

あ゛ぁーっ!

2016-06-10-2.jpg

ネコらしく縦運動がお盛んになってきました。
片方が出来るようになると、もう片方もすぐにできるようになり、

2016-06-10-3.jpg

これ以上カーテンに穴があかないようによけたのに、お布団にするとは、まったく意味がなかったです。

かなり警戒心も薄れ、部屋の中をドタドタと足音を立てて、自由に走り回るようになったし、



どんなものでも遊びに変えてしまう、遊びの天才。



グレーのなんか、すぐに傍によってくるから、おもちゃ(笑)
それに、

2016-06-10-4.jpg

こっちをよく見てくれるようにもなり、目と目が合ったりなんかしちゃったら、もうキュンキュン(*^^*)



ひざにも入ってくるようになり、ストラップで遊び始める茶色いのと、茶色いのの下敷きになってもだえるグレーの。
ダメだ~、どっちもかわいすぎる~。

かあさんのお膝の中で遊びまくって、

2016-06-10-5.jpg

大満足の寝顔(^^*)
かあさん、完全にノックアウトです(*´▽`*)
**********
よじ登ってきてくれるのは嬉しいけど、爪が刺さって、痛いしかゆい。
なので、はじめての爪切りをしました。
驚くほどちっちゃい爪は、びっくりするくらいトッキントキンで、針みたいでした。

おっきい誰かさんは何とかできていたけど、
誰かさんはまったく切らせれくれなかったから、
ネコさんは今から爪切りにもなれるようにしておこうね。

2016-06-11-1.jpg

★6日目
**********
なんでも先に出来るのは兄。
それについで、

2016-06-11-2.jpg

妹もあっさりクリア。

朝から向上心があってよろしっ!!てことでいいのかな。

2016-06-11-3.jpg

グレーの目もシバシバしなくなったので、病院へ行ってきました。
移動式無料物件(ただのダンボール^^;)から見上げる、ふたつのかわいいに悩殺のかあさんです(^^*)
**********
体重(7日)
茶色いの・・・820g(680g)
グレーの・・・740g(580g)

見た目も大きくなっているように、すくすく育っています。
けど、あまりごはんを食べたがらないから、ミルクをあげたほうがいいのかな~。

茶色いのの鼻がちょっとグジグジだけど、予定通りワクチンを打ってもらいました。
子猫は三種混合だそうです。
白血病やネコエイズは、母親がかかっていたら、母乳を飲んでいた子猫は偽陽性が出る可能性があるらしく、1歳になったころに調べたほうがいいそうです。
それと、完全室内飼いだとしても、1ヶ月後にもう一度ワクチンは打ったほうがいいそうです。

今日もかわいいの大絶賛を受けて、かあさん鼻高々(笑)

2016-06-11-4.jpg

家の中では暴れまくっているけど、車の中では大人しく、さすがにお疲れちゃんのおこちゃまちゃん(^^*)

2016-06-11-5.jpg

今日はここがお気に入りのようです。
完全に安心しきってる(^^*)

ただね、昨日より今日。
朝より夜。
1時間前より今。
と、どんどん好奇心が旺盛になり、リビングから脱走すること数回。

まだちょっとした物音にビクッとするし、
狭いところに入って行っちゃうと、家庭内行方不明になるので、
ゴソゴソと押入れをあさり、脱走防止仕様に。
が、

2016-06-11-6.jpg

なんでもかんでもおもちゃに見えちゃうらしいです。
ただね、

2016-06-11-7.jpg

グレーのは、おばかっちょなので(笑)大丈夫だと思うけど、
縦運動がお得意の茶色いのには、逆にのぼれるようになって楽しくなってしまうかも。

ばあさん犬、じいさん犬と、のほほ~んと暮らしていたかあさんは、日々進化する子猫に振り回されっぱなしです。
明日はなにをやってくれるかな(^^;)

↓ポチをお願いします。



【 2016-06-12 23:59│ 保護ネコ | コメント(2) | page top↑
保護猫@2~4日目
2016 / 06 / 11 ( Sat )
★2日目
**********
いつもより鶏ムネ肉を多めにした、うちの中で食べる最後のごはんもキレイにご完食のおかあちゃん。
この10日間、毎日しっかり食べていたから、ちょっとふっくらしました。

このままうちにいれば、ごはんも寝るところも心配しなくてもいいのに、
朝、迎えに来たおばあちゃんの元に、おかあちゃんは帰って行きました。

2016-06-07-1.jpg

リビングに出すと、はじめは子猫のケージから離れなかったけど、
最終的には子供よりおかあさんを選び出て行きました。

おかあちゃんもまだまだ子ども。
まったく子離れ・親離れしていない親子です。



本当は手を出した時点で、うちで面倒をみるべきなんだそうで、
そうするつもりだったけど、子猫のことを考えたら、こうするしかありませんでした。

勝手な言い分なのはわかっているけど、この親子はこれでよかったのだと思います。

これからもおかあさんと仲良く暮らしていくんだよ。
たまには顔見せに来てくれたら嬉しいな。

2016-06-08-11.jpg

おばあちゃんとおかあちゃんが外でスリスリ・コロコロと感動の再会をしていた午前中、子猫を連れて病院へ行ってきました。

茶色い子は男の子で680g。
グレーの子は女の子で580gで、2ヶ月くらいだそうです。

とりあえず、体温測って、んこ。チェック。
んこ。にムシはいなさそう。

全身もチェック。
おかあちゃんと離れていたわりにはコロンコロンとして、栄養状態もよさそうだけど、
ちょっとおかあちゃんから離れたのが早かったから、ワクチンを打ったほうがいいそう。

けど、グレーの女の子の目が少しカピカピしていて、ヘルペスの可能性もあるそうなので、しばらく目薬を点して様子をみることに。
目も、汚れていた耳もキレイにしてもらい、おいしい缶詰をもらって食べました。

先生も看護師さんも、入れ替わり立ち代わり顔を出してきて、「かわいぃ~♪」「ほし~い♪♪」と大絶賛の大嵐で、
特に茶色いのは大人気で、ちょっと臆病な性格から、ビビリ男子と、
あまりこの毛色は見ないな~のグレーのは、こんがり女子と呼ばれ、
ふたりともしっかりした顔をしているそうで、
院内の掲示板に里親募集の張り紙を出したら、すぐに里親さんは見つかるんじゃないかな~だって。

ノミもダニもいなさそうだけど、いちおう、ノミ・ダニ・回虫などの駆除をしてもらい、
週末にワクチンを打って、少し人になれたところで、大切にしてもらえる方を探そうと思います。

すでに歯が生えていることから、ごはんは子猫用のドライフードでいいそうで、

2016-06-07-3.jpg

お昼から買いにいってきました。

カリカリのままでいいってことだったけど、お水を飲まないのでふやかしたら、
えらくがっついて、器に入っちゃって、かわいいお手手がべちゃべちゃ(^^;)

まだ1日3回では1回の量が多いみたいで残しました。
ごはんのあとは、

2016-06-07-2.jpg

リビングに放置プレイ。
まだまだ警戒していて、テレビ台に隠れっぱなしだったけど、



夕方には遊ぶようになりました。
グレーの女の子は活発だけど、茶色の男の子のビビリンは継続中。



夜にはリビングを走り回るようになりました。
まだ向こうの遠いところでしか遊ばないけど、茶色のもだいぶなれてきたね。

2016-06-07-4.jpg

そして、寝るときはベッタリ。
やっぱり女の子は強いです。



★3日目
**********
傍で遊ぶようになりました。
それに、茶色いのが本性をあらわしはじめました。

散々遊びまわると、

2016-06-08-12.jpg

急に電池切れ。
短いお手手がかわいすぎ(*^^*)

2016-06-08-13.jpg

ソファーの裏からカバーをよじ登って、こんなところまでのぼるようになりました。
出来ることが、どんどん増えていきます。

2016-06-09-1.jpg

★4日目
**********
おトイレを入れた2日目からは完璧。
ネコってすごいね。
けど、そこまで一緒じゃなくてもいいのにね。



とうとう茶色いのがソファーにのぼれることを覚えてしまいました。
けど、ぼっこいグレーのはまだまだのぼれません。
そんなところがかわいくてたまんない(*´▽`*)

そしてちょっと疑問に思うことが出てきました。

2016-06-09-2.jpg

茶色いのが大きいのは男の子だからで、

2016-06-09-3.jpg

グレーのは女の子だから幼く見えるのかな~。

動きも茶色のは俊敏で、グレーのはドンくさいし、
住み着いていたおうちには、この2匹しかいなかったから、
もしかしたら、おかあちゃんが違うってこともあるのかもしれない。

まあ、どっちでもいいんだけどね(^^*)

2016-06-09-4.jpg

夜にはくっついて寝てくれるようになりました。
子猫の順応性ってすごいね。

きっと明日はもっと心を開いてくれて、もっとかわいくなると思います。

↓ポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-06-11 23:59│ 保護ネコ | コメント(2) | page top↑
さらにややこしいことになりました。
2016 / 06 / 10 ( Fri )
6日のこと。
とおさんが早く帰ってきたから、夕方お散歩へゴー!

ぐるっとぐるっと2周まわり、
いつもどおり、おかあさんネコが住み着いているおうちへ、おかあさんいるかな~と、様子を見に行くと、お庭からニャ~。

けど、おかあさんの声でもなければ、大人ネコの声でもなく、どう考えても子猫の声。
ご近所のおにいさんとおねえさんも、庭をのぞいている。

また子猫いるんだな・・・。
そう思いながら通り過ぎるも、やっぱり気になって引き返し「子猫ですか?」と聞くと、「あそこにいる」と。

確かにいる。
茶色いのとグレーのシマシマが1匹づつ・・・。

話しを聞くと、ここ最近、おかあさんがいなくて心配しているとか。
ちょっと前、子猫をくわえて逃げていったというそのおかあさんは「ぶち」と呼ばれていて、急に姿を見せなくなったらしい。

さらに詳しく聞いてみると、頭にハゲがあって、三毛風のネコで、おかあさんネコの子だとか。

あれれのれ?
どうやら、今うちにいる、おかあちゃんがおかあさんらしい(←ややこしい)

なんと、かあさんの判断であきらめ、
けど、育児放棄か死産じゃないかといわれた命は、ちゃんと生きていました。
育つことなくお空組になってしまったと思っていた命は、しっかり育っていました。

けどここで疑問が・・・。
おかあちゃん、うちに10日程いるんだけど、その間、誰が育ててた?

思い当たるのはみっつ。

おかあさん改めおばあちゃん?
けど、おっぱいを吸ったあとはなかった。

このおうちのひとが、おかあさんにあげていたごはんを食べていた??
けど、離乳がすんでいるかどうか、わからないくらい。

となりのおうちのおねえさんの話によると、
「ぶち」も「はだ」も、ある日突然、お腹がシュッと小さくなったらしい。

こないだうちに来て、お腹がたるんでいた姉か妹が育てていた???

どういうことか頭の中を整理すると、
おかあちゃんは子猫を産んで育てていたにも関わらず、
そうとは知らず、かあさんが保護してしまい、
おっぱいをあげることができなくなったからパンパンに張ってきて、
5日もあげてなかったから吸った跡がなく、
おかあさんのいなくなった子猫は、だれかにごはんをもらっていた。
ということになるのかな。

さらに事情を聞いてみると、
このおうちの庭ではいろんなネコが、いまは空き家になってしまった犬小屋で何度も出産を繰り返し、どんどん増えても、去勢・避妊手術もしなければ、子猫も保護しないらしい。

さらにさらに驚いたことに、一時は家の中に15匹ほどいてたらしく、
おそらく増えすぎたから外に出してしまったのかも。
それで、どんどん増えてしまったのかも。

おかあさん改めおばあちゃんと、おかあちゃんに避妊手術はしたけど、
このコたちが女の子だったら、どんどん子猫を産む。
男の子だったら、よそで子を作って増やす。
**********
ネコは1年に2~3回出産し、
1度に多いと5匹ほど産み、
生後半年ほどで子を産むそうで、
1匹の野良ネコは1年後に50~70匹になる可能性があるそうです。
**********
生まれた子がみんな幸せになれるわけはなく、その中で生きることが出来る子はほんのひとにぎり。
野良で生まれてきた子はすべて不幸だ。かわいそうだ。とは思わないけど、
人間に怯えながら、食べるものも、安心して寝る場所もなく生きていくことが幸せとも思えない。

いままで、子猫を産んでいることを知っていながら、手が出せずにいたけど、この子達から不幸になる可能性のある子は増やしたくない。
現実的に野良ネコをゼロにするのは無理だけど、いま目の前にいる、子猫だけはなんとかしたい。

けど、よそ様の庭に住み着いている子猫を保護できるのか?
現にもう警戒して出てこないし・・・。

とりあえず、今後散歩のときはのぞいてみることにし、
おとなりさんにもちょくちょく見てもらうことにして、
それで捕まったらうちに連れてきてほしい。と頼んで帰ってきました。

そして夜、

2016-06-06-4.jpg

早々にやってきました。
けど、もう病院しまってるし、どおしよう・・・。

おかあちゃんに育ててもらうのがいいと思ったけど、
まったく懐かないおかあちゃんに渡してしまうと離すのが大変だってことなので、
おかあちゃんとは別々のケージに入れて、とりあえずごはん。
が、もうどこもお店は閉まっているから、ライスが残したベビーフードをあげてみると、ちょっと警戒しながらも、ちょっとだけ食べました。

2016-06-06-3.jpg

グレーの子は大人しいけど、茶色い子はかなり臆病でシャーって言うけど、抱っこはできます。

それより、子猫の鳴き声を聞いた途端、

2016-06-06-5.jpg

おかあちゃんが凶暴化しました。
やっぱりおかあちゃんなんだ・・・。
今までいろんなネコさんに関わってきたけど、あんなに怖いネコははじめて。
おかあちゃんに任せなくてよかった。

ということで、おかあちゃんの避妊手術だけのつもりが、なんだかややこしいことになってきたおべ。家です。

↓ポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-06-10 23:59│ 保護ネコ | コメント(0) | page top↑
ややこしいことになってきました。
2016 / 06 / 09 ( Thu )
ずっとライスとネオ中心の生活をしてきたおべ。家。
ふたりを見送って、
いままでやれなかったこと。
やらないといけないこと。
をすることにしました。

我が家には3年半ほど前から通いネコさんがいます。
なんとかうちの子に。と思って餌付けしていたけど、お外ネコさんだけあって、まったくなれない。

結局、警戒心の強すぎるお外ネコさんと、ネコを見つけたら大興奮のライスとネオを一緒に育てるのは、お互いに、いやお外ネコさんには相当のストレスになると判断。

けど、女の子だったので、避妊手術はしないとな。と、ずっと思ってました。
ただ、同時にネオのこと、ライスのことがあり、なかなか手を出せずにきてしまい、気がついたら出産もしていました。

おかあさんがダメでも子猫なら・・・と思うも、よそのおうちのお庭で育てていたため手が出せず・・・。
そして2度目の出産・・・。

このままではどんどん増えてしまうから、子離れしたところで、無理にでも保護しようと思っていたのに、3ヶ月後にまさかのご懐妊&出産・・・。
先生とも相談し、乳離れしたところで強引に保護し、避妊手術したのが昨年の10月。

本当はこのままうちで。ってのがいいんだろうけど、まだ子育ての最中。
その日にリリースしました。

そしてそのとき産んだ子が昨日のコ。

いままではうちに連れてくることはなかったけど、3度目にしてはじめて連れてきました。
最初に連れてきたのは昨年の年末で、5ヶ月だったから、強引に保護すべきだったのかもしれないけど、このときはライスのことで手いっぱい。
ただ三毛?なので高い確率で女の子なわけで、子猫を生む前に避妊手術だけはしないと・・・と思っていました。

その後もたま~におかあさんと一緒に来ることがあったけど、毎日来るおかあさんとは違って、いつ来るかわからなかったので、ライスを見送ったあと、最初に来た時に保護しようと・・・。

そしておかあさんと違って、ごはんに釣られて、あっさり御用となったのが5月26日。

5日前、「また子犬を迎えたときはよろしくお願いします」と言ったばかりの病院に連絡し、
「野良ちゃんだから早いほうがいいね」ってことで、手術の予約は6月1日。

2016-05-26.jpg

けど、さすがあのおかあさんの子だけあって警戒心が強い強い。
手術までの6日間はケージで過ごしてもらうも、毎日おかあさんが迎えにくるもんだから、外でニャーニャー、中でニャーニャーと呼び合う始末・・・。

両隣のおうちは超音波やら水やらをかけるほどのネコ嫌いなので、この大合唱は迷惑になるので、

2016-05-27-1.jpg

昼間は外に。
おかあさんもちびも落ち着いていたけど、やっぱりそこは今まで自由に暮らしてきた野良さん。

2016-05-27-2.jpg

ストレスだったと思います。

2016-05-28.jpg

翌日もおかあさんは1日中、何度も心配そうにのぞきにきました。

2016-05-29-.jpg

ちびも狭いケージばかりではストレスになるし、
馴れなくとも、同じ空間にいることさえ出来ればなんとかなるんじゃないかと思い、リビングに出してみると、

2016-05-30-1.jpg

警戒して威嚇はするものの、

2016-05-30-2.jpg

すぐにゴロン。

が、お腹見てビックリ(・・?)
なんかおっぱい張ってる・・・(◎_◎?)

慌てて病院に電話・・・。

赤ちゃんがいる可能性が高く、
おっぱいが張っているなら、もう動いているかも・・・。
いつ産まれてもおかしくない・・・と。

さてどおする?

産ませる?
増やさないために保護したのに??

じゃああきらめる?
もお動いている命を??

手術は当日まで保留にし、

2016-05-31-1.jpg

1日考えました。

なんであれ、授かった命。
かあさんはできれば産ませて、里親になってくれる方を探したい。
けど、とおさんからは、何のために保護したんだ。と、ごもっともな意見・・・。

看護師さんの話では、
おそらく、ちび改めおかあちゃんは、子供を守るため凶暴になる。
そのままおかあちゃんが育てたら懐かないから、○○さん(かあさん)が育てたほうがいい。と・・・。

やれないことはないと思っているので、なんとかなるとは思っているものの、ひとつ大きな問題が・・・。
それさえクリアできれば産ませたいけど、今さらできない。

それでも何か方法はないかと、当日、先生と相談して最終的に決めることにしました。

2016-05-31-2.jpg

しかし、この子はどおなってるんでしょう(・・?)
夜中になにをしてるのでしょうか・・・。

リフォームが成功しているとは思えないので、

2016-05-31-5.jpg

新築にしました。
無料物件です(^^*)

2016-05-31-3.jpg

そして今日もおかあさんは1日中心配そうにしていました。

2016-05-31-4.jpg

夜中にも迎えに来てたし、
心なしか、やつれてきた感じもします。

2016-06-01-1.jpg

おかあちゃんもストレスいっぱいです。

2016-06-01-2.jpg

産ませるにしても一度診てもらったほうがいいので、手術の日病院へ。

なんとか産ませられないかと、先生と相談するも、問題はクリアできそうにないので、今回はあきらめることにしました・・・。

苦渋の決断です。
罪悪感でいっぱいです。

2016-06-01-3.jpg

夕方お迎えに行き、先生から説明を聞くと、赤ちゃんはいなかったそうです。
ホッとしました。

けど、すでに産んだあとじゃないか。とのこと。
ただ、おっぱいを吸った形跡がないから、育児放棄か死産じゃないかとのとこでした。

もっと早くに保護するべきでした。
そしたら救えたかもしれないのに・・・。
なにやってるんだろう・・・。
やりきれないな・・・。
**********
さすがにお疲れのおかあちゃんです。
よくがんばったね。

育児中だったおかあさんはすぐにリリースしたけど、離したら来ない可能性が高いから、おかあちゃんはお薬がなくなるまでうちにおいておきます。



夜にはほぼ復活し(^^;)

2016-06-02-2.jpg

夜中には、再び巧の技に磨きをかけたようで、

2016-06-02-1.jpg

数日だけでもちゃんと食べてからの手術だったからか、
それとも若いからか、
回復力は早く、

2016-06-03-1.jpg

どんどん破壊されていく無料物件・・・。

2016-06-04.jpg

やりきって、ドヤ顔。

2016-06-05-1.jpg

倒壊も間近です・・・。

が、この日新たな問題発生!

2016-06-05-2.jpg

一緒に産まれていた子が女の子だったと判明しました・・・。
大きかったし、茶トラだったし、もう見なかったから、てっきり男の子だと思っていたのに・・・。

2016-06-05-3.jpg

しかも、おっぱい張ってるっぽい・・・。

「これが最後だからな」と、とおさんの了解を得て保護しようとしたけど、おかあさん・おかあちゃん以上に警戒心が強く、ケージを見た途端逃げていきました。

この子もなんとかしないと・・・。

2016-06-06-1.jpg

そして今朝で薬を飲み終えたおかあちゃん。

おトイレも完璧だし、
少しでも懐けばうちにおいておくつもりだったけど、ますます威嚇するようになり、これでは飼い殺しになってしまうような気がするし、さらにおかあさんもヨレヨレになっていくので、予定通り明日おかあさんが来たら返すことにしました。

が、この日の夜、

2016-06-06-2.jpg

ややこしいことになってきました。

続きはまた後日・・・。

↓ポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2016-06-09 23:59│ 保護ネコ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
spacer.gif