後悔先に立たず
2014 / 02 / 23 ( Sun )
そろそろ、おべ。ちゃんの脾臓の定期検診の時期です。
だけど、いまだに雪の残るおべ。地方。
お腹の毛を剃ってしまっては寒いだろうし、半年間大きさが変わってないことから、今週の雪遊びが終わってからいくつもりでしたが、昨日の夜、お腹を触っていたら、おへそのあたりに硬くて卵位の大きさのしこりを発見したので、雪遊びは中止し病院へ行ってきました。

雪遊びは?

最初は診察台の上で診てもらい、「この辺にあったんだけど~」と探しましたが、なかなか見つけられず、「これか?」と思った部分を先生に診てもらったら「これ筋肉じゃない?」と・・・。
またまたかあさんの早とちりだったのか~と安心したものの、とりあえず簡易(?)のエコーで診ると、残念ながらそこには何かがありました。
なので、エコー室へ大移動。

グリグリちう。

12月にはなんの異常もなくキレイだったのに、腸管か肝臓か脾臓あたりに6.4センチの影がありました。
最初は腸管かな~とのことでしたが、もし腸管であれば、嘔吐や下痢の症状があるそうです。
確かに先週1回だけ粘膜うんちょをしたし、何度も水?だけ吐くことがありましたが、あのときは2日連続で朝のうんちょを食べたから胃が気持ち悪いんだろうと思い様子をみていたら、1週間ほどで治まり、今は元気にしています。
なので、腸管ではなさそうです。
だとしたら、肝臓か脾臓・・・。
でも「肝臓も脾臓もキレイだし・・・脾臓の場所ではないような気がするし・・・」と、なかなか場所の特定はできなかったものの、「症状がない症状」が脾臓である可能性が高いとのことでした。
脾臓の腫瘍か・・・。
しかも、2ヶ月ちょっとで6.4センチ・・・。
もし本当に脾臓だとしたら、血管肉腫の可能性が高いそうです。

おやつくださいですよ。

こんなに元気なのに・・・。
**********
でも、なんで?
去年の4月、脾臓に影が見つかってから精密検査もしたし、2ヶ月ごとにエコーもしてたのに・・・・。
12月の定期検診でもまったく異常はなかったのに・・・。
とにかく2ヶ月ちょっとで6.4センチなんて、大きくなるのが早すぎです。
できるだけ早くに精密検査を受けられるよう、岐阜大学の予約を取ってもらうことになりましたが、今回ばかりは覚悟しないといけないかもしれません。

かあさんの大事な大事なおべ。ちゃん

おべ。ちゃんなら、あの時摘出しなくてもよかったと証明してくれるって思ってたのに・・・。
あの時、様子見だと言われても、摘出してもらうべきだった・・・と、悔やんでも悔やみきれません。
完全にかあさんの判断ミスです。
どうか、どうか血管肉腫やリンパ腫などの悪性腫瘍ではありませんように・・・(ー人ー)

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-02-23 23:59│ 血管肉腫 | コメント(0) | page top↑
精密検査と手術入院
2014 / 02 / 27 ( Thu )
昨夜は寝られませんでした。
1日でも早く、おべ。ちゃんのお腹の中のなにかの正体を知りたかったのに、いざとなると怖くて行きたくありませんでした。
**********
(あとで内容が変わるかもしれません)

2014-02-27-1.jpg

今日はおべ。ちゃんの精密検査に行ってきました。
**********
強引に入れてもらった予約時間は9時30分。
9時ちょっと前に病院に着きました。

2014-02-27-2.jpg

遅れるかな~と思ってましたが、9時30分ちょっと前に診察室へ呼ばれました。

2014-02-27-3.jpg

検査は血液検査とCT検査と針生検。
だけど、もし・・・、もしも血管肉腫であった場合、腫瘍に針を刺してガン細胞を散らしてしまうことが心配だったので、この時点では針生検をお断りし、血液検査とCT検査をして、場所の特定が出来たら連絡をいただけるようにお願いしました。
今日は混雑していて、CT検査は午後からになるとのことでした。
まだ時間があるので、それまでは一緒にいられるのかな~と思ったけど、10歳という年齢を考えると、麻酔は時間をかけてゆっくりかけたいとのことで、このままお預かりです。
**********
このあと、ライスの先生ともお話をしました。
ネオの先生には、一方的にこちらの意見を言ってしまったので、改めて摘出と針生検についてお伺いすると、
①血管肉腫の場合、確かに針を刺すにはリスクはあり、摘出することが一番。
②リンパ腫の場合、摘出しても変わりはなく、できるだけ早くに抗がん剤治療を始めるべきなので、手術後の回復を待つ時間が惜しい。
③組織球性肉腫の場合、血球貪食性組織球性肉腫といって、血液を食べてしまうものもあるので、その場合、脾臓を摘出してしまうと、かえって貧血が進んでしまい、どんどん状態が悪くなってしまう。
とのことから、本当に脾臓を採ってものいいものかどうかを見極めるため、細い針で細胞を採取したほうがいいとのことでした。

2014-02-27-5.jpg

とりあえず、連絡があるまで車の中で考えることにしました。

2014-02-27-4.jpg

待ってる間も、ずっと雨が降っていました。
冷たい雨です。

2014-02-27-6.jpg

ようやく13時半頃連絡があり、再び説明を聞きに行きました。
**********
やぱり、7センチほどの腫瘍は脾臓にありました。
画像だけでは、どんなものかわからないので、腫瘍に針を刺して細胞を採取したいとのことでしたが、どうしても踏み切れない場合は、後日脾臓を摘出してから調べますとのことでした。
とにかく破裂するのが怖かったので、「今日は摘出手術できないのか」とたずねると、「今日はいっぱいで無理です」との返答で、早くて来週の月曜日になるとのことでした。
それに、今日は検査や麻酔で体力が落ちてる可能性もあるので、1日でも間隔を開け体力が回復してから手術することが理想だそうです。
結局、迷って迷って、リスクはあるものの、細胞を採取してある程度の判断をしてもらうことにしました。
画像では転移はみられませんでした。
検査は1時間ほどです。
**********
しかし、針生検をお願いしたものの、「やっぱり・・・」という気持ちがどこかに残っていて、途中で先生を呼んでもらいましたが、すでに検査は終わっていて、2箇所から細胞を採り、止血もしっかりできてるので安心ですとのことでした。
針生検で引けたものは血で、リンパ腫や組織球性肉腫の可能性は低く、血管肉腫の可能性が高いとのことでした。
なので、脾臓の摘出が第一治療となりました。
血の塊だと、これがいつ破裂してもおかしくないのではないかと考え、「週末を挟むこと、暴れることが多いこと」などから、無理を承知でもっと早くならないかと相談したら、緊急扱いで、今日の夕方手術してもらえることになりました。
検査と手術の麻酔は違うらしく、一旦今の麻酔から醒まし、回復のための点滴をし、18時頃から摘出手術になります。
手術自体は難しいものではないそうです。
**********
「だいぶん麻酔から醒めているので、会っていかれますか?」と言われましたが、なんといっても暴れん坊&甘えん坊のおべ。ちゃんです。
とおさんかあさんの顔を見たら暴れだすのはわかっていたので、手術前に興奮させてしまうのも怖かったし、ちょっと顔見ただけでまたおいてかれたら混乱してしまうのではないかと思い、「こっそり見てから帰ります」と、入院病棟近くまで連れてってもらうと、こっちを見ていて目が合いそうだったので、とっさにしゃがみ込んでしまい、チラッとしかおべ。ちゃんの顔を見られませんでした。
なので、

2014-02-27-7.jpg

先生に写真を撮ってきてもらいました。
いつもと顔が違います。
疲れているような、不安そうな、血走ってるような瞳をしていました。
会いたいのも、ナデナデしてあげたいのも、グッと我慢して帰ってきました。

2014-02-27-8.jpg

いつもはおべ。ちゃんがゴロ~ンと寝転がっているのに、帰りのライスネオ号はガラ~ンとしていました。
(ライスは前にいる)

2014-02-27-10.jpg

20時頃、「手術は無事に終わり、麻酔からも醒めてます」と病院から連絡がありました。
手術は18時頃からはじまり、終わったのは19時ちょっと前。
摘出した脾臓は大きくなっていて、腫瘍も大きく7センチ弱くらいだったそうです。
見た範囲での転移はないそうです。
摘出した脾臓腫瘍は病理検査に出し、もし血管肉腫だった場合は抗がん剤治療になるそうです。
でも、もしかしたら、限りなくゼロに近いかもしれなけど、良性の腫瘍であるかもしれません。
そうであってほしいと祈っています。
**********
おべ。ちゃんは、とてつもなくさみしがり屋です。
今まで、ひとりで夜を過ごしたことはありません。
病院では当直がいないので、暴れるかもしれないことと、不安になるとかじる癖があるので、点滴の管を噛み切ってしまうかもしれないこと伝えると、あと2.3時間様子をみていて、点滴は外すかもしれないとのことでした。
心配です。
とにかく、心配でなりません。
こんなときこそ、傍にいてあげたいのに・・・。

2014-02-27-9.jpg

いつもは、ライ巣かおべ。ん家からタルタルの顔がはみ出てるのに、ガラ~ンと開いてます。
今夜はさみしい夜です。
おべ。ちゃんのいない夜は、初めてのかあさんです・・・。

明日午前の血液検査の結果がよければ、午後のお迎えです・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-02-27 22:23│ 血管肉腫 | コメント(7) | page top↑
無事に退院しました
2014 / 02 / 28 ( Fri )
たくさんの方からの応援・励まし・温かいお言葉、本当にありがとうございました。
こんなにたくさんの方から心配していただけるおべ。ちゃんは、本当に幸せものです。
心から感謝します。
**********
昨夜はホントにホントに静かな夜でした。
改めて、おべ。ちゃんの大きすぎる存在を実感したさちぽんです。

2014-02-28-1.jpg

ライスはネオがいないことにまったく気付いてないような感じで、
当たり前のように寝て、
当たり前のように起きて、
当たり前のようにお散歩へ行き、
当たり前のようにご飯を食べ、
いつもと変わりなく過ごしてました。
お互いに依存してなくって、よかったと思いました。

2014-02-28-2.jpg

午前中に病院から「血液検査の結果、白血球がちょっと上がっているものの、今日退院できますので17時半頃お越しください」との連絡をいただきお迎えに行ってきました。
**********
17時頃病院へ入ると、さすがにだ~れもおらず、しばらく待合室で待っていたら来た来た♪
なぜか、ライスの先生とひょこひょこ歩いて帰ってきました。
まだネオの先生は手術中らしく、気を利かせてライスの先生が連れてきてくださいました。
さみしがり屋のおべちゃんが、初めてひとりの夜を過ごしたので、さぞかし喜んでくれるだろうと思ったのに、感動の再会どころか、とおさんかあさんに気づいてない様子・・・。
しかし、とても手術したとは思えないような足取りで元気に帰ってきてくれました。

2014-02-28-3.jpg

おべ。ちゃん、お帰り~♪
いつものニコニコ顔のおべ。ちゃん、お帰り~♪♪
検査、がんばったね。
手術、がんばったね。
なにより、ひとりでの入院、よくがんばったね。
お疲れさん。
いっぱいグシャグシャして、ギューってして、チューもしちゃった。
おべ。ちゃんも、とおさんとこ行ったり、かあさんとこ行ったり、もおニッコニコ。
**********
ネオの先生の手術がなかなか終わらないので、ライスの先生に水とおしっこの許可をいただき、

2014-02-28-4.jpg

外の空気を吸いに・・・。
おしっこもうんちょも朝したなりだったようで、

2014-02-28-5.jpg

先にうんちょをし、

2014-02-28-6.jpg

次に大量のオシッコをし、

2014-02-28-7.jpg

ねえちゃんの厳しい浮気チェックを受けたおべ。ちゃんですが、ここでも感動の再会はなかったようです(^^;)

2014-02-28-8.jpg

やっと17時50分頃呼ばれ、摘出した脾臓と腫瘍の写真を見せていただきながら説明を受けました。
**********
腫瘍はまわりの脂肪と組織を巻きこんでいましたが、癒着はしておらず、見た限りでは転移はみられなかったそうです。
無理を言って緊急扱いで手術をしてもらいましたが、今すぐに破裂するような感じでもなかったそうです。
脾臓の腫瘍は真ん中より上(背中側)にできることが多いようですが、ネオの場合、めずらしく下の先(お腹側)にあったことで、手で触れることができ、比較的早期の発見・摘出であり、もしかしたら、急激に成長したのかもしれないとのことでした。
この腫瘍がどれくらいの期間で7センチもの大きさになったのかたずねると、もしかしたら一気にできた可能性もあるそうで、1週間や数日でも急激に大きくなることもあるとのことでした。
病理の結果が出るのは来週です。
結果をみて今後の治療方針を決めることになりますが、とりあえず、破裂の危険は回避することができホッとしています。
**********
それと、なにより心配だった入院中のことについて、「暴れなかったのか」「ちゃんと寝られたのか」お聞きしましたら、顔を見ると「出してくれ~」とゲージをガチャガチャとしていたけど、夜はちゃんと寝ていたとのこと。
朝ごはんもしっかりがっつき、その体力と回復力のすごさにビックリしてました。
これだけ体力があれば、とくに心配することはないそうで、食事はいつものごはんでいいし、お散歩もOK。
ただし、できるだけ暴れさせないことと、傷口をなめさせないことに気をつけて、2週間抗生剤をのんで抜糸。

2014-02-28-9.jpg

説明が終わって出てくると、すっかり暗くなっていて、おうちに帰ってきたのは20時ちょっと前でした。
食事は朝と15時頃食べたので、夜ごはんはいつもの3分の1ほど食べて、お薬も今日は点滴で入れてあるので明日の朝からです。
お腹もいっぱい?になって、よくやく、

2014-02-28-10.jpg

おべ。ん家に入ってオネムネム・・・。
かと思ったら、

2014-02-28-11.jpg

出られなくて「たしけて~」のおべ。ちゃんです。
**********
やっぱりおべ。ちゃんは楽しいです。
おべ。ちゃんが、ずっとおべ。ちゃんらしくいられるように、これからもがんばっていきたいと思います。

手術跡は・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2014-02-28 23:59│ 血管肉腫 | コメント(6) | page top↑
悔しいです
2014 / 03 / 06 ( Thu )
火曜日には出るといっていた病理の結果。
なかなか連絡がないのは、もしかしたら、どれだけ細胞を調べても悪いものが見つからなくて時間がかかっているのかも~と、いいようにいいように考えてました。
それに、おべ。ちゃんだもん、結果が出たら、あ~ら、悪いもんじゃなかったね~と、笑い涙を流せると思ってました。
奇跡は起こると思ってました。

めずらしく添い寝

今日、病院から連絡がありました。
残念ながら、血管肉腫でした。
悔しいです・・・。
**********
しこりを見つけたときから、覚悟はしていました。
2ヶ月ちょっとで、7センチもの大きさになったものが、いいものでないことくらいはわかってました。
でも、改めてその名を告げられると、悔しくてたまりません。
どうして・・・という悔しい気持ちでいっぱいです。
2ヶ月ごとにしていたエコーに、一体なんの意味があったんだろう・・・。
去年の6月の精密検査で脾臓の影が髄外造血で経過観察でいいといわれたとき、なんで摘出しておかなかったんだろう・・・。
悔やんでも悔やみきれません。
でも、いくら後悔しても、もう戻れません。
血管肉腫は、猛スピードで進行・転移をする、恐ろしい病です。
悔やんでる時間などありません。
このままなにもしなければ2~3ヶ月、抗がん剤治療をしても5~6ヶ月と言われました。
ネットで調べても、どこも示し合わせたかのように、そう書いてありました。
なにもしないという選択肢はありません。
おべ。ちゃんとの残された時間を少しでも長く過ごせるよう、今後は抗がん剤治療になります。
もしかしたら、つらい思いをさせてしまうかもしれません。
でも、やれることはやってあげたい。
元気なうちに、できることはやってあげたい。
おべ、ちゃんなら、乗り越えてくれるはずです。
奇跡はこれから起こすんです。
ゴールデンウィークには四国に行くんです。
夏には北海道に行くんです。
年末年始は九州へ行くんです。
今年もいっぱい旅行に行くっていったのに・・・。
まだまだ行きたいところ、いっぱいあるのに・・・。
先のことを考えると、つらくて苦しくて、悔しくて悔しくて涙が止まりません。

今日もダラダラ

でも、泣くのは今日まです。
今日だけは泣かせてください。
明日から起こす奇跡のために、今日だけは思いっきり泣かせてください・・・。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-03-06 20:31│ 血管肉腫 | コメント(9) | page top↑
抜糸と1回目の抗がん剤投与@通院1回目
2014 / 03 / 17 ( Mon )
めっちゃくちゃ目がかゆいさちぽんです。
目ん玉取り出して、水道でジャージャー洗いたい(笑)

どこいくの?

今日はおっでかけ~♪
でも、

ガソリン、たっかっ!!

らいちゅのお車、今日も腹ペコなの~。

にゃはは♪

手術から18日。
ようやくおべ。ちゃんの抜糸に行ってきました。
**********
本当は先週の金曜日に予約を入れてあったのですが、病理の結果の連絡をいただいたときに今後の説明も受け、抜糸の日から抗がん剤治療をはじめることになりました。
しかし、よ~く考えたら、岐大は土日が休診日です。
金曜日に抗がん剤治療したあと、何か起こっても休診日だと連絡が取れなくなってしまうので、変更してもらったというわけです。

誰もいない(・・?)

いつものように予約は10時です。
が、いつもと違って、待合室はガラガラです。
月曜日がこんなに空いてるなんて・・・。
次回から、ライスも月曜日にしようと思います(^^*)

おいらが来たですよ。

きっかり10時に呼ばれ、

難しいな~。

組織病理検査報告書を受け取りました。
**********
あいかわらず、よくわからない言葉が並んでますが、極悪ではないけれど、悪性度の高い一般的な血管肉腫とのこと。
ただ、思ったより腫瘍は大きく、10センチもあったようです。
それと、脾臓は1.5倍くらいになっていたそうです。
一部が壊死していたこと、腫瘍内部で出血していたことなどから、やはり短期間でこれだけの大きさになったようです。
恐ろしいスピードです。
摘出した脾臓はこれね
**********
今思えば、兆候はありました。
が、まだ頭の中で整理ができてないので、もうちょっとしたらまとめようと思います。

体重、増えました。

体重は22.54kgと、相変わらずチビッコ(^^*)
**********
術後から大量のうんちょをしていたし、腰回りがグンと細くなってきたので減っているかと思いきや、前回とほぼ変わってませんでした。
腰回りが細くなったのは、脾臓を摘出したからのようです。

今後の治療

★今後の治療について
**********
血管肉腫は進行が速く、脾臓と腫瘍を取っても、すでに血液に乗って体中にがん細胞が回っているので、抗がん剤を投与してそれらを叩きます。
ただし、完治することはなく、延命治療になるだけです。
それでも、残ったがん細胞をできるだけ叩いて、今の生活が長く続くよう、抗がん剤治療をすることにしました。
抗がん剤の投与方法は、
①点滴による治療
②飲み薬による治療。
ネオの体力なら、点滴による治療でいけるそうです。
**********
抗がん剤を投与する間隔は3週間に1回。
心臓に負担がかかる薬なので、使える量には限度があり、4~6回まで。
(ライスの先生は、ネオちゃんなら8回くらいいけると言ってたが・・・。)
ドキソルビシン30mlを生理食塩水で薄めて、30分ほどかけて点滴で入れます。
主な副作用は、白血球や血小板が減る骨髄抑制。
7~10日後にもっとも低くなるので、そのあたりで血液検査。
2~3日後までは、下痢や嘔吐が出ることがあり、下痢のほうが出やすい。
強い薬なので、血管から漏れると、その周辺の組織を壊してしまうリスクがある。
なので、点滴中は先生がずっと付き添ってくれるそうです。
脱毛はまずない。

★今日の検査
・心臓に負担のかかる薬なので、心臓の状態をみるための心臓エコー
・転移がないか、リンパ節が腫れてないかみるための腹部エコー
・投与後の骨髄抑制がどれほど起きるか確認するため、抗がん剤投与前の血液検査
・抗がん剤治療ができる状態を確認してから、ドキソルビシンを投与。
で、2時間ほどのお預かりです。
**********
前回、突然の手術と入院で置いてかれたので、もしかしたらイヤだと暴れだすかと思いきや、

じゃあ、行ってくるですよ。

すんなり検査室へ消えていきました。
きっと、入院中、よくしてくれたんだと思います。
**********
おべ。ちゃんががんばっている間、

らいちゅだけなの♪

らいちゅ、車中食(^^*)
と、

ふむふむ。

お散歩。
みんなのおトイレ、肥料が多くて草ボーボー(笑)
**********
あっという間に2時間が経ち、おべ。ちゃんのお迎えです。

へっちゃらですよ。

グッタリしてるかと思ったら、いつもと変わらず元気モリモリ。
体中にがん細胞があるなんて思えません。
**********
★抜糸
傷口もキレイにくっくいてます。
★心臓のエコー
心臓に問題はなく、状態はよくて年相応だそうです。
★腹部エコー
転移もリンパ節の腫れもみられませんでした。
★血液検査
術後で増えた白血球も戻り(247→94)、貧血もなく、血小板も十分。
肝機能も腎機能も問題なし。
★抗がん剤投与
特に問題はなかったので、初回の今日は様子をみるため、ドキソルビシンの量は2割減で無事に投与。
点滴中はずっとお座りしていて、おりこうさんだったそうです。
先生曰く、「お座り」というと、ちゃんと座ってくれたとか・・・。
うちだと、なかなか座らないのに、完全にネコかぶってます(笑)
**********
★抗がん剤治療後に気をつけること。
ネオの調子なら、いつもと変わらない生活をしていいそうですが、
ドキソルビシンは肝臓で処理され、うんちょに混ざって出てくるので、排泄物には直接触らないこと。
ケ○の穴もなめないようにっ!
もちろん、食べるなんてもってのほかですっ!!
オシッコにはあまり混ざらないようですが、排泄物の処理には手袋をはめるなどする。
といっても、排泄される抗がん剤の量はわずかなので、健康に影響がでるようなことはないけど、念には念をということです。
血小板が下がるかもしれないので、出血には注意。
下痢に血が混ざるようなことがあったら、すぐに連絡。
**********
どんな副作用がどれだけ出るのかわかりませんが、とりあえず今週は無理をしないようにし、来週の月曜日に血液検査で骨髄抑制がどれだけ起こっているか調べます。

上下がおかしいですよ~。

ふたりともお疲れさん。
少しでも長く、こんな姿がみられますように・・・。

副作用が出ないといいな・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-03-17 22:18│ 血管肉腫 | コメント(6) | page top↑
1回目の抗がん剤投与1週間後の血液検査@通院2回目
2014 / 03 / 24 ( Mon )
とうとう、花粉の薬を飲んでしまったさちぽんです。
でも、眠くならなかったのは、効いてないから???

ねぶいですよ・・・。

お久しぶりの特等席から、どおも。のおいらです。

ナデナデ城ですよ。

1回目の抗がん剤治療をして1週間。
消化器系の副作用はありませんでしたが、骨髄抑制がどれほど起きているかを調べるため、血液検査に行ってきました。
先生は「血液検査だけだから、かかりつけ医でもいいですよ~」とおっしゃいましたが、検査機器も違うし、聞きたいこともあったので、わざわざ高速使って岐大へゴーです。
**********
先生にナデナデしてもらいたいおべ。ちゃんは、早く中に入りたいご様子。
でも、

ヤダ・・・。

絶対に入りたくないらいちゅは、見ないふり~見ないふり~(^^;)
そんならいちゅを車に押し込んで、予約の10時ちょっと前、

おいらが来たですよ~。

自動ドアに念力を送るおべ。ちゃんです(^^*)

おかしいな~。

この前の月曜日はガラガラだったのに、今日はいつも位の混みようでした。
完全予約制なら、もうちょっとうまく調整すればいいのに~と、余計なお世話を働いたかあさんです。

おいらは元気ですよ。

待っている間、隣のおばちゃんに「どこが悪いの」と、声をかけられました。
おばちゃんに悪気がないことはわかっていても、余命宣告を受けてるコに「どこが悪いの」って言葉は正直きつく、「うん、ちょっと・・・。」と答えるのが精いっぱいでした。
言葉って難しいね・・・。
**********
このあと、お隣さんとは言葉を交わすことはなく、

どもども。

10時ちょっと過ぎ、逃げるように診察室へ~。

かあさんは行かないですか?

血液検査だけだから診察室で採血してくれるのかな~と思っていましたが、1時間ほどのお預かりだそうです。

ここはどこ?らいちゅはだれ??

待ってる間、らいちゅとお散歩。
でも、今日も迷子(^^;)
車に戻ろうも、どこかわからなくて、迷って迷って、

ブッブーっ!

らいちゅ、これに乗る(^・ω・^)
色も形も、なにひとつ一致するものナシのお車をお選びになられました(ーー:)
らいちゅ、帰省本能ナシ、記憶力乏しく、学習能力ゼロ・・・残念すぎです_| ̄|○
**********
あっという間に1時間がすぎ、

せんせー♪

おべ。ちゃまご帰還♪
**********
★血液検査
白血球は少し減っているけど、正常値内。
赤血球・ヘモグロビン・ヘマトクリットも、ギリギリ正常値内。
血小板は問題なし。
白血球と血小板は、抗がん剤を投与して7~10日後くらいまでに最低値になるとのことで、もうちょっと下がるかもしれないけど、ここからドカッと低くなることはないそうで、それほど骨髄抑制は起こってないようです。
**********
★心臓エコー
ドキソルビシンは投与量が多くなればなるほど心臓の左室に負担がかかってくるらしく、個体差はあるものの、ほぼ100%といっていいほど影響が出るそうです。
特にゴールデンは負担が多く出るそうなので、サービスで心臓のエコーも撮ってくださいました。
いまのところ、左室心筋収縮力の低下はなく問題ナシ。
今後も抗がん剤を投与するときはエコーで心臓の状態を確認し、もしこれ以上は危険だと判断したときは、途中でも抗がん剤治療はおしまいになります。
ちなみに、おべ。ちゃんの体重だと、8~9回・半年が限度だそうですが、実際上限の量まで投与できる子はほとんどいないそうです。
心臓への転移はみられませんでした。
**********
診察台に乗せたとき、ちょっとブルブルしてたので、そろそろイヤだと言い出すかと思いきや、意外と平気らしいです。
病院大嫌いだった8年前からは想像できないほど大人になったおべ。ちゃんです。
昔、病院でなにかされたのか?(笑)
それとも、今の先生がよくしてくれるからかな(^^*)

おいら、つおいもん!

1回目は副作用が出やすいといいますが、今回は投与量も少なかったからか、それほど副作用は出なかったようです。
ただ「1回目がなんともなかったから、これからも安心」ということはなく、毎回副作用の出方は違うそうなので、抗がん剤を投与するときは、体調を落とさないないよう気をつけないといけませんね。
**********
今後の治療時期について、順調に3週間間隔で進むと、ゴールデンウィークにかかってしまいます。
岐大もかかりつけ医も大型連休に入ってしまうのは不安なので、ずらすことはできないか相談すると、間隔を短くすることは不可能なので、伸ばすことで調整してみましょうということになりました。
ただ、ベストは3週間間隔。
それに、最初の治療は肝心らしく、とりあえず2回目の抗がん剤治療は、予定通り3週間後の4月7日になりました。

ちゅかれた・・・。

ただの付き添いなのに、お疲れのらいちゅと、

いい枕ですよ。

帰りも特等席で、ぐっすりのおべ。ちゃんです。
しかし、昔からその寝方好きだよね(^^*)
**********

まだまだカッチカチの桜

今日、岐阜では桜の開花宣言がなされたそうです。
次くるとき、まだ桜咲いてるといいね。

お~ま~がっ!!
★続きも読んでくれる?
【 2014-03-24 23:44│ 血管肉腫 | コメント(2) | page top↑
2回目の抗がん剤投与@通院3回目
2014 / 04 / 07 ( Mon )
しゅっぱ~つしんこぉ~~おっ!

今日は2回目の抗がん剤治療に行ってきました。
がーっ!通勤割引がなくなって、高速料金の高さにビックリのかあさんです(◎_◎)
片道、しぇんよんしゃくきゅうじゅうえんなり・・・。

桜と♪

今日も30分早く着いてしまったので、お花見がてらお散歩。
2週間前はまだまだカッチカチだったけど、かなり散り始めてました。
おべ。地方、まだ満開を迎えてないのにね。

ナデナデまだですか?

どおも、おいらがかわいいおいらです(←?)
今日は空いてるですよ。
**********
ガラガラなのに、今日も予約時間より早く呼ばれることはなく、10時に診察室へ~。

体重は変動ナシ

予定通り2回目も前回と同じ手順?だと思ったら、どうもそうはいかない理由が出てきました。
**********
おべ。ちゃんが使うドキソルビシンという抗がん剤は、使えば使うほど心臓に負担がかかるので、生涯に使える量が決まっています。
毎回心臓のエコーで問題がないことを確認してから投与することになっていて、前回のエコーでも心筋の収縮はちゃんとできているとのことでドキソルビシンを投与しました。
しかし、エコーでは問題ないと判断されても、実は心疾患が隠れていることもあるそうで、念のため、血液検査で出来る「心臓バイオマーカー(心疾患があると、心臓から分泌される量が増加する物質)」を調べておくのがいいとのことで、前回「NT-proBNP」という検査をしました。
その結果、おべ。ちゃんの心筋はちょっと伸びていて収縮力が弱まっていていることがわかり、極々軽度の心疾患であることがわかりました。
普通の生活をする上での支障はないようですが、このまま心臓に負担のかかるドキソルビシンを使い続けると、拡張型心筋症による心不全を起こす可能性が高いそうです。
(大型犬は心疾患が多いそうです)
そのため、もうドキソルビシンは使えません。
なので、今後の治療法が少し変わることになりました。
① ドキソルビシンと似た抗がん剤で、心毒性の少ないミトキサントロンという薬に替える。
② メトロノミック療法という、飲み薬にする。
飲み薬は副作用がほとんどないのですが、劇的な効果は低いので、元気なうちはミトキサントロンを投与することにしました。
この薬の特徴は、心毒性が低く、下痢・嘔吐も少ないけど、骨髄抑制が強く出ること。
点滴での投与になり、血管から漏れると、周辺の組織が壊死し、最悪断脚になること。
と、効果も副作用もドキソルビシンとほぼ同じで、心毒性を低くするために開発された薬のようです。
心毒性が低いので、使える量に限度はないそうですが、投与するのは転移がみられるまでです。
転移が始まるということは、耐性ができて効かなくなるということなので、そのあとは飲み薬へ変更することになります。
このミトキサントロン、もう、どの抗がん剤も効かなくなったときに使うことが多いようで、おべ。ちゃん、治療は始まったばかりなのに、もう最終手段の薬に手を出してしまいました・・・。
ただし、場合によってはドキソルビシンより効果がみられることもあるようなので期待したいです。
**********
今日も血液検査・腹部エコー・心臓エコー(?)で問題がなければ、抗がん剤投与で2時間後にお迎えです。

ほじゃ、行ってくるですよ~。

おべ、。ちゃん、今日もスタスタと検査室へ消えていきました。
がんばってきてね。
**********
おべ。ちゃんを待っている間、

あむ♪

まずは腹ごしらえ。
自分で食べてくれないから、ひと粒づつ手で食べさせてもらうというお嬢っぷり。
なのに、待ちきれなくて、かあさんの手はオヨドでネチョネチョ・・・。
しかも、腎臓食なので、手は脂でベトベト・・・。
ほしけりゃ、ちゃんと自分で食えっ!!
**********
めんどくさいお食事のあとは、

ちまんないの~。

読書♪
絵のいっぱい書いてあるご本を読んで(要するにマンガってやつね^^*)

らいちゅのお車どこ??

フラフラお散歩にいったら、また迷子(^^;)
**********
あっという間に12時になったのでお迎えへ行くも、なかなか呼ばれず、40分も待たされました(ーー;)

なでるですよ。

★腹部エコー
リンパ節の腫れも、転移もみられませんでした。
実は先週の木曜日ごろから、腹部が膨らんできたように思っていたので、肝臓への転移を覚悟してましたが、気のせいだったようです。
★血液検査
血小板がちょっと高いものの、白血球・ヘモグロビンは正常値内、前回・前々回とほぼ変わりがないので、骨髄抑制は出なかったようです。
(白血球が最低30はないと、抗がん剤は投与できません)
肝機能・腎機能も問題なし。
★心臓エコー
なんにも言わなかったけど、やったのかな?
★抗がん剤投与
薬が変わったので、初回の今回は2割減の4mg/㎡を生理食塩水で薄めて無事に投与。
**********
血液検査と腹部(心臓?)エコーだけなら健康優良児。
見た目だって健康そのものなのに、抗がん剤治療なんてね・・・。

早くごはん食べたいですよ。

注意点は、
白血球・血小板が減るので、1週間から10日はむちゃをさせない。
抗がん剤が排泄物に混ざって出てくるので、直接触らないように。
と、ドキソルビシンと同じだけど、骨髄抑制が強く出る薬なので、また1週間後に血液検査です。

浮気のにおいがするの~。

さ~て、帰る前に出すもの出しちゃってくださいね。
大好きだけど、お節介で、しつこくて、うっと~しいねえちゃんと一緒にフラフラしていたら、おべ。ちゃん粘膜うんちょしました・・・(ーー;)
なので、うんちょもって再び先生の元へ~。
うんちょ調べてくれるかと思ったけど、先生見もしないで「整腸剤出します」ってゆ~から、「いつもうちにある整腸剤を飲ませるとよくなるんです」というと、「それで様子をみて、あまり続くようなら連絡いください」と・・・。
抗がん剤による影響ではなく、ストレスじゃないかとのことでしたが、見ないでわかるのかよっ!!と思ったかあさんです(`ム´)

みんななでてくれるですよ。

今のおべ。ちゃんに、抗がん剤治療の不安はありません。
先生とも仲良くやっているようなので、それほどストレスになっているとも思ってません。
でも、かあさんは、ここに来るのがイヤでイヤで仕方ありません。
2ヶ月前と何も変わらず元気でニコニコしてるからこそ、「転移しました」といわれるのが怖くて、来たくありません。
昨夜も不安で寝られませんでした。
でも、今晩はぐっすり寝られそうです。
おべ。ちゃん、まだまだ笑っていてね。

帰りに・・・。
★続きも読んでくれる?
【 2014-04-07 19:56│ 血管肉腫 | コメント(3) | page top↑
2回目の抗がん剤投与1週間後の血液検査@通院4回目
2014 / 04 / 14 ( Mon )
今日は2回目の抗がん剤投与1週間後の血液検査に行ってきました。

おいらが来たですよ~。

まったく自動ドアに動じないおべ。ちゃん、自分で開けてスタスタと入っていきました(^^*)
小さいくせに大物(笑)

なでてもらったですよ♪

いつもどおり、予約は10時です。
が、今までにないくらいの激混みで、初めて合席になりました。
そしたらね~、隣のおねえさんに、「ナデナデするですよ」としつこく迫り、ずっとなでてもらってご機嫌だったおべ。ちゃんです。

落ちたら危ないですよ。

体重は0.35kg増えて22.75kg
まあ、誤差程度の増量ですが、減ってないことはいいことです。
今日はガタガタふるってはなかったけど、あいかわらずどんよ~り顔していたので降ろすと、

開かないですよ・・・。

ささっと扉の前に移動~。
でも残念。
ここは自動ドアではないので、いくら待っても開きませんよ(^^;)
**********
前回のミトキサントロンは下痢の症状は軽く、骨髄抑制が強く出ると聞いていたのに、見事粘膜便になったので、白血球も少なくなっているかもしれないな~と、ちょっとドキドキの血液検査だけかと思ったら、心臓と腹部のエコーも撮るそうで、1時間半後のお迎えです。
まっ、血液検査の結果が出るまでの時間を使って、ついでにエコーで儲けましょう撮っちゃいましょう!ということでしょうね(^^*)

先生、今日はなにするですか?

診察台の上であんなにどんより顔していたのに、1度も振り返ることなく検査室に入っていきました。
意外と冷たいコだ・・・。
**********
待ち時間は、いつもどおり

あぁ~ん♪

まずごはんから~。
今日のお食事も、ひと粒づつ手で食べさせてもらうというお嬢っぷり(ーー;)
が、

ケチっ!!

途中から「ひと粒づつなんて少ない!」とガツガツ怪獣になりました。
らいちゅ、目こあいよ~(^^*)
**********
ごはんの後は車の中でのんびりしてましたが、意外と暑くなってきたのでお散歩へ~。

あらら~。

桜はすっかり散っていました。

お手紙解読ちう

待ち時間もライスがいてくれるから苦痛ではありません。
でも、ライスは車の中で待っている間、ずっと立ちっぱなしで落ち着かないので、お留守番のほうがいいのかもしれませんが、病院は1日仕事になるので、やっぱり一緒がいいよね。
**********
あっという間にお迎えの時間になったので、らいちゅちょっと待っててね。

検査の結果だけなら健康優良児

★血液検査
白血球は1回目の1週間後と同じくらいまで減っていて、軽い骨髄抑制は起きているのだろうけど、なんとか正常値内で滑り込みセーフといった感じ。
赤血球・ヘマトクリットは、数値上はギリギリアウト・・・。
でも、もともと低めなので、これくらいなら問題なし。
血小板はまったく問題なし♪
肝機能と腎機能は、ライスと比べると「おいおい、こんなに低くて大丈夫なのかっ!」と思うような数値だけど、これが正常で問題なし。
★心臓エコー
この先心疾患になる可能性が高いとは思えないほど素敵な心臓で、エコー上は問題なし。
転移もなし。
★腹部エコー
肝臓はキレイで、リンパ節の腫れも転移もなし。
**********
検査の結果はどれをとっても、まったく問題なくひと安心♪
今晩もぐっすり寝られそうです。

そんなに会えないですかっ!?

3回目の抗がん剤投与は4月28日の予定でしたが、前々回からずらしてもらえないか相談していて、ゴールデンウィーク明けで調整してもらいました。
ただ、最初は5月7日にずらすだけでしたが、飲み薬をはさむことになりました。
ものすご~く少ない量の薬ですが、これで憎たっらしいがん細胞を少しでもやっつけていただきましょう!
**********
いまのところ転移もないし、いつもと変わらない毎日を過ごしていた2ヶ月前とまったく変わってません。
進行も転移も速いと言いますが、こんなに元気だと克服しちゃうんじゃないの?っと思ってしまいます。
でも、早い子だと術後2~3ヶ月で転移が始まるそうです。
おべ。ちゃんも、そろそろ2ヶ月になります。
先生からは「元気なうちに、楽しいことをいっぱいしてくださいね」と言われました。
もちろん、楽しく美味しくがモットーのおべ。家なので、もうメソメソもクヨクヨもしてません。
毎日、「今日はなにをしようか」と、楽しいことを考えて過ごしています。
でも、一番に考えていることは、おべ。ちゃんがつらくないことです。
これからも抗がん剤がうまく効いて、このまま転移しないことを祈っています。
**********
ところで、

何本目ですかっ!

おべ。ちゃん、これはど~ゆ~ことかな~(・・?)
**********
検査の結果を聞くより前に、先生の第一声は「すみません・・・」でした。
こちらこそ、こんな乱暴者ですみませんです・・・(ーー;)
**********
暴れる元気があるのはいいことです。ということにしておきたと思います(^^;)

ねえちゃん、早くっ!!

検査のあとは、お待ちかねのごはんタイム♪
っとその前に「お水をください」のらいちゅです。
**********
おべ。ちゃんにとって、検査の日の朝ごはんが食べられないのが一番の苦痛かもしれません。

どこか行くですか?

ちょっと心配していた血液検査の結果も問題なく、それほど骨髄抑制も強く出ていないことがわかったので、ちょっとだけ寄り道して帰ることにしました。
そのお話は、また明日ね。

なんとっ!!
★続きも読んでくれる?
【 2014-04-14 23:59│ 血管肉腫 | コメント(2) | page top↑
飲み薬はじまりました
2014 / 04 / 21 ( Mon )
おいらのですか?

おべ。ちゃん、今日の朝から飲み薬はじまりました。
きっちり25mgづつ量ってカプセルに入れられた抗がん剤のシクロホスファミドは2日に1回。
食べ損ねて薬がカプセルから出てしまったら、「何かに包むなどして、直接手で触らないように」とのことでした。
でも、それだとおべ。ちゃんの口の中は大丈夫?
先生に「口の中はいいのですか?」と聞くと、それはいいんだって。
なんだか、よくわからないな~。
**********
副作用がほとんどないのが飲み薬のいいところ。
いちおう膀胱炎に注意らしいですが、したいときにジャージャーするので心配ないだろう(^^;)
ちなみにこの薬の元となる物質は毒ガスだとか。
抗がん剤って怖いものばっかです・・・。

そのままでいいですよ。

食べ損ないがないよう、鶏肝にぶっ刺して食べさせようと思ったけど、ペロリといっちゃいました。
さすが、おべ。ちゃんです(^^;)
**********
もうひとつは消炎剤のプレビコックス半錠を1日1回。
ややこしいので、忘れないように気をつけないとね。

↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-04-21 23:59│ 血管肉腫 | コメント(2) | page top↑
3回目の抗がん剤投与@通院5回目
2014 / 05 / 09 ( Fri )
なんとな~く、お疲れ気味のさちぽんです。
やっぱり、遊び疲れだな・・・。

どこ行くですか?

お出掛けですよ~。

おやすみ~ですよ

着いたら起こすですよ~。

危険が危ないの~。

やだ、ここは・・・眠くなって、記憶がなくなるところなの・・・。
だから、そっちは絶対に行かないの~。

いっぱいナデナデしてもらうですよ。

今日はGW旅行で伸ばしてもらった、ネオの3回目の抗がん剤治療に行ってきました。
**********
旅行も行く。
でも、治療もする。
欲張りなかあさんです。

いっぱいですよ

さすがGW明け・・・激混みです。
でも、予約時間の10時ちょっと過ぎに呼ばれ、

問題な~し!

あちこちナデくりまわされ、ちょっとキンチョーのおべ。ちゃんです。
**********
前回ちょっと長引いた粘膜ウンもすっかりよくなったし、飲み薬の影響もなかったこと。
調子もいいし、特に変わったことも、気になるようなこともなかったと伝え、

行ってくるですよ~。

血液検査と、腹部と心臓のエコーで転移がみられなければ抗がん剤を投与。
ただし、混んでいるので、お迎えは14時です。
おべ。ちゃん、今日はリード噛み切らないでね(^^*)
でも、

おいちくないの・・・。

4時間もなにしよう・・・。
まずは、らいちゅの朝ごはん。
あいかわらず、ひと粒ずつ食べさせないと食べないという、めんど~なお食事です(ーー;)
その後は、

おやすみ~なの。

お昼寝(^^*)
ちゃんとお布団は持っていったけど、枕を忘れました。
でも、2時間半も寝たかあさんです(^^*)
**********

2014-05-09-10.jpg

予定通り14時ちょっと過ぎ、元気にピーピー言って帰ってきました。
**********
★血液検査
白血球・ヘマトクリット・血小板、肝機能も腎機能も、すべて問題なし。
★心臓エコー
エコー上は心筋に異常はなく、転移もなく、問題なし。
★腹部エコー
リンパ節の腫れもなく、転移もなく、問題なし。
**********
血液検査も心臓・腹部エコーも問題はなかったので、予定通り3回目の抗がん剤@ミトキサントロンを、前回同様2割減の4mgを無事投与できました。

ナデるですよ。

抗がん剤を投与しても疲れなどはないようで、ニコニコとかわいすぎるおべ。ちゃん(^^*)
今回は粘膜ウンにならないといいね。
**********
また1週間後に血液検査です。

仲良し(風)

5時間ほど溜め込んだ膀胱を空にして、

腹ヘリへりコ

遅すぎる朝(昼)ごはん?を、ライスに見せ付けるように食べて、家に帰ってきたのは18時でした。

ニコニコさん♪

早い子だと、そろそろ転移が始まるころ。
GW旅行の疲れも心配していたけど、今回も転移はみられずひと安心です。
いつまで治療ができるかわからないし、どこまで治療するかも難しい問題だけど、これからもこの笑顔のために出来ることはしていきたいと思います。

旅行記がなかなか書けない・・・↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブグへ
【 2014-05-09 23:59│ 血管肉腫 | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 前ページ
spacer.gif